PRODUCT

カジュアル骨董②
『骨董市入門!』
バスハウス 郷古隆洋

2019.12.19
カジュアル骨董②<br class=“none” /><b>『骨董市入門!』</b><br class=“none” />バスハウス  郷古隆洋

奥深い骨董の世界だが「カジュアル」と名がつくと身近に。生活の中で気軽に使えるカジュアル骨董の魅力や選び方をスイムスーツ・デパートメントの郷古隆洋さんに伝授していただいた。

郷古隆洋さん
ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年にスイムスーツ・デパートメントを設立。
ヴィンテージ雑貨を販売するバスハウスを運営

郷古さんの買い付けに潜入!

今回は郷古さんに同行して「風の市場」へ!会場のめぐり方や値引き交渉など郷古さん流のノウハウを参考に骨董市デビューしよう。

買い付けのイロハ
1.モノがよく見られるように手ぶらで
2.回り方に変化をつけ、モノの見える角度を変える
3.値段交渉で無理を言わない
4.購入商品は後でまとめて回収(先払いが基本)
5.季節、その土地の空気を楽しむ

7:00
各業者の搬入がスタート
出店者が準備をはじめる前から待機して商品をチェック。朝は仕入れのプロも多いので同業者よりも早い行動を心掛ける

出店者が続々と集結!

7:30
とにかく最初が肝心!
1周目は右左の順でジグザグに店を駆け足で回り欲しい商品をピックアップ。2周目は片側ずつゆっくり、さらに見落としがないかもう1周する

1周目、2周目と周り方を変えます

7:45
隅々までとことん見る
店の奥や箱に入ったままの商品にも目を光らせてリサーチ。いいなと思ったら備品だったという残念な思いも郷古さんには何のその!?

(右)店の備品も(左)商品の裏側も。これは秋田木工の子ども椅子です
奥底の隠れているモノまで

8:00
値引きも楽しんで
いきなり「半額にして!」など、不躾な値引き交渉はご法度。「お互いが気持ちよいと思える無理のない交渉を行うのがおすすめです」

交渉成立なら手付け金を!
支払いは済ませて引き取りは後ほど

8:30
会話をして情報取集も
お店の人との会話も骨董市の楽しみ。店先で気になる商品を見つけたら産地や素材、技法などの情報を詳しく聞いて知識のストックに

9:00
土地のモノが値頃に
地域性のある商品に出合えるのも骨董市の魅力。「風の市場(筥崎宮蚤の市)」では大分県を産地とする民藝のうつわが手頃な価格で手に入る!

見落としがないか、何度でも会場を見て回るのが郷古さん流!

11:30
買い付け終了!
気の済むまで見たら、最後に取り置きしてもらっていた商品を回収して本日の買い付けは終了。両手いっぱいの商品を手に入れてホクホク!

風の市場(筥崎宮蚤の市)
会場:筥崎宮参道
住所:福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
Tel:092-512-7519(古美術支那海)
出店数:220程度
開催時間:7:00〜15:00
開催日:11月24日、12月8日など
www2.odn.ne.jp/~aaq65470/modern.html

文=室田美々 写真=とうどう美由紀

Discover Japan 2019年12月号「人生を変えるモノ選び。」

《郷古隆洋さんから学ぶ、カジュアル骨董の魅力》
1|骨董を選ぶポイントは?
2|骨董市入門!
3|骨董市の戦利品大公開!

宮崎のオススメ記事

九州エリアのオススメ記事

メールマガジン購読