TRADITION

いまさら聞けない手紙のマナー
|書き方講座

2020.12.28
いまさら聞けない手紙のマナー<br>|書き方講座

帰省が叶わない人も多い今年の年末年始。こんなときだからこそ「手紙」で一年分の感謝を伝えてみませんか? 贈り物に手書きのメッセージを添えるのもいいかもしれません。メールが一般的な現代ですが、ここぞというときに手紙を添えるのが大人のたしなみ。手紙は相手やシチュエーションによって紙の種類を決め、書き分けをしましょう。それぞれのルールやマナーを身につけるだけで、見た目もキレイな手紙が書けるようになります。

≪前の記事を読む

重要な書類などを送る時
~封筒~

【Point】
・住所は「様」より下にこないように
・社名と宛名を中心に
・裏書きは表書きより文字を小さめに

相手の名前を中心に、かつ大きな字で。社名も書く際は、封筒の中心が、社名と宛名の間になるように。住所は基本的に1行で収めたいが、2行になる場合、マンションやビル名などは少し下げて書き、小さめに添える。裏書きは左に寄せて書く。

時候の挨拶、お礼状を送る時
~ハガキ~

【Point】
・絵柄を生かして文字を置く

内容が誰にでも見られるので、簡単な挨拶状の場合に用いる。無地でもよいが、ビジネスの場合でも派手にならない程度の、季節感のあるデザインのものを選んでもよい。その場合は、絵柄を生かした配置で書く。宛名の書き方は基本的に封筒と同じ。

贈り物に気持ちを添える時
~一筆箋~

【Point】
・名前は少し上に
・名前が入らなければ一行に収めてもよい

贈り物などに添えて簡潔に伝えるもので、メモ書きの延長。特に書き方のルールはないが、適度に余白を生かして書くと見やすい。便箋の場合と異なり、相手の名前を先に書く。メール同様、「いつもお世話になっております」からはじめてもよい。

簡単な伝言を残す時
~メモ~

社内の同僚に向けてや、家族に宛てて、簡単な内容を残すもの。メモ用紙や付箋もさまざまなデザインのものが登場しているので、相手のことを考えて選ぶのも楽しい。親しい相手なら、一筆箋代わりに贈り物に添えて使うこともできる。

いまさら聞けない手紙のマナー
書き方のルール
・書き方講座

copyist : Tomoko Kawano letter supervision text : Discover Japan photo : Yuri Kashiwagi
2016年4月「30分で納得 ニッポン文化集中講座 マナー」


≫Discover Japan、オンラインショップはじめました。第2弾「全国の有名ギャラリーが注目するうつわ作家」

≫名家のお雑煮。地域の文化を味わう「お雑煮図鑑」

≫日本人なら知っておきたいニッポンの神様名鑑。神様の基本をおさえよう

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読