TRAVEL

信州の温泉郷で贅沢な田舎体験
『星野リゾート 界 アルプス』

2018.2.8 PR
信州の温泉郷で贅沢な田舎体験<br>『星野リゾート 界 アルプス』
檜が香る「星野リゾート 界 アルプス」の内風呂。大窓からは四季折々の景色が楽しめる

北アルプスの玄関口、大町温泉郷に、「星野リゾート 界 アルプス」がリニューアルオープンした。「信州の贅沢な田舎を体感する温泉宿」では、四方を山々が囲む雄大な大自然の中で湯に浸かる贅沢と、懐かしい、日本の心に触れられる。

北アルプスに抱かれた自然豊かな温泉郷

白馬岳、立山、穂高岳、槍ヶ岳などに代表される勇壮な山々が連なる北アルプス。大町温泉はその懐に抱かれる自然豊かな温泉郷だ。歴史は昭和30年代に引湯が実現したことにさかのぼり、比較的新しい。約40haというエリアではゆとりある区画に伸びやかに計画された温泉施設が建ち並び、自然環境と調和する景観が特徴でもある。

そんな温泉郷に2017年12月21日にリニューアルオープンしたのが「星野リゾート 界 アルプス」だ。雪国らしい風情を感じさせる、雪よけ屋根の「雁木」に沿って両側に全48室の客室と温泉棟が並ぶ温泉旅館では、信州の田舎の暮らしを想起させる、温かなもてなしを体験できる。

北アルプスを望む露天風呂は最高の癒やし

北アルプスを眺めながらの湯浴みは壮観。冬には 雪見露天を楽しむことができる

この宿の醍醐味は、なんといっても北アルプスを望む露天風呂。カラマツ林に囲まれた大浴場は、内風呂も露天風呂も高瀬渓谷に湧出する湯量豊富な源泉から引かれた湯で満たされ、春の芽吹きから新緑、黄金色の紅葉を経て、冬は真っ白な雪化粧に染まる木々がどの季節も美しい景色で目を楽しませてくれる。

宿の歴史が刻まれた囲炉裏を囲んで。 名物のおやきや焼きりんご、燗酒を味わい、土間ではこまやお手玉などを体験
松崎和紙でつくる行灯、地元きりえ作家の アートフレームなど地域文化を体感できる「ご当地部屋」
夕食はアルプスの雪解けをイメージした「雪鍋」を中心 とした会席

かまくらやかんじきで歩く体験など宿にはアクティビティも盛りだくさん。「立山黒部アルペンルート」や白馬エリアのスキー場などへも好アクセスで、冬にも出掛けたい宿だ。

全国14ヵ所にその土地ならではの 温泉旅館を展開中!

星野旅館が運営する温泉旅館ブランド「界」。地域文化を滞在しながら体感する「ご当地部屋」をはじめ、ご当地の伝統や文化の魅力を追求し、泊まる楽しみを提供する温泉リゾートだ。

 

星野リゾート 界 アルプス
住所:長野県大町市平2884-26
Tel:0570-073-011(界予約センター)
E-mail:alps@kai-ryokan.jp
客室数:48室
料金:1泊2食付2万3000円~(2 名1室1 名分、税込、入湯税込)
カード:AMEX、DINERS、JCB、MASTER、VISAなど
チェックイン:15:00 チェックアウト:12:00
夕食:和食 朝食:和食
アクセス:車/長野自動車道安曇野IC から約60分
電車/ JR信濃大町駅から車で約15分
施設:大浴場、湯上がり処、トラベルライブラリー、ショップ、スキー乾燥室など
インターネット:無線LAN
http://kai-ryokan.jp/alps

 

冬にはかまくら体験も。スタッフがつくり上げる巨大かまくらは、降雪量によっては3 ~ 4mの大きさに。だんらんを楽しんで

期間:~ 4月30日
料金:1泊2食付2万9000円~(2名1室1名分、税・サ込)

長野のオススメ記事

中部エリアのオススメ記事

メールマガジン購読