INFORMATION

富山→東京・虎ノ門グローバルスクエアに誕生!
伝統工芸「蛭谷和紙」の新たな表現

2020.9.3
富山→東京・虎ノ門グローバルスクエアに誕生! <br>伝統工芸「蛭谷和紙」の新たな表現
虎ノ門の等高線を和紙で表現!
和紙ガラスの作品は全部で3つ。堀木エリ子さん監修の下、そのうちふたつを川原さんが担当。16㎝ごとの等高線を色糸で表現する。十字に線が交差する点が東京虎ノ門グローバルスクエアの立つ場所

再開発が進む虎ノ門に、7月1日新たなオフィスビルが誕生した。そのエントランスを彩るのは富山の蛭谷和紙。虎ノ門の顔に選ばれた理由とは・・・。

蛭谷和紙職人 川原隆邦
1981年、富山県生まれ。蛭谷和紙職人・米丘寅吉に師事。2009年川原製作所設立。ルーヴル宮パリ装飾美術館展示参加など内外で活躍

蛭谷和紙とは?

ビルのエントランスまでは、銀座線虎ノ門駅のホームを拡張し直結するつくりになっている。エスカレーターを上がる壁面には一面川原さんの作品が。200㎡を超える和紙をアートワークではなく建材として制作したのは初。和紙を生かしたビルのライティングは、虎ノ門の街を行き交う人を引き立たせる

約400年前に滋賀県東近江市の蛭谷から富山県朝日町に移住した人々が伝えた伝統技術。冬季の内職のひとつとしてつくられた。原料の楮(こうぞ)を育てる山づくりから自ら行う。川原さんが唯一の継承者で、現在は富山県立山町にて制作している。

虎ノ門ヒルズ駅が2020年6月に開業したことも記憶に新しい東京・虎ノ門エリアは、国際都市として発展を遂げている。7月1日にお披露目されたオフィスビル「東京虎ノ門グローバルスクエア」では、エントランスを和紙作品が飾る。

「ここまで大規模な和紙作品を恒久設置したのは、日本初、つまり世界初なんじゃないでしょうか」

そう語るのは、作品を手掛けた富山の蛭谷和紙職人・川原隆邦さんだ。
川原さんはこれまで、富山市ガラス美術館の内装やパリ装飾美術館での展示など国内外で活躍してきた。今回は設計を担当した日本設計からの声掛けにより参画。虎ノ門との場所を表現したいという要望を、和紙アーティストの堀木エリ子さんの監修の下、ふたつの作品でかなえた。

メインエントランスの受付にかかるのが、虎ノ門エリアの等高線を12色の色糸で漉き込んだ作品(メイン写真)。繊細な模様は、何枚かの紙で分けると湿度で紙が伸縮したときにずれが生じてしまう。そのため川原さんは今回、特製の型枠でもって縦3・5m×横10mの巨大な一枚紙をつくり上げた。

常にオーダーメイドで作品を仕上げる 写真提供=富山県民会館
川原さんの制作は常に受注生産の“フリースタイル”。伝統的な材料を使うことは守りながら、注文に新たな手法で挑戦する。富山県民会館のロビーでは、立山杉の皮で模様を出した。

もうひとつの作品は、ビルの特徴でもある銀座線虎ノ門駅から直結のエスカレーター口に設置される。光を透過する和紙の特性を生かし、合わせガラスを加工した和紙から、中の明かりがあんどんのように柔らかく灯る。

川原さんの作品はすべてがオーダーメイド。設計サイドでは、プロジェクトを作家個人に依存するリスクの指摘もあった。しかし富山の工房で担当者と打ち合わせと試作を重ねる中で信頼関係ができた。

「伝統工芸がもつ地域に根ざすストーリーは大切です。でもそれだけを大切にしているのでは“地産地消”で終わってしまう。今回の虎ノ門のプロジェクトで、地元だけでなく東京や他地域でも選ばれるものをつくれれば、伝統工芸にまだまだチャンスがあると実感しました」

伝統の技術に加え、ニーズに合わせた挑戦を惜しまないことが、蛭谷和紙を世界に羽ばたかせる。

 

text: Hazuki Nakamori photo: Teruaki Tsukui
2020年9月号 特集「この夏、毎日お取り寄せ。」


≫創業200年以上の和紙舗「榛原」大熊健郎の東京名店探訪

≫現代アーティスト・Souun♡に魅せられてレオス・キャピタルワークス代表取締役 藤野英人さん

関連するオススメ記事

関連するエリアのオススメ記事

メールマガジン購読