ART

神戸ポートミュージアム《átoa/アトア》
アクアリウムとアートが融合した新感覚の都市型水族館

2021.11.30
神戸ポートミュージアム《átoa/アトア》<br><small>アクアリウムとアートが融合した新感覚の都市型水族館</small>

兵庫・神戸ポートミュージアム内、劇場型アクアリウム「アトア/átoa」は、水族館とデジタルアートや舞台美術が融合した新感覚の都市型水族館。8つのゾーンには、そのテーマを形象するシンボリックな水槽を配し、訪れた人たちに癒しと感動を提供する、新たな体験ができる水族館だ。

神戸ポートミュージアム
アクアリウムやフードホール、ブライダルデスクで構成された複合文化施設。そのシンボリックな外観は、「隆起する大地と浸食する水により生まれた造形」を表現した神戸ウォーターフロントの新しいランドマーク。

大地と水の建築

山と海の骨材をつかった外装

六甲の山々に囲まれ、瀬戸内の海を目前に有する港町神戸。

その歴史を振り返ると約100万年前から続く地殻変動によって地形が大きく変化してきたことがわかる。六甲山地が隆起を繰り返す一方で、波や風雨により山肌が削られ、土砂が運ばれることで街の土台がつくられた。

その長年にわたる「隆起」と「浸食」というせめぎ合いから生まれた地形の成り立ちに倣い、建物の形に落とし込むことで、岩窟のようなアトリウムから屋上テラスに至るまで、大地を登りながら水族や神戸の景色を楽しめる計画とした。またコンクリート外壁には六甲山と瀬戸内海からとれる骨材を採用し、表面を水で削りだすことでその土地固有の色を纏った地層のような外装としている。

屋上の樹々の成長と共に植物に覆われ、少しずつ自然に還っていく、“大地の延長“のような建築である。

大成建設一級建築士事務所
高島謙一、土井健史、原田健介

幻想的で独創的な世界を感じる。

<2階>
隆起した大地に現れた洞窟
「CAVE/はじまりの洞窟」

アトアは、独創的な“アート”のほかにも、生物展示にもこだわりが詰まっている。館内では魚類のほか、無脊椎動物や両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類など約100種類3000点の多様な生きものたちと出会うことができる。

海中を浮遊しているかのような気分を味わえる
「MARINE NOTE/生命のゆらぎ」

まるで海中浮遊しているかのような錯覚。青光が差し込む揺らぎの海中世界で波に揺蕩う海の生きものたちの優雅な姿、個性的な形や特徴的な行動に出会える。

木漏れ日が降り注ぐ“源流の森”をイメージした
「ELEMENTS/精霊の森」

霧が立ち込み、天井から降り注ぐ木漏れ日を感じながら、川や水辺に暮らす淡水魚、両生類たちとの新たな出会いが訪れる。

<3階>
átoaへの興味を換起するコミュニケーション空間
「FOYER/探求の室」

太陽の光(空)を取り入れた、やわらかな光が射すやすらぎの空間。ユニークな形のオーバーハング水槽には、たおやかに泳ぐカピバラの姿。淡水域に生息する大型魚や、カラフルな魚たちで心落ち着かせて、次なるゾーンへの期待感を。

伝統的で幻想的な侘び寂びを感じる空間
「MIYABI/和と灯の間」

風光明媚な和の世界。時間によって移り変わる光の演出で、日本の四季折々の情景を艶やかに、鮮やかに。足元を優雅に舞い泳ぐ鯉たちとともに、観る者が心奪われる空間が待ち受ける。

日本の和の空間を演出したMIYABIでは、光の切り絵作家・酒井敦美氏によるオリジナルプログラムが用意され、圧巻の切り絵作品を楽しむことができる。

無数の星に包まれた空間
「PLANETS/奇跡の惑星」

アトアのなかでも注目したいのは、直径3メートルの国内最大級を誇る球体水槽「アクアテラ(AQUA TERRA)」。360°全方位をミストとレーザーが織り成す光のベールがみなさまを包み込む。無数の星に囲まれた宇宙空間を表現したPLANETSではレーザーとミストによる演出を楽しめる。

生物の機能美、造形美に触れる
「GALLERY/探求の回廊」

ここでは、あなたのファッションによく似た魚が現れたり、生きもののお尻の香りをかいだりとユニークな体験ができる。

<4階>
潮風と眩い陽射しの下、水と緑の開放的な広場
「SKYSHOREー空辺の庭」

4階の屋外展示ゾーンはダイナミックな神戸港の景観のなかで、生きものたちの息遣いを感じる。カピバラやコツメカワウソなどのキュートな海獣類と出会える。

また館内の階段やエレベーター、トイレなど細かな箇所にも遊び心いっぱいのアートが散りばめられ、額を目印に隠れたアートを探しながら館内を巡るのも、アトアの楽しみ方のひとつだ。

アトアオリジナルの可愛らしいメニュー多数!
「アトカフェ」

KOBE(海と山)を感じていただける天空のガーデンカフェスタンド。写真を撮りたくなるような可愛らしいデザインのアトアオリジナルのフードやドリンクが並ぶ。なかでも目を引くのはカワウソメニュー。ついつい食べるのが惜しくなるものばかり。

また1階ミュージアムショップでは、水族館らしい可愛いぬいぐるみから神戸らしいオシャレなグッズもある。最後の最後まで、アトアでのひとときを楽しんでみてはいかが。

átoa/アトア
住所|兵庫県神戸市中央区新港町7番2
Tel|078-771-9393
開館時間|10:00~21:00(入館20:00まで/年中無休)
料金|大人(中学生以上)2400円、子ども(小学生)1400円、幼児(3歳以上)800円、幼児(3歳未満)無料
※予約・チケット購入は公式ホームページから可能。
https://atoa-kobe.jp/

Photo: átoa

兵庫のオススメ記事

関連するテーマの人気記事