HOTEL

《sequence MIYASHITA PARK》
アートと、街とシームレスにつながる

2022.9.30 PR
《sequence MIYASHITA PARK》<br>アートと、街とシームレスにつながる

アップデートされた三井ガーデンホテル豊洲プレミア、滞在そのものが旅の目的になるホテル ザ セレスティン東京芝、街とのつながりとアートを軸としたsequence MIYASHITA PARK。三井不動産が展開する個性的な3ブランドが提案する東京ならではのホテルライフをひも解く。

心地よい空間を提供する公園と一体となったホテル「sequence MIYASHITA PARK」。つながりや連鎖を意味する「sequence」の名の通り、ここから人と街との“やさしいつながり”が生まれる。

≪前の記事を読む

新たなカルチャー発信拠点に建つ
滞在型ミュージアム

次世代型ライフスタイルホテル「sequence」は、さまざまな分野のクリエイターとの共創により、さまざまなヒト・モノ・コトとやさしくつながれる〝体験と時間〟を提供する。中でも、渋谷の新たなカルチャー発信拠点「MIYASHITA PARK」として生まれ変わった渋谷区立宮下公園内にあるこのホテルは、公園・商業施設・宿泊施設が一体化したミクストユース型ホテル。〝PARK MIND〟をローカルコンセプトに、訪れた人の心を解きほぐす、公園のような心地よさを提案する。

象徴的なのは、ホテルのロビーラウンジとカフェ&バーを兼ねたエントランスフロア。誰もが利用できるオープンな空間で、ゲストとビジターはもちろん、ツーリストとローカルコミュニティをつなぐビジターセンターとしての役割をも担う。〝感性にあふれた、東京の部屋〟がテーマの客室は大きな窓が特長で、窓外の広やかな眺めに、街との一体感を味わえる。また、エントランスと客室をはじめ館内の随所でアート作品と出合えるのも魅力。アーティストとともにつくり上げる小さなミュージアムとして、アートと世界、アートと人をつないでいる。

最上階17階の「SUITEルーム」。新国立劇場や明治神宮を含め、渋谷を一望できるのはもちろん、晴れた日には富士山も見える

街とつながるコンセプトを体現

クリエイターが集い、飛び立っていく巣箱をイメージした外観
宮下公園からシームレスにつながるエントランスフロアは、ホテルのロビーラウンジとカフェ&バーを兼ねる空間

そこかしこで体感するアートとの親和性

「台座の上に乗せたものは、すべてがアートになるか/であるか?」をテーマに、エントランスとすべての客室にアート作品を展示。QRコードを読み込むことで作家とつながれる「参加するアート体験」も提供

sequence MIYASHITA PARK
住所|東京都渋谷区神宮前6-20-10 MIYASHITA PARK North
Tel|03-5468-6131
客室数|240室
料金|1泊朝食付1万3330円~(税・サ込)
カード|AMEX、DC、JCB、Master、UC、VISAほか
IN|17:00 OUT|14:00
アクセス|電車/JR渋谷駅ハチ公口から徒歩7分、東京メトロ明治神宮前(原宿)駅7番出口から徒歩8分、同渋谷駅B1出口から徒歩3分
Wi-Fi|あり

 

≫公式サイトはこちら

 

東京ならではのホテルライフを愉しむ

三井ガーデンホテル豊洲プレミア

ホテル ザ セレスティン東京芝

・sequence MIYASHITA PARK

text: Miyu Narita
2022年10月号増刊「ニッポンの一流ホテルリゾート&名宿」

東京のオススメ記事

関連するテーマの人気記事