PRODUCT

肥前吉田焼の伝統を革新する
「224porcrlain」のクリエイティブ

2021.2.22
肥前吉田焼の伝統を革新する<br>「224porcrlain」のクリエイティブ

400年の歴史を有する肥前吉田焼。中でも、クリエイティブな思考と柔軟な姿勢で産地を牽引するのが「224porcelain」です。代表・辻諭さんが目指す、肥前吉田焼の未来とは?

《こちらも合わせてチェック》
≫肥前吉田焼のKanocoモデルつくります!Kanoco×224porcelain×Discover Japan

肥前吉田焼の未来を開拓する挑戦

取り扱い店舗が全国にあり、OEMの依頼も多いため、ほぼ毎日焼成

400年の歴史を刻む佐賀・嬉野の肥前吉田焼。ただ、有田焼や伊万里焼、波佐見焼など著名な焼物の産地が点在する土地柄ゆえ、肥前吉田焼はそれらの陰に隠れ、ひっそりとした存在でもあった。そんな焼物を全国に広めたブランドが「224porcelain」だ。誕生からわずか9年ながら、代表を務める辻諭さんがデザインから製作まで手掛けるプロダクトの数々は、ユニークなデザイン性やオリジナリティ、そして使い勝手のよさで高い評価を獲得している。たとえば、手網焙煎から着想を得たハンドロースターは、吉田焼デザインコンペでグランプリを取った807デザインの濱名剛さんのデザインを、辻さんが具現化したものだ。これをきっかけに肥前吉田焼の名を知った人も多いはずだ。

乾燥、釉薬掛け、焼成など、ほとんどの工程を行う第1スタジオ。一角に規格外品を直売する「えくぼとほくろ」も併設

辻さんのうつわづくりの技術や知識は堅実。ただ、発想や着眼点は未来に向いている。すべては「多くの人に使ってもらい、喜んでもらいたい」という思いから。生産性向上のためいち早く3Dプリンタを導入したり、新しい土を用いた商品開発に力を入れてみたり、革新的な取り組みを日々実践している。肥前吉田焼を全国へ、世界へと発信するために挑戦を続ける辻さんの継承のかたちを探りたい。

使用する釉薬は約40種と肥前吉田焼では最多クラス
第2スタジオにある3Dプリンタは、石膏型をつくる際に使用。設計図はパソコンで自作する

職人たちが未来につなげる
肥前吉田焼の産地

窯元が軒を連ねる昔ながらの嬉野の風景
現在、10軒ほどの窯元が点在する吉田地区。「えくぼとほくろ」併設の窯元では、自由に工房見学もできる

肥前吉田焼の文化を次世代に残すために、従来通りのやり方でいいのか──。これが辻さんが掲げ、現在挑戦しているマイルストーンだ。2016年にデザインコンペと、在庫品から掘り出しものを見つけるトレジャーハンティング、’17年にはデザインスクール開講、’18年の規格外品を安く購入できる直売店「えくぼとほくろ」開設、’19年には窯元会館リニューアルなど、辻さんや吉田焼窯元協同組合の窯元の若手職人を中心に日々新たな挑戦を続けている。辻さんは「大きな産地ではないからこそ、いろいろなことができるのが強み。産地全体で協力し合えば、可能性は広がっていく。嬉野市には年間約100万人の観光客が訪れています。そのうち1%でもいいので焼物を購入いただけたら、窯元にとって大きな利益になります。この割合をさらに1%増やす、一人あたりの購入金額を1000円伸ばす。地道ですが、そんなことを実現させる努力が産地全体で必要と僕は考えています」と話す。現状より1%集客を増やすといった目標は無謀な話ではない。だからこそ、各窯元の足並みも揃い、毎年新たな企画を実現させる、好循環が生まれているというわけだ。

伝統はある。一方で焼物としての縛りやルールはない。いわば、これが肥前吉田焼の強み。次なる100年に向けて、日々進化している。

肥前吉田焼を気軽に楽しむ仕掛け
人気なのが直売所「えくぼとほくろ」。2020年3月からは旅館などにガチャガチャを設置。マグネット、箸置きが景品で、1回500円と手頃な上、なにが出てくるかわからないエンタメ性もあり、評判は上々だ
肥前吉田焼窯元会館に併設の嬉野茶のスタンド「歩茶」。窯元めぐりのお供に最適
224porcelainのショップが嬉野の新たな名所に
嬉野温泉街で営業している直営店は、ほぼ全商品をラインアップする人気スポット。軽い磁器土のうつわなど、手に取って、重さや質感を感じた上で購入できる
クラシックもニューウェーブにも出合える
組合加盟の8軒の焼き物を展示販売。作風は窯元によってさまざまで、モダンな作品も多数。体験コーナーもあり

shop+saryo
住所|佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙909-1
Tel|0954-43-1220
営業時間|10:00〜16:00、土・日曜、祝日〜18:00
定休日|水曜 ※カフェとバーは休業中

肥前吉田焼窯元会館
住所|佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1
Tel|0954-43-9411
※「えくぼとほくろ」は電話にて要事前予約
営業時間|8:30〜16:30 ※体験受付時間は〜15:00
定休日|年末年始

肥前吉田焼のKanocoモデルついに完成!

数々のブランドとコラボレーションも行うモデル・Kanocoさんと、「224porcelain」が共演!2021年2月に3WAYどんぶりを発売。「Discover Japan Lab.」店頭にて発売中。2月23日よりDiscover Japan 公式オンラインショップでも販売中開始です!

 


《関連記事》
≫肥前吉田焼のKanocoモデルつくります!Kanoco×224porcelain×Discover Japan

Discover Japan Lab.
住所|東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO1F
Tel|03-6455-2380
営業時間|10:00~21:00(当面の間11:00~21:00)
定休日|1月1日

text: Tsutomu Isayama photo: Hiroshi Mizusaki, Hiromasa Otsuka


≫うつわ作家の食卓。Kanocoさん

≫渋谷PARCOで出合う飛騨高山の匠の技

≫有田焼や伊万里焼……日本随一の陶磁器の産地「佐賀県」

佐賀のオススメ記事

九州エリアのオススメ記事