FOOD

「フィッシャーマン・ジャパン」の帰っても取り寄せたい東北の美味
東北・宮城の“建築 の聖地”をめぐる旅へ

2021.4.14
「フィッシャーマン・ジャパン」の帰っても取り寄せたい東北の美味<br><small>東北・宮城の“建築  の聖地”をめぐる旅へ</small>
「カッコよくて、稼げて、革新的」の「新3K」を掲げた若手漁師集団フィッシャーマン・ジャパン。未来の水産業を提案する

旅を終えても、東北を感じて過ごしたい。土産物や家具を身近に置いて使うことに加えて、おすすめしたいのは食をお取り寄せして楽しむことだ。特産物はさまざまあるが、今回は石巻特集ということで、世界三大漁場のひとつである三陸の海産物を紹介したい。震災をきっかけとして、東北沿岸部の貴重な水産業を未来に向かって変えようとしているフィッシャーマン・ジャパン。地域や業種の枠を越えて「真にカッコよくて稼げるフィッシャーマン」を増やす活動を拡大する一方で、オンライン販売にも力を入れている。コロナ禍で飲食店への提供が減った分、一般への販売が可能になった新鮮な海産物、オリジナリティのある加工品など、アイデアあふれるラインアップは、どれも試してみたいものばかり。旅の思い出に浸りながら舌鼓を打てば、東北とともに未来へと進む力がわいてくるはずだ。

≪前の記事を読む

宮城・三陸の美味を食すなら!

「いしのまき魚町物語」には「春を告げる さくら真鱈の白子鍋セット(5400円)」、「何も足さない魚介の旨味100% 漁師の潮煮3種セット(5400円)」など、バラエティ豊かな旬の食材が並ぶ。

https://shopping.geocities.jp/fishermanjapan/

フィッシャーマン・ジャパンが石巻に構える拠点。カウンターを介した情報交換のほか、オリジナルグッズなどの販売も行われている

フィッシャーマン・ジャパン
住所|宮城県石巻市千石町8-20 TRITON SENGOKU
Tel|0225-98-7071
営業時間|11:00〜17:00
定休日|土・日曜、祝日、不定休
https://fishermanjapan.com

text: Jun Kato photo: Teruaki Tsukui illustlation: Takashi Kawakami
Discover Japan 2021年4月号「テーマでめぐるニッポン」

《東北・宮城の“建築の聖地“をめぐる旅》
1|復興応援!いま東北が面白い。
2|世界的建築家・坂 茂が手掛けた女川のシンボル
3|石巻のカフェ「IRORI石巻」でも建築が楽しめます
4|「石巻工房」の持って帰りたい“石巻デザイン”
5|宿泊もどっぷり建築!「石巻ホームベース」
6|「フィッシャーマン・ジャパン」の帰っても取り寄せたい東北の美味


≫鍋料理も、焼物も格上げする一生モノ「土楽窯の土鍋」

≫陶芸家・青木良太さんのうつわと料理

≫「名旅館と一流ホテルのお取り寄せ」

宮城のオススメ記事

東北エリアのオススメ記事