TRAVEL

夏ならではのアウトドア体験
世界が憧れるニセコの夏遊び

2020.7.12
<b>夏ならではのアウトドア体験<br>世界が憧れるニセコの夏遊び</b>
ニセコアンヌプリから見た羊蹄山(標高1308m)。五色温泉からのコースは登り約1時間45分、下り約1時間20分

いま世界が注目するニセコエリアをショウヤ・グリッグさんに案内してもらう《世界が憧れるニセコの夏遊び》。第3回は夏ならではのアクティビティや温泉などの魅力的な体験を紹介します。

イワオヌプリ(標高1116m)。五色温泉からは登り約1時間20分、下り約1時間程度のコースあり

「イワオヌプリは地肌のむき出しが多いユニークな山。僕は石好きなので、ごろごろ転がっている石に魅力を感じる。登る途中で高山植物も愉しめるし、頂上からはニセコの山々や海までも見える。ニセコアンヌプリには、この間、小学生の子どもたちと登ったよ」。

トレッキングだけでなく、ラフティングといった尻別川でのアクティビティも魅力的だ。

そして温泉も見逃せない。五色温泉など、素晴らしい温泉があり、ショウヤさんが自宅やそもざの場所を見つけたのは、五色温泉を訪れたときだという。

アイヌ語で神という意味のカムイの名がついた神威岬。女人禁制の門があり、そこから遊歩道「チャレンカの小道」で先端まで行ける

そして余裕があるなら足を延ばしたいのが積丹半島。積丹とはアイヌ語の「シャク・コタン(夏の村」からきている。ニセコとともに「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」に指定されているエリアで、ニセコエリアから車で2時間程度。

積丹半島に至れば、積丹ブルーと呼ばれる深く透明な藍色の海沿いを走る絶景ドライブルートが続く。神威岬、積丹岬といった絶景ポイントがあり、夏は高山植物も咲く。そして生ウニの旬でもある。

まさに名の由来の通り、夏の魅力にあふれたエリアだ。山海の自然、美味しいもの、夏の北海道を満喫しに訪れてみてはいかがだろう。

トレッキングだけじゃないニセコのアクティビティ

ラフティング&ダッキー
尻別川をラバーボートで下るラフティングやよりアクティブなゴム製カヤックのダッキー。

キャニオニング
ウェットスーツとライフジャケットをつけた身ひとつで渓流に身を任せ、滝壺にダイブしたりとエキサイティングな体験を。

シーカヤック
ニセコ積丹小樽海岸国定公園の海と奇岩の間をゆくシーカヤックもニセコからツアーが出ている。ガイド付きで初心者でもOK。

text : Discover Japan photo : Mizuaki Wakahara
2018年8月号 特集「あの憧れの楽園へ。」


≫前の記事を読む

《世界が憧れるニセコの夏遊び》
1|人気が高まるニセコエリアの夏の魅力
2|自然の中でインスピレーションを得る
3|夏ならではのアウトドア体験

≫世界が憧れる、原生林に佇む日本旅館「坐忘林」

≫北海道の記事一覧はこちら

北海道のオススメ記事

メールマガジン購読