FOOD

クラフトコーラで爽快な夏を!
おすすめ銘柄で個性を楽しもう

2022.8.5
クラフトコーラで爽快な夏を!<br><small>おすすめ銘柄で個性を楽しもう</small>

いま注目を集めているクラフトコーラ、飲んだことがありますか? 近年、全国各地で原料や産地、製法など、つくり手の個性が光る銘柄が続々登場。スパイスやハーブなどの材料を独自にブレンドし、炭酸水で割ったり、料理に入れたり、アイスにかけたり…アイデア次第でさまざまな楽しみ方が出来るのも大きな魅力。今回は通販で気軽に買える、おすすめのクラフトコーラを紹介します!

予防医学の観点から誕生した
「UMAMI COLA」

麹甘酒を使用したクラフトコーラ。世界で一番体に良いクラフトコーラを目指して、withコロナの時代に予防医学の観点から「気軽に、美味しく、健康に」というコンセプトで開発された。麹甘酒の優しい甘みと絶妙なスパイスの味わいがふわっと広がる。
 
 

≫記事を読む

 

兵庫の老舗酒蔵がつくる“米発酵エキス”を加えた
「ラララコーラ」

いつもの暮らしをピリっと彩るクラフトコーラ。人工甘味料、保存料、着色料などの添加物ゼロ。選りすぐりの7種のスパイスと、ヤヱガキ酒造独自の技術で発酵抽出した「米発酵エキス」を調合した、スパイス薫る、からだに優しいドリンク。
 
 

≫記事を読む

 

コーラ誕生当時の薬効に着目した
「メロウコーラ」

「バーテンダーがつくるクラフトコーラ」として2020年にデビュー。天然素材にこだわってブレンドしたスパイスは14種類を使用することで雑味が無くスッキリとした優しい甘味を感じる。
 
 

≫記事を読む

 

“世界遺産の島”屋久島の魅力が詰まった
「屋久島1000年コーラ」

材料には、長い刻を経て生成された屋久島の超軟水をはじめ、屋久島に自生している精油成分とミネラルが豊富な屋久島ウコン、種子島の黒糖と粗糖を使用。可能な限り屋久島産、鹿児島産を選びこの地域のテロワールを大切にしている。

屋久島の恵みの雨が大地によって洗練された超軟水は、口当たりがよく飲料との相性が抜群だ。
 
 

≫記事を読む

 

フードロスの島みかんから生まれた
「TOBA TOBA COLA」

鹿児島・喜界島で、フードロスをテーマにしたクラフトコーラ。喜界島の珊瑚の隆起したミネラルたっぷりの土壌で育った島みかんや喜界島産のきび糖、世界各地のスパイス14種を合わせ、独自の製法で抽出されたコーラは、マイルドでやさしい味わい。
 
 

≫記事を読む

 

佐賀の魅力を詰め込んだ
「みちコーラ」

幻の柑橘類「ゲンコウ」をはじめ、嬉野のお茶や武雄のレモングラス、玄界灘の塩など、佐賀の魅力を詰め込んだクラフトコーラ。唐津の老舗飲料メーカー小松飲料とともにつくり上げたクラフトコーラは甘くて、ちょっとしあわせな気分になれる、そんな味に仕上げている。塩も入っているので、夏の暑い日や温泉、サウナ後のドリンクとしてもぴったり。
 
 

≫記事を読む

 

伊勢発のコーラで身体と農業に元気をもたらす
「イセカルダモンコーラ」

“食の守り神”とも呼ばれる伊勢神宮のお膝元で、十数種類のスパイスを調合した、味わい深いクラフトコーラ。いつの時代も人々の心を惹きつけ続ける、三重県伊勢市から誕生した美しい琥珀色の一本のコーラは、身体にはもちろん、地域農業にも元気をもたらしてくれる。
 
 

≫記事を読む

 

織田信長にルーツを持つ健康薬膳
「ぎふコーラ」

岐阜県内各地の名産品とスパイスを調合したクラフトコーラ。信長公がきっかけとなり、約400年間守り受け継がれてきた旧春日村の薬草をブレンドした、罪悪感なく美味しく飲める新感覚のコーラだ。
 
 

≫記事を読む

 

100年以上も前のレシピに基づいてつくられた
「伊良コーラ」

東京・下落合の自社工房で、コーラ職人によって作られる、世界で唯一無二のクラフトコーラ。100年前のオリジナルコーラレシピをベースに、コーラの実のほか、カルダモンやナツメグなど12種類以上のスパイスと柑橘類が最高の割合で混ぜ合わされており、スパイスが効いたやさしいフレーバー。
 
 

≫記事を読む

 

瀬戸内の恵みをたっぷりと詰め込んだ
「瀬戸三豊コーラ」

瀬戸内の産品である、酸味と旨味が強い曽保(そお)みかん、旨味成分が輸入トウガラシの3倍もある香川本鷹(かがわほんたか)、父母ヶ浜の海水を少量づづ、薪で煮立てて作った特製潮「THIRD RICH SALT(サード・リッチ・ソルト)」が3つのアクセントとなり、深いうま味とじわじわと後を引くスパイシーさが特徴のクラフトコーラ。
  
 

≫記事を読む

 

作り手が心を込めて、ひとつひとつ丁寧に作ったクラフトコーラ。背景にある、それぞれのストーリーを感じながら、「この味は?」「あの味は?」と、シュワシュワ弾ける探求心と共に、じぶん好みの味や飲み方を楽しんでみてはいかがだろうか。

RECOMMEND

READ MORE