INFORMATION

DJアワード発表します!
クリエイティブの祭典「rooms41」レポート

2020.10.30
DJアワード発表します!<br>クリエイティブの祭典「rooms41」レポート
会場となった新宿住友ビル三角広場。ガラス天井から外光が入る開放的な空間に、活気がみなぎる。

コロナ禍の中、いま開催する意義とは? その答えが人々の笑顔に、活気に出ていた。今回はオンライン展も合わせて300を超えるクリエイターが参加。新たな形で開催されたrooms41は、手を動かして生まれる「豊かさ」をあらためて人々に感じさせる、意味深い祭典となった。

Discover Japan アワードとは?

日本の伝統的、革新的モノづくりに光を当てる本誌が、roomsに出展するクリエイターの中でも特に注目の人・モノに贈る賞。

DJアワード受賞者その1:
躍動感あるアートで日本中に「WOW」を生み出す!
全長13mの巨大壁画を制作

制作中の壁画を前にしたオーバーオールズ副代表で画家の山本勇気さん(右)、オーバーオールズ代表の赤澤岳人さん(中)。
会場の空気を感じながら壁画アートのライブペイントを行う山本さん。再始動をテーマに、靴ひもを結び直し、いままさに動き出す時間をアートとして描いた。

オフィスアートやパブリックアートなど多数の壁画制作を手掛け、「アートで日本を楽しくする」の実現を目指すアート集団。コロナからの再始動という思いを込め「靴ひもの結び目は強く引くほど、距離が離れるほど強く結ばれる。離れていなければならないときだからこそ深まり、強まった絆」を描いた。

OVER ALLs
Tel|03-6304-7212
www.overalls.jp

DJアワード受賞者その2:
rooms初出展!実業家ROLAND氏×タキシードデザイナー横山宗生氏の
メンズアパレルブランド「クリスチャンローランド」

プロデューサーのホサカシンイチさん。ブランドが提案するTシャツにタキシードというスタイルのカッコよさを体現している。
オンにもオフにも着こなすタキシードスタイルを提案。タキシード慣れしない日本でも、日常に違和感なく遊べる一着になるはずだ。

いま、もっともセクシーな男・ローランドと、ファッションデザイナー横山宗生がタッグを組み、日本の優れた縫製技術で生み出した、ラインの美しいジャケット。タキシード慣れした外国人の中にあっても威風堂々と立てる、まさに日本人のためのタキシード。

CHRISTIAN ROLAND
Tel|03-3470-3250
www.christianroland.com

DJアワード受賞者その3:
渋谷区観光協会公認!福井県にある老舗味噌蔵仕込みの
「オーガニックひよこ豆みそスープペースト」

体の内側と外側からのトータルケアを提唱し、日本の植物を使ったナチュラルコスメなども手掛けるビーバイ・イーの鏡さん。
28品目アレルギーフリーの、ひよこ豆のみそを使用したスープペースト。渋谷区観光協会公認土産として特別パッケージで発売中。

老舗味噌蔵がオーガニックひよこ豆で仕込んだ味噌を、使いやすいチューブ容器に詰めた「オーガニックひよこ豆みそスープペースト」。先進都市・渋谷×伝統食の味噌スープという取り合わせ、オーガニック原料使用でアレルギー対応というグローバルスタンダードな味噌、という2点がユニーク。

ビーバイ・イー
Tel|0120-666-877
www.bxe.co.jp

DJアワード受賞者その4:
広島県竹原市のシンボルである「竹」を活用して開発した
和ハーブの魅力を伝えるせとうちT&Kハーブ

せとうちT&Kハーブをプロデュースするリム・ジャパン代表取締役の西原ミツルさん。各地のイベントで店頭に立ち、商品と地方の魅力を熱く語る。
レモンマートル水のさわやかな香りが魅力の竹のハーブシリーズ。口に入れても害のない天然成分のみを使用している。

瀬戸内の竹原市産の竹から抽出した成分や、姫路の山間部にある香寺ハーブ・ガーデンで農薬や除草剤を使わずに育てた和ハーブを調合。ほっとする香りの自然派化粧品は、ストレス緩和効果も期待できる。爽やかなハーブが香るハンドケアスプレー(植物性エタノール70%)は、いままさに必要とされる商品。

リム・ジャパン
Tel|090-2804-8294
https://herb-japan.com

DJアワード受賞者その5:
高岡銅器の歴史ある重みを手のひらで感じて。
青銅のミニ干支オブジェ

1860年に初代が鋳物工場をはじめて以来、伝統産業である高岡銅器に携わる、大寺幸八郎商店6代目の大寺康太さん。
12年かけて生み出してきた干支シリーズや、動物シリーズはいとこである林 悠介さんのデザインが原型で、大寺さんの人気アイテムのひとつ

伝統的な鋳物技術に現代的なセンスを加えた作品を送り出す大寺さん。高岡の店舗でアクセサリーを自作するワークショップを開催したり、地元でよいものをつくる職人仲間と情報発信をしたりと、高岡工芸の魅力を広める活動にも力を入れている。

大寺幸八郎商店
Tel|0766-25-1911
https://ootera.com

 

次回のrooms開催は2021年3月を予定!お楽しみに!

rooms
Tel|03-3499-0822
www.roomstradeshow.com

text: Ichiko Minatoya photo: Kazuya Hayashi


≫「色の魔術師」銅器着色職人 折井宏司

≫「茶筒の革命児」茶筒職人 八木隆裕

東京のオススメ記事

関東エリアのオススメ記事

メールマガジン購読