HOTEL

THE BLOSSOM KUMAMOTO
<ザ ブラッサム 熊本>
九州旅の新拠点で、熊本の自然と文化に触れる。

2021.4.23 PR
THE BLOSSOM KUMAMOTO<br><ザ ブラッサム 熊本><br>九州旅の新拠点で、熊本の自然と文化に触れる。

JR九州グループのホテルブランド「THE BLOSSOM」が2021年4月23日、熊本駅の隣に誕生。アクセスの至便さに加え、土地の文化や熊本の自然に触れられる館内は心身を癒してくれます。九州旅の拠点としても利用したい「THE BLOSSOM KUMAMOTO(ザ ブラッサム 熊本)」の魅力を紹介します。

上質なもてなしに癒される
九州・熊本旅の新拠点

2019年に誕生したハイグレードなホテルブランド「THE BLOSSOM」。JR九州グループが運営する宿泊主体型ホテルの最上位ブランドとして位置づけられ、海外からのゲストやステイケーションなど長期滞在のニーズにも応える広々とした客室、プレミアム感漂うパブリックスペース、日本・地域の歴史や文化を反映したデザイン、こだわりのレストランなど、特別感あふれるもてなしを提供している。

ブランドコンセプト「この旅に、この地にひらく感動の花を。」には、旅の行動拠点になるホテルだからこそ、土地ごとの魅力をゲストに伝えたいという想いを込めているという。

東京・日比谷、福岡・博多に続いて今回新たに開業した「THE BLOSSOM KUMAMOTO」は、九州の中心地である熊本に位置。ホテルがあるJR熊本駅も熊本県の中心にあり、阿蘇・山鹿・人吉・天草など、熊本の観光地のどこへ行くにも便利で、九州周遊や熊本観光の拠点としても最適。さらにホテルと同時開業する駅ビル「アミュプラザくまもと」の上階にあり、熊本駅直結というのも魅力のひとつだ。

熊本の街並みを眺めながら過ごせるガラス張りの洗い場付きバスルームなど、広々とした空間のあるプレミアムツイン

五感で愉しむ
熊本の自然と文化

ホテル館内には、熊本の自然や文化をイメージしたデザインの香りや音、書籍、伝統工芸などが散りばめられており、滞在中は地域の魅力をより豊かに感じられる。9階フロントから先は、五感で熊本の自然や文化を感じられる空間が広がっている。

「香り」で感じる熊本

ロビーの大きな窓からは夕陽が差し込み、刻一刻と移り変わるアートが愉しめる

1階ホテルエントランスでは、阿蘇郡南小国町の特産である小国杉から抽出したホテルオリジナルの華やかなエッセンシャルオイルが出迎えてくれる。またロビーでは、生花ならではのフレッシュな花の香りが広がり、安らぎの空間を演出。

自然の音で「耳」を癒す

ライトアップされた夜も心地よい。水盤(手前)の先に広がるロビーの明かりは幻想的な雰囲気を醸し出す

熊本では、ホテルオリジナルサウンド 「心音(ここね)」を採用。熊本の大地が育んだ自然やお祭りなどの文化が生み出す音源を用いたサウンドで地元の懐かしさや温かさを表現。客室での滞在をより優雅なものにしてくれる。

「目」で愉しむ

9階ロビー階に到着すると、フロントカウンターの奥から差し込む自然の”光”と、熊本・山鹿の千人灯籠おどりの幻想的なシーンをイメージしたロビーの”灯り”が融合した陰影礼賛の美意識が感じられる光景が広がる。中庭では、チャペルを囲むように巡る水盤ラグーンが”水の国くまもと”を感じる瑞々しさを演出している。

