FOOD

冬はこの宿にこの旬を食べに行きたい!
エビ編

2019.12.2
<b>冬はこの宿にこの旬を食べに行きたい!</br>エビ編</b>

南北に続く、春夏秋冬がある日本。それぞれの土地や季節によって、美味しい食材も異なります。そこで今回は、冬の味覚、エビを堪能できる3つの宿をご紹介。

伊勢エビ、アワビなど、南房総の海の幸を堪能
【季粋の宿 紋屋】

伊勢エビのオーブン焼バター白醤油風味。基本は和だが、洋や中、エスニックの要素も採り入れている

鴨川シーワールドやマザー牧場、野島埼灯台など、バラエティ豊かな観光スポットが点在する、千葉県南房総。この中に位置する「季粋の宿 紋屋」は、南房総の海の幸が愉しめる宿だ。とくに夕食は「南房総美食膳」という名に相応しい絶品。郷土料理を中心に、洋食屋中華、ときにはエスニックの要素を取り入れるなど、客を飽きさせない工夫を凝らした料理が味わえる。冬は伊勢エビをはじめ、ブリ、キンメダイに舌鼓を打とう。

落ち着いた雰囲気の和風客室「煌き亭(きらめきてい)」。窓からは海を行き交う船が見られる。
季粋の宿 紋屋
住所:千葉県南房総市白浜町白浜232
Tel:0470-38-3151
E-mail:yoyaku@monya.co.jp
客室数:24室
料金:1万4040〜3万4710円(税込)
カード:AMEX、DINERS、JCB、MASTER、NICOS、SAISON、VISA、銀聯
IN:15:00 OUT:10:30
夕食:会席料理(ダイニングまたは部屋など) 朝食:和食(ダイニングまたは宴会場)
温泉:南房総白浜温泉(メタ珪酸/源泉掛け流しではない/加温あり/加水あり/美肌・疲労回復)
風呂:大浴場男女別各1(15:00〜24:00、6:00〜9:00)、貸切風呂(有料)、家族風呂(無料、温泉)、部屋風呂11室
アクセス:車/富津館山道路富浦ICから30分 電車/JR館山駅よりタクシーで25分または路線バスで40分 高速バス/東京駅から高速バス房総なのはな号にて2時間40分
館内施設:個室風ダイニング、食事処、アロマルーム、ラウンジショップ、ベビープレイルーム、ライブラリー、宴会場
Wi-Fi:あり
www.monya.co.jp

沖縄南部の海沿いにある琉球文化の魅力を凝縮した上質なリゾート
【百名伽藍】

活エビの洗いとミーバイの昆布締め。

沖縄といえばきらびやかなビーチリゾートホテル……という定説を崩す、リゾートスタイルの日本旅館。琉球文化を背景に、日本旅館の上質さを併せもつ、新しいスタイルが魅力だ。朝夕食は毎日メニューが変わる和琉料理。冬は車エビをはじめ、島大根や島ニンジン、田芋ムジなど、この地ならではの食材が味わえる。

最上階にある貸し切り風呂。方丈庵という名で6室ある。湯に浸かりながら真っ青な海を眺める。極上の気分を味わえる。
百名伽藍
住所:沖縄県南城市玉城字百名山下原1299-1
Tel:098-949-1011
E-mail:info@hyakunagaran.com
客室数:17室
料金:1泊2食付5万4000円〜(税込)
カード:AMEX、DC、DINERS、JCB、MASTER、VISA、銀聯など
IN:14:00 OUT:11:00
夕食:和琉会席料理(食事処または部屋食) 朝食:和食(食事処または部屋食)
温泉:なし 風呂:露天風呂6、貸切風呂(無料)、部屋風呂全室
アクセス:車/那覇空港から車で約35分
館内施設:ライブラリー、禅の間、ギャラリー、エステルーム
Wi-Fi:あり
www.hyakunagaran.com

湯治宿とモダニズムを融和させた温泉リゾート
【別邸 音信】

大葉百合根と油谷湾で揚がった車エビの黄味煮と菊菜、松葉ニンジンを炊いた

開湯600年という歴史をもつ長門湯本温泉の湯治宿。湯に浸かり、裸足で歩き、座るといった日本文化をモダンに昇華させたリゾートだ。多彩なバリエーションが魅力の料理は、すぐそばの川や海で獲れた地元食材を中心にふるまわれる。冬は車エビをはじめ、甘鯛、マフグ、子持ヤリイカ、田屋カブなどを使った料理を味わえる。開放感溢れる食事処でいただく品々は、贅沢な気分を際立たせる。

宿の象徴的な空間、水盤。時間帯によって表情を変える。
別邸 音信
住所:山口県長門市深川湯本2208
Tel:0837-25-3377
E-mail:info@otozure.jp
客室数:18室 料金:1泊2食付4万1190円〜5万7390円(税込)
カード:AMEX、JCB、MASTER、VISA
IN:14:00 OUT:11:00
夕食:会席料理(レストランまたは部屋食) 朝食:和食または洋食(レストラン)
温泉:長門湯本温泉(アルカリ性単純泉/源泉掛け流し/加温あり/加水なし/動脈硬化、疲労回復、慢性消化器病など)
風呂:大浴場男女別各1(6:00〜翌0:00)、露天風呂1、部屋風呂18室
アクセス:車/中国自動車道美祢ICから約30分 電車/JR美祢線長門湯本駅から送迎サービスあり
館内施設:茶室、レストラン、フィットネスジム、大浴場、スパ・エステ、バー、ライブラリー
Wi-Fi:あり
http://otozure.jp

その土地の旬の美味を食べに行くために宿を訪れるというのも、四季がある日本ならではの旅の愉しみ方。この冬はそんな〝味の宿〟を満喫するというのはいかがでしょうか。

《冬はこの宿にこの旬を食べに行きたい!》
カニ編

・エビ編
肉編
魚編
野菜・果物編

写真=宮地工
Discover Japan_TRAVEL「味わいの名宿」

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読