HOTEL

「HOTEL WHY」
徳島県・上勝町に世界初のゼロ・ウェイストアクションホテル が誕生!
【最先端のSDGs Part 2 学ぶ】

2021.9.20
「HOTEL WHY」<br>徳島県・上勝町に世界初のゼロ・ウェイストアクションホテル が誕生!<br><small>【最先端のSDGs Part 2 学ぶ】</small>

いま、ホテル業界においてもSDGsへの取り組みが重要視され、ニューオープンの中にはSDGs特化型のホテルも登場。滞在を通して、これからの暮らしを考えるきっかけをもたらしてくれます。SDGsを切り口に滞在すれば、新しい旅の楽しみ方、ホテルの楽しみ方が広がります。

徳島の山あいにある過疎の町に2020年5月にオープンした「ゼロ・ウェイストアクションホテル HOTEL WHY」を、徳島出身のエシカルファッションプランナー・鎌田安里紗さんが訪問。滞在を通して浮かび上がる、ごみ問題という大きなテーマを体験します。

≪前の記事を読む

鎌田安里紗(かまだ・ありさ)さん
1992年、徳島県生まれ。エシカルファッションプランナー。生態系管理論を専門とする父に連れられ、幼い頃から上勝町を訪れる。現在は慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程に在籍し、エシカルファッションプランナーとして活動する。共同代表を務める一般社団法人「unisteps」では、エシカルファッション講座やコミュニティを提供中

客室から足を延ばしてみよう
随所で最先端のSDGsが学べます

ホテルに付帯する施設にも、多彩な気づきがちりばめられている。それはまさに現地でしか出合えない生きた教材。ゼロ・ウェイストの最新事情を学ぶなら、ここだ。

「くるくるショップ」で洋服選びを楽しむ鎌田さん。Wrap建築設計事務所・今瀬健太さんが制作した、ガラス瓶300本を束ねたシャンデリアがシンボリックだ

続いて、大塚さんの案内で鎌田さんは「くるくるショップ」へ。ここは町民が持ち込んだ不用品を、次に必要とする人へとつなぐためのリユースショップ。衣類や食器類を中心に、本や雑貨などがゆったりと並ぶ。

ショップという名がついているが、品物はすべて無料。持ち帰りは町内外の誰でも歓迎だ。「このコップ、すてき」と手に取る鎌田さん。誰かが愛用していた品が、ほかの誰かの元に渡ってまた使い続けられる。リユースの美しいバトンがここにはある。

「雑然と置かれていると“不用品=ごみ”という印象が強くなります。お店のようにきちんとディスプレイすることで、大切に使おうと思うきっかけになれば」と、棚を整頓しながら大塚さんは話した。

誰かの愛用品を、別の誰かが受け取る「くるくるショップ」。 2006年にスタートしたリユース推進拠点が前身。割れた陶器やガラスをカレット化し洗い出しにした床が味わい深い表情。陳列用に使われている棚や机などの什器も、すべてリユース品だ
持ち込み・持ち帰りともに最も多いのが食器類。仕出し店からまとまった数が届くことも
持ち帰る際にはモノの重さを量ってノートに記入。その合計重量は随時、受付に掲示される。5月には、500㎏以上の品物が旅立った

通路を挟んだスペースに位置するのが交流ホールだ。宿泊者はもちろん、町民も自由に利用できる開かれたスペースとなっており、視察や研修の際などに活用されている。広々としたラボラトリーは、ゼロ・ウェイストに関心のある企業や研究機関が、年間契約でレンタルオフィスとして、ホテルの宿泊とセットで利用できる。

町内外の交流の場。本のセレクトにも注目の「ラーニングセンター&交流ホール」。趣あるチェアやテーブルも、客室と同じく建築家の中村拓志さんが別物件での廃棄予定品をリユース。不揃いな床材も廃棄される予定だったものを譲り受けた。SDGs関連書籍を揃えたミニライブラリーは「BACH」による選書
企業合宿やワーケーションにも最適な「コラボレーティブラボラトリー」。企業や研究機関といったステークホルダーとの連携を想定したスペース。デスクやチェアはフレキシブルに配置でき、さまざまな目的や規模に対応する。ホワイトボードや複合機、Wi-Fiも完備。見学・利用は要問い合わせ

≫続きを読む

ゼロ・ウェイストアクションホテル HOTEL WHY
住所|徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下日浦7-2
Tel|080-2989-1533(9:00~17:00)
客室数|4室
料金|1泊朝食付1万1000円~(税・サ込)
カード|AMEX、DINERS、JCB、Master、UC、VISAほか
IN|15:00
OUT|10:30
施設|ラーニングセンター&交流ホール、コラボレーティブラボラトリー、
くるくるショップ、ごみ分別所&ストックヤード、コインランドリー
https://why-kamikatsu.jp

text: Aya Honjo photo: Natsuko Ishikawa
Discover Japan 2021年9月号「SDGsのヒント、実はニッポン再発見でした。」

徳島のオススメ記事

関連するテーマの人気記事