熊本の美味で「舌」が喜ぶ

地元熊本をはじめとした九州食材のよさを生かした和洋中のブッフェの朝食

熊本の食材を中心にオール九州の美味しさを楽しめるダイニング「九州創作 千山万水(せんざんばんすい)」。朝陽が差し込むレストランで熊本の街並みや阿蘇の遠景、チャペルのある庭を望みながら、九州の真ん中にある熊本の食材をふんだんに使った九州の”味力”が存分に詰まった朝食が愉しめる。

「触れて」癒される

湯どころ(大浴場)

触り心地のよい今治タオル、快適な着心地・寝心地を考慮して選ばれたシーツや部屋着が揃う。また庭を望みながら入浴やサウナを楽しめる大浴場では、自然を感じながら湯に触れ、一日の疲れを癒すことができる。

上質なアートが並ぶ
特別なスイートルーム
「離れ~THE SUITE」

ゆったりと開放感のあるリビング

JR九州ホテルズ初となるスイートルームは、熊本の魅力が凝縮された一室。ロビー脇の扉が開くと本客室のためだけの庭が広がり、その先には熊本の素材を用いた寛ぎの空間がお出迎え。リビングにはポプラコブを使ったダイニングテーブルや熊本の伝統工芸を散りばめたアートワークを配し、八代の本畳を敷き詰めた寝室、鍋田石で設えた浴室など、開放感あふれる1日1組だけの贅沢な空間だ。

熊本の工房で制作された木工インテリアに加え、熊本の自然や文化、伝統を随所に取り入れながらも新たな魅力が吹き込まれたアートワークや熊本ゆかりのお酒などが楽しめるミニバーも設置。

客室風呂は熊本産鍋田石を使用

寝室には、熊本出身でありNHK大河ドラマなど数多くの題字を手掛ける書道家・武田双雲さんによる書も飾られている。「離れ~THE SUITE」に宿泊するゲストに向けてしたためられたメッセージを堪能できる。

食器はTHE BLOSSOMにちなみ、八代焼の代表的な伝統文様である「桜花文」を象嵌であしらった、急須・茶杯・茶殻用小皿のセット。

ほかにも桜と燕を象った肥後象嵌や天守閣内部の見上げた天井面をイメージした熊本産カエデ材を使用した木組壁掛けアートなど、熊本の魅力を表現したさまざまなアートワークを堪能しながらゆっくりとした時間を過ごせる。

アートに囲まれたダイニング

そのほかにも多彩なアートが館内を彩る

生命力あふれる雄大な阿蘇の山々を描いた「阿蘇煌煌」。ろうけつ染めの手法を用いて、赤や青の鮮やかな色合いで大胆に布を染めてつくられた染絵
竹かごの底部分に使われる輪から放射状に竹ひごが出ていく輪弧編み(りんこあみ)とやたら編みを融合させた繊細かつ大胆に仕上げられた日奈久竹細工
プレミアムルームで利用できる小代焼中平窯(しょうだいやきなかでらがま)のコーヒーカップとソーサー

九州旅をより特別にしてくれる細やかなもてなしを、ぜひ堪能あれ。

THE BLOSSOM KUMAMOTO
住所|熊本県熊本市西区春日3-15-26 9~12F
Tel|096-327-8763
客室数|203室
料金|2名1室朝食付2万2400円〜(税・サ込)
カード|AMEX、DINERS、DC、JCB、UC、VISAほか
チェックイン|15:00 チェックアウト|11:00
朝食|和食・洋食・中華(ビュッフェ)
アクセス|JR熊本駅直結 白川口(東口)から徒歩0分
施設|レストラン・バー、大浴場、フィットネスルーム、駐車場
https://www.jrk-hotels.co.jp/Kumamoto/

text=Discover Japan


≫熊本・天草のリゾート「石山離宮 五足のくつ」へ

≫女優 奈緒が母の故郷・熊本をめぐる
ローカル散歩 vol.12 奈緒 in 豊肥本線

≫英国の気品まとう民藝の名品「エッグベーカー」でごはんをつくろう。

熊本のオススメ記事

関連するテーマの人気記事