ART

クリエイターがインスピレーションを感じる街、高岡へ
「市場街2021」【前編】

2021.12.16 PR
クリエイターがインスピレーションを感じる街、高岡へ<br>「市場街2021」【前編】

専門的な技術でものをつくり出す職人と、音楽や映像などを創造するクリエイター。このふたつが出合い相乗効果を生み出す、富山県・高岡の魅力とは?

伝統とクリエイティブの掛け算が
市場街だけのコンテンツを生む

澄んだ光の中に、時々凛とした風が吹き、色づいた木の葉が揺れる。富山県高岡市でクラフトの祭典「高岡クラフト市場街」が開催される時期は、柔らかな陽が差す美しい季節である。

高岡クラフト市場街がはじまって今年で10周年。もともとこのイベントは、日本唯一の総合クラフトコンペ「工芸都市高岡クラフトコンペティション」の活性案として提案されたもののひとつ。同じく高岡の伝統的な建物が多く残る地域で開催されていた「金屋町楽市 in さまのこ」や、クラフトコンペの入選作品を購入できる「工芸都市高岡クラフト展」が、以前は同時期に個別開催されていた。高岡が歩んできた歴史や文化の物語が「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡—人、技、心—」として日本遺産に認定され、点在していた3つが「高岡クラフト市場街」を中心に合わさり、ひとつの線となったのだ。その時代を支えていたのは、産学官金といった地元産業、大学、行政、金融機関、そして自治体コミュニティの人々だ。この連携のかたちは、いまも変わらない。

10年の中で確実に変化したこと、それは高岡に生活拠点を置いていない人々のリピート率だ。昨年のオンライン開催を経て、今年はリアルとオンラインの両方を兼ね備えた初のハイブリッド開催で実施。富山大学の学生と高岡の職人の融合で生まれた作品を展示したり、南砺市・利賀村の秘境レストラン「L’évo」で富山の食とクラフトの共創にフィーチャーした映像を配信したりと、26のリアル企画、43ものオンライン企画が市場街を通して行われた。

おりん職人・島谷好徳さんと音楽クリエイター・若狭真司さんによるインスタレーションライブを、「富山県総合デザインセンター」内のスタジオで実施し、オンラインで配信

 

≫インスタレーションを観る

 

世界から集まるクリエイターの発想と、高岡の職人技を掛け合わせてつくられた作品群が並んだ「Creators Meet TAKAOKA」。伝統的な町家が多く残る山町筋で、国の重要文化財「菅野家住宅」に作品が並ぶさまは圧巻
高岡クラフト市場街の初代実行委員長・松原博さんと、フリーアナウンサー・山本ミッシェールさんが5名のゲストを迎え、これまでとこれからの高岡についてリレートークを繰り広げた「市場街閑話休題」。棟方志功ゆかりの寺としても知られる飛鳥山善興寺を舞台にオンライン配信され、鮮やかな書院とゆるやかにつながる熱いトークが、市場街の10周年を見事に彩った
≫動画をチェック
伝統工芸産地発の全国公募展として1986年から続く「工芸都市高岡クラフトコンペティション」。過去に入選・入賞した全国の作家が普段制作する作品が並ぶ「高岡クラフトストア」では、金属、漆、ガラスなどの多様な作品の中から、暮らしに加えたい作品が見つけられる。高岡はものが生まれる場であると同時に、発表の場・出合える場でもあるのだ
1950年代から90年代に生産され、再利用には溶かして原材料に戻すことが主だった香炉。それらには現在ではつくることができない技巧が残っているため、新たな用途を模索した仏具メーカー「ハシモト清」が高岡のクリエイターチームと組み、現代の着色職人らが色付けをして多肉植物を植える「わびさびポット」として蘇らせた。「わびさびポット展」はギャラリー空間のしつらえから言葉、音楽、に至るまで全てメイドイン高岡

「高岡には日本でも有数の優れた職人さんたちの技術があり、自分たちが行う創造と融合すると、想像もしていなかった化学反応が起こるんです」と参加クリエイターらは語る。高岡で起こった反応が、また別の作品の発想につながる。そのようにして着実に、高岡クラフト市場街は関係人口を増やしてきた。また、今年の催しを細かく見ていくと、さらに新たな変化の兆しも見えている。デッドストックの高岡銅器にサボテンを植えて展示した「わびさびポット展」など、高岡の製作所や企業と地元クリエイターが協働した企画も生まれている。

クリエイターと職人が尊重し合いながら、ものを生み出すかたちが大きな流れとなり、それを楽しむ人たちがいる。この高岡にしかない関係性が、何度も足を運びたくなる街の魅力につながっている。

 


キーマンにうかがいました!
高岡はいかにアップデートされ続けるのか?

 
≫後編を読む
 
 

市場街2021(高岡クラフト市場街)
開催期間|10月16 ~ 24日の9日間
会場|富山県高岡市の中心市街地(山町筋エリア、御旅屋エリア、金屋町エリア)及び戸出エリア、勝興寺、善興寺の全26会場、YouTube
問|高岡クラフト市場街実行委員会
Tel|0766-20-1255(高岡市文化創造課)
https://ichibamachi.jp
※「Creators Meet TAKAOKA」と「高岡クラフトストア」、「わびさびポット展」は市場街開催期間中の特設展示です

 

≫市場街TVチャンネルはこちら
 

text: Kaeko Ueno photo: Atsushi Yamahira
2022年1月号「酒旅と冬旅へ。」

富山のオススメ記事

関連するテーマの人気記事