HOTEL

宿泊もどっぷり建築!「石巻ホームベース」
東北・宮城の“建築 の聖地”をめぐる旅へ

2021.4.13
宿泊もどっぷり建築!「石巻ホームベース」<br><small>東北・宮城の“建築  の聖地”をめぐる旅へ</small>
トラフ建築設計事務所の「Takibi」は焚き火をイメージしたライトが特徴

建築をめぐる旅の宿泊は、個性豊かで愛嬌のある場所を選びたいところ。石巻工房ゆかりのデザイナーが結集したゲストハウス、どの部屋に泊まる?

≪前の記事を読む

魅力満点の石巻ホームベース!

寺田尚樹さんの「Hato」は、グラデーションの壁に鳩時計がアクセント

先の「石巻ホームベース」では、石巻工房のショールーム機能に加え、宿泊できるゲストルームが備わっている。吹き抜けに面した2階の4室で、石巻工房の家具や布製品などのデザインに関わってきた建築家やプロダクトデザイナー4組が、1室ごとに部屋をデザイン監修。各室にネーミングされたテーマが感じられるよう、また造作家具などのしつらえを通して、各自のデザインの個性的なアプローチが垣間見えるつくりとなっている。そして、生活のさまざまなシーンで役立つ石巻工房の家具を、使いながら確かめられる。

キッチンや冷蔵庫、シャワー、トイレなどは共用だが、ゆったりとしたキッチンで料理を楽しんだり、テーブルでデスクワークをしたり。グループでの宿泊や、企業などの研修にも活用でき、楽しみが広がる施設である。

ドリルデザインの「Eda」は枝のようなハンガーが中央に
藤森泰司さんの「Noki」は、軒先をイメージした部屋が特徴

石巻ホームベース
住所|宮城県石巻市渡波栄田91
Tel|0225-25-5082
料金|5000円〜(2名1室時の1名料金)
IN|15:00 OUT|10:00
https://ishinomaki-hb.com

text: Jun Kato photo: Teruaki Tsukui illustlation: Takashi Kawakami
Discover Japan 2021年4月号「テーマでめぐるニッポン」


《東北・宮城の“建築の聖地“をめぐる旅》
1|復興応援!いま東北が面白い。
2|世界的建築家・坂 茂が手掛けた女川のシンボル
3|石巻のカフェ「IRORI石巻」でも建築が楽しめます
4|「石巻工房」の持って帰りたい“石巻デザイン”
5|宿泊もどっぷり建築!「石巻ホームベース」
6|「フィッシャーマン・ジャパン」の帰っても取り寄せたい東北の美味

宮城のオススメ記事

東北エリアのオススメ記事