TRAVEL

酒造りから文化の発信地へ
『弘前れんが倉庫美術館』

2020.7.23
酒造りから文化の発信地へ<br>『弘前れんが倉庫美術館』

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今年誕生した施設や開業間近の施設は多い。ここではアフターコロナに行きたい注目の新スポットを紹介します。

国内ではじめて本格的にシードルを製造していた「吉野町煉瓦倉庫」が、約100年の時を経て美術館に生まれ変わった。設計は、エストニア国立博物館などを手掛けた建築家・田根剛さん。赤れんがの外壁や吹き抜けの展示室など、可能な限り既存の姿を残し、過去の記憶を未来へつないでいる。
「青森県立美術館」「十和田市現代美術館」に加えて、青森のアート旅の目的地がまた一つ増えた。

弘前れんが倉庫美術館
住所|青森県弘前市吉野町2-1
開館時間|9:00〜17:00(金・土曜はスタジオ、市民ギャラリー、ライブラリーのみ〜21:00)
休館日|火曜(祝日の場合は翌日休)
料金|企画展ごとに異なる
Tel|0172-32-8950
www.hirosaki-moca.jp

2020年7・8月号 特集「この夏、どこ行く?ニッポンの旅計画108」


≫時代の巨匠が手掛けたミュージアム建築クロニクル。日本ミュージアム建築大全はこちら

≫青森県に関する記事はこちらから

青森のオススメ記事

東北エリアのオススメ記事

メールマガジン購読