INFORMATION

暮らしながら働く。宮城県登米地域の広葉樹の家具ブランド「kitakamiの木」

2021.1.26
暮らしながら働く。宮城県登米地域の広葉樹の家具ブランド「kitakamiの木」

日々の生活も、この一年でテレワークや在宅勤務が当たり前の時代となり、家でもオフィスのように、オフィスでも家のようにと、心地の良い空間づくりが求められています。そんな中、宮城県の登米町森林組合が、家具デザイナーの小泉誠さんとともに、「暮らす」とともに「働く」ことにも対応できる家具ブランド「kitakamiの木」を設立しました。

家具が変わるだけで暮らしが変わる、そんな家具をぜひご覧ください。

kitakami | 曲木チェア

登米町森林組合は、全国でも稀な「広葉樹」を扱う森林組合。小楢、栗、欅、桜など日本古来の素材を活用して、東北の製造者との協働で出来上がった製品を展示。2021年の新作は、秋田木工との曲木椅子、もりのこみち舎とのワークテーブル、こけし職人我妻さんとのこけし、斉藤製作所とのキャスター椅子、登米町森林組合工房とのデスクトップアイテムに加え、昨年度のソファ、センターテーブル、シェルフ、そして実用新案を取得したパンフレットフレームと、盛りだくさんな内容となっています。

小笠原陸兆 | 鉄瓶小丸
小笠原陸兆 | フィッシュパン

オンラインライブ配信(2回配信)
材料供給・加工元の登米町森林組合加工場、家具デザインのコイズミスタジオ、家具販売のアンダイの3個所をつないでオンラインライブを行います。
配信日|1/27(水) ①10:00~11:00 ②13:00~14:00
お申込先|E-mail:precut02@forest100.jp(登米町森林組合/担当:會津様)
お申し込み後、Zoomミーティングのご招待をメールにてご案内いたします。
締切|2021年1月26日(火)
※入場無料・オンラインライブは事前予約制

kitakamiの木/展示会
開催日|1/28(木)~29(金) 10:00~18:00
展示内容
〇kitakamiシリーズ
2020年度:テレワーク用チェア+テーブル
2019年度:応接セット、こけし、木製小物
〇宮城県登米市の広葉樹建材

※kitakami家具は31日(日)まで展示しています。

同時開催!
「アンダイ・ポップアップショップ」

kitakami | 仲良しこけし

仙台のインテリアショップ「アンダイ」は、地元の産業を残したいという思いから、地域の素材や技術を集めたお店を2019年に立ち上げました。お店の什器デザインは家具デザイナーの小泉誠さんです。

南部鉄器や山形鋳物、会津本郷焼などの工芸品を展示販売します。

開催日|1月27日(水)〜29日(金)10:00-18:00(最終日は16:00まで)

家具デザイナー
小泉誠
1960年東京生まれ。デザイナ-の原兆英と原成光に師事。1990年Koizumi Studio設並。2005年~武蔵野美術大学教授。2012年毎日デザイン賞受賞。2015年日本クラフト展大賞受賞。http://www.koizumi-studio.jp/

kitakami | ソファ3P

アンダイ スミヨシダイ
住所|宮城県仙台市泉区住吉台東1-2-8
Tel|050-3704-5086
営業時間|通常 12:00~19:00
定休日|火曜日、水曜日
※不定休がございますのでCALENDARにて営業日を確認ください。
https://anda-i.com/


≫温もりをピンポイントにお届け。「cado(カドー)」の電気ヒーター

≫万葉集の伝統色を現代に。山形緞通の新作カーペット「MANYO」

≫空間を彩る北欧照明『ルイスポールセン』がリニューアルオープン。 “ガラスの王冠”も復刻!

宮城のオススメ記事

東北エリアのオススメ記事