FOOD

祇園の割烹で
オーダーメイド風の折詰を『松むろ』
名店の味をお持ち帰り

2020.10.20
祇園の割烹で<br>オーダーメイド風の折詰を『松むろ』<br><small>名店の味をお持ち帰り</small>
内容/鰆味噌幽庵、鯖小袖寿司、細巻玉子、黒豆枝豆、ぐじ酒焼き、鯛の餅粉揚げ、生湯葉たいたん、粟麩旨煮、茄子揚げ煮、小芋、舞茸餅粉揚げ、栗蜜煮、銀杏素揚げ、車海老旨煮、柚子釜すじこ、水菜浸し(舞茸、きのこ)、三度豆、酢蓮根、酢取り茗荷、散らし木の葉、奈良漬け、しめじご飯。5000円 ※2個から注文可

一度は訪れたい憧れのお店の味を気軽なお弁当で楽しんでみてはいかが。今年はお持ち帰り品が充実。新作から読者限定のお弁当まで選りすぐりの8軒を紹介します。今回は、折詰なお弁当「松むろ」を紹介します。

《↓こちらも合わせてご覧ください》
10/6発売 Discover Japan最新号「あたらしい京都の定番か、奈良のはじまりをめぐる旅か。」

ひと口に祇園といっても四条通を挟んだ北と南では町の様子が異なる。北側は新門前通と古門前通に骨董店が集中し、古物に明るい人が各地から訪れている。その一角に、外観からして洒脱な店を構える松室治隆さんは、瓢亭での修業経験が生きる四季の懐石料理を届けている。今春からは馴染客の声に応えようと、鰆の味噌幽庵や鯖の小袖寿司など、普段カウンターの向こうから呈する料理を詰め合わせたような持ち帰り品を考案。まるで店で食事をしているような気分に浸れる。そのときのお腹のすき具合や、好みを細やかに聞き入れる対応は持ち帰り品でも同じ。ご飯をお寿司にしてほしい、量を調整してほしいなどの声があれば、可能な限り応じてくれる。「オーダーメイド風の折詰と思っていただければ」と松室さん。となれば、一度は食べてみたい京の味を、相談してみるのも一案かもしれない。京料理ひと筋40年の料理人の腕を知る好機を生かし、洗練された和食の世界を堪能したい。

 

松むろ
住所|京都市東山区古門前通大和大路東入ル元町361
Tel|075-531-0300
営業時間|11:30〜13:30(入店)、17:00〜21:00(入店)
定休日|不定休
www.matsumuro.jp

お持ち帰り
受取可能時間|12:00〜19:00
予約方法|Tel:075-531-0300
予約期日|前日まで
その他|折詰弁当7000円、折詰弁当1万円
地方発送|可(別途送料)
京都市内配達|可(別途配送料、配達エリア応相談)

※価格は税別。食材の仕入れの関係で内容は変更の可能性あり

《名店の味をお持ち帰り》
1|馴染みの味のスペシャル版をお届け『魚三楼』
2|暖簾を託された当主の腕を特別なお弁当で『祇園 川上』
3|料亭との距離が縮まる新たなお弁当『たん熊北店 本店』
4|歌舞伎役者も愛した老舗が新たな試み『京料理ちもと』
5|祇園の割烹でオーダーメイド風の折詰を『松むろ』
6|温め直しもできる鰻弁当『清和荘』
7|話題のローストビーフを名物と一緒に『瓢亭』
8|川魚生洲料理の老舗の味を詰め合せて『美濃吉本店 竹茂楼』

text: Mayumi Furuichi photo: Mariko Taya
2020年11月号 特集「あたらしい京都の定番か、奈良のはじまりをめぐる旅か」


≫「京都の美術 250年の夢」ついに開催!京都の美の神髄に出合う

≫名旅館と一流ホテルのお取り寄せ

京都のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事

メールマガジン購読