TRAVEL

彦根の料亭旅館で近江の美味に舌鼓「料亭旅館やす井」

2019.10.22
<b>彦根の料亭旅館で近江の美味に舌鼓「料亭旅館やす井」</b>
認定近江牛がプレミアムコースのハイライト。ヒレステーキかローストビーフ、しゃぶしