INFORMATION

都内にいながら茨城の地酒を味わえる。
『いばらき地酒めぐり』

2020.9.15
都内にいながら茨城の地酒を味わえる。<br>『いばらき地酒めぐり』

日比谷ゴジラスクエアで2020年9月16日(水)〜18日(金)の3日間、茨城の地酒の試飲や県産品の販売を行うイベント「いばらき地酒めぐり」を開催。

イベントでは、県内の8蔵が出展(各日5蔵を予定)。参加者は、会場の総合受付でドリンクチケットを購入し、各酒蔵ブースで希望する地酒と引き換え。新型コロナウイルス感染対策として、検温やマスクの着用、列のソーシャルディスタンスの確保、消毒液や感染アプリの推奨やキャッシュレス決済を導入。販売ブースでは、各酒蔵の看板銘柄や珍しいお酒を用意している。

また、茨城県産加工品のつまみなどを用意し、「家飲み」も楽しんでいただけるラインナップを揃えている。イベント期間中は購入した地酒を持ち運びしやすいオリジナルカップホルダーを参加者全員にプレゼント。

 

茨城県は関東屈指の酒どころ。大自然の恵みと久慈川水系、那珂川水系、筑波山水系、鬼怒川水系、利根川水系の豊かな5つの水系のもと、40ほどの酒蔵が個性豊かな酒造りをしている。近年、全国新酒鑑評会を始めさまざまなコンテストでの受賞酒蔵が増え、醸造技術評価が高まっている。2019年には、茨城県産日本酒のブランド化推進や地元杜氏の育成を目的に「常陸杜氏(ひたちとうじ)」といった認証制度を展開するほか「いばらき地酒ソムリエ」の検定など地酒の認知度向上や消費拡大に力を注いでる。

地酒とおつまみ

地酒
単品販売|一律500円(税込)/杯
各蔵の看板銘柄、珍しいお酒等3〜5銘柄を用意。開催当日会場の総合受付にて、ドリンクチケットを購入し、各酒蔵ブースで希望の地酒と引き換え。

9月16日(水)|井坂酒造店/吉久保酒造/浦里酒造店/西岡本店/結城酒造
9月17日(木)|井坂酒造店/吉久保酒造/廣瀬商店/浦里酒造店/結城酒造
9月18日(金)|岡部/井坂酒造店/吉久保酒造/須藤本家/廣瀬商店

おつまみ
ごぼうせん(販売元:根本製菓)、手巻納豆(販売元:水戸納豆製造)、朝獲れさば 水煮・味噌煮(販売元:高木商店)、れんこん土佐煮(販売元:磯山商事)、 筑波山麓産落花生(販売元:今井落花生)など

都内にいながら茨城の酒蔵をめぐる旅行気分を味わいながら、コロナ収束後、「いばらき地酒めぐり」で出会った酒蔵へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

いばらき地酒めぐり
開催日|2020年9月16日(水)〜18日(金)各日16:00~20:00※雨天決行(荒天時中止)
会場|日比谷ゴジラスクエア(千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ前) 、東京メトロ・都営地下鉄「日比谷駅」から徒歩で約2分、JR・東京メトロ「有楽町駅」から徒歩で約3分
参加酒蔵|岡部合名会社/井坂酒造店/吉久保酒造/須藤本家/廣瀬商店/浦里酒造店/西岡本店/結城酒造
内容|①酒蔵による地酒の有料試飲(各日5蔵を予定)②地酒、県産加工品のつまみ販売
https://ibaraki-jizake-meguri.peatix.com/


≫落ち着いた香りと米の濃厚な旨味感じる常山酒造「常山 純米吟醸 ひやおろし」

≫【月の桂】メイド・イン・伏見!無農薬有機栽培米の純米酒

≫EXILE橘ケンチ×松本酒造コラボ酒第2弾!日本の心に灯をともす酒。

東京のオススメ記事

関東エリアのオススメ記事

メールマガジン購読