TRAVEL

癒される読者が続出
マンガ「岐阜マン」で知る超ローカル!

2020.7.16
癒される読者が続出<br>マンガ「岐阜マン」で知る超ローカル!
本編では、岐阜マンが各地を訪ねる様子が漫画で描かれる。左は、『山の都・匠の国 飛騨高山 』(小社刊)でも特集した飛騨高山。インバウンド観光客にも人気のエリアだ

 

 

岐阜マンとは、岐阜県郡上市生まれの漫画家・塚原裕基さんが考案したキャラクター。塚原さんは、2009年頃から、フリーペーパー漫画『岐阜マン』を描きはじめ、’18年までに岐阜県のすべての市町村を訪問。全59号を発行した。ゆるくのんきな岐阜マンに癒される読者が続出しており、県外にもファンが多い。

本書は、岐阜全域から厳選された22編の漫画に、描き下ろしの3本を加えた保存版。ローカル線、温泉、土産、行事、グルメ……など、観光情報も充実の内容となっている。「岐阜マンをひと目見た瞬間、たまらなく懐かしい気持ちに襲われた」とは、岐阜県出身の女優・モデルの菊池亜希子さんのコメント。私(編集部・武山)も岐阜県羽島市出身だが、地元の超ローカルな情報まで掲載されており感涙した。岐阜県民にはもはや聖書です。

岐阜マン
作・画|塚原裕基
発行|エムエム・ブックス
本体価格|1300円

text: Discover Japan
2020年7・8月号 特集「この夏、どこ行く?ニッポンの旅計画108」


≫岐阜美濃のうだつの上がる街並みでお茶しない?

≫読書に関する記事一覧

岐阜のオススメ記事

中部エリアのオススメ記事

メールマガジン購読