PRODUCT

「大寺幸八郎商店」可愛い干支は、高岡伝統工芸400年の技術を紡ぐ一生モノ

2021.6.20
「大寺幸八郎商店」可愛い干支は、高岡伝統工芸400年の技術を紡ぐ一生モノ

大寺幸八郎商店は、1860年に初代幸八郎が鋳物工場を始めて以来、高岡銅器に携わってきた。現在も、創業時と変わらず、高岡銅器発祥の地、石畳の景観が美しい金屋町で、製造卸とともに自宅を店舗兼カフェ&ギャラリーとして開放している。

大寺幸八郎商店
万延元年(1860年)創業。富山県高岡市の伝統技術である鋳造技術を生かして、美術鋳物を中心とした鋳造品の製造卸の問屋、小売りは金属工芸品を主に、漆器、焼き物、ガラス等幅広く取り扱っている。ほかに喫茶コーナーやアクセサリーの制作体験コーナーを設けている。

400年を超える伝統工芸、高岡銅器の歴史は1609年、加賀藩2代目藩主前田利長が高岡城へ入城し、高岡の町を開いた際、町の繁栄のために1611年、現在の富山県高岡市金屋町に7人の鋳物師(いもじ)を招き入れたことから始まった。最近では、曲がる錫でお馴染みの能作や、伝統工芸を現代的なクラフトとして体験できる高岡クラフト市場街はじめ、全国のつくり手達が視察に訪れる、いま最も注目される伝統工芸の街である。

その、高岡において大寺幸八郎商店は、1860年に初代が鋳物工場をはじめて以来鋳物業に携わり、時代時代にあったものづくりを160年続けており、伝統の紡ぎてとして、中心的な役割を担ってきた。

建物は江戸末期で200年程たっており、高岡鋳物発祥の地金屋町の昔ながらの家のつくり。天窓や中庭も見ることができる。

涼しげな夏を装う錫の金鋺(かなまり)

枕草子の「あてなるもの」の一節から「かなまり」と名付けられた。「かなまり」は鋳物ではなく、職人の手によって、ひとつひとつ錫の板を型に打ち付けて形作られている。厚みがあるので、程よい重厚感がありしっかりとした作りとなっている。

小は、おひとり分のアイスクリームやデザートの盛り付け、またとりわけ用のお皿や醤油皿として。中は、フルーツ盛りやデザートの盛り付け、サンドイッチなどの軽食を入れたり、そうめんの盛り付けに。大は、サラダや刺身などの大皿として使ったり、フルーツ盛りなどにもおすすめ。

かなまり 小
価格|4180円
サイズ|φ100mm h20mm
素材|錫

かなまり 中
価格|1万1000円
サイズ|φ180mm h33mm
素材|錫

かなまり 大
価格|1万9800円
サイズ|φ200mm h45mm
素材|錫

大寺幸八郎商店オリジナルミニ干支シリーズ

大寺幸八郎商店オリジナルミニ干支シリーズ
12年かけて勢ぞろいしたパリをはじめ、海外でも人気のミニ干支シリーズ。ロストワックスを使った精密鋳造で表現された美しいフォルムと精巧なつくりで小さいながらも大きな存在感を放つ。それぞれ色違い、うし・うさぎ・へび・うま には大きさまたは形違いを用意。相手の干支をプレゼントするなど、ギフトにも最適な可愛い一生もの。

カラー|茶/肌/黒

ミニ干支セット 箱入り|6万5450円
ねずみ|4950円
うし 大/小|大6050円 小4950円
とら|6050円
うさぎ 太/細|太4950円 細4950円
たつ|6600円
へび 大/小|大4400円 小3300円
うま 大/小|大6050円 小4950円
ひつじ|5500円
さる親子|2750円
とり|4950円
いぬ|4950円
いのしし|5500円

林悠介(はやし・ゆうすけ)
1979年富山県生まれ。富山市内の工芸品を中心とした小さなセレクトショップ「林ショップ」を営むかたわら、各種のデザイン、創作活動を行っている。2005年より高岡鋳物の原型デザイン/制作を始める。

鳥の鈴(風鈴)
林悠介のほのぼのとした世界。真鍮の風鈴で、風鈴の下には鳥の形をした真鍮板がつるしてある。真鍮の鳥が光を受けてゆらゆら揺られる様子がきれい。とりの真鍮板の柄違い 「うろこ雲」と「千筋」を用意。

価格|6600円
デザイン|うろこ雲/千筋


サイズ|幅:38mm/奥行:38mm/高さ:50mm
材質|真鍮
重さ|100g


サイズ|幅:70mm/奥行:0.3mm/高さ:100mm
材質|真鍮
重さ|10g

さるのてフック 真鍮 左:肌 右:黒

さるのてフック 鉄

さるのてフック
林悠介デザイン。とてもかわいいさる手のフック。S字フックの代わりや玄関に鍵をかけておくのに使えるなど、汎用性も高い。

さるのてフック 真鍮
価格|6050円
カラー|黒/肌
サイズ|幅:30mm/奥行:30mm/高さ:200mm
材質|黄銅(真鍮)
重さ|173g

さるのてフック 鉄
価格|3300円
カラー|グレー
サイズ|幅:30mm/奥行:30mm/高さ:190mm
材質|鉄
重さ|130g

錫のアクセサリー体験

柔らかい不思議な金属「錫(すず)」を使ったオリジナルアクセサリーが作れる。子どもからでも体験でき、金槌やハサミを使わないでつくれるものもある。

一般(予約可)|2000円~/1アイテム
団体(8名以上・要予約)|1800円~/1アイテム
所要時間|30分~60分
※その場でお持ち帰りできる。
※一般は予約なしでも可。混雑時はお待ちいただく場合がある。

アイテム
・イヤリング/ピアス
・ネックレス(ひも付き)
・指輪
・キーホルダー
・ブローチ
・帯留め
・ヘアアクセサリー
・ブレスレット(2500円)

伝統技術を現代に活かした、大寺幸八郎商店の一生もののサステナブルプロダクト。物を捨てない時代の逸品として、暮らしに取り入れてみてはいかがだろうか。

大寺幸八郎商店
住所|富山県高岡市金屋町6-9
Tel|0766-25-1911
営業時間|10:00~17:00
定休日|火曜定休(祝日の場合は営業)日祝日営業
https://ootera.com/


≫銅をキャンバスのように操る色の魔術師、折井宏司

≫仏の音を産む男、島谷好徳

≫小路口力恵|ガラス作家 ≪日本の夏に涼を運ぶガラスのうつわ≫

富山のオススメ記事

関連するテーマの人気記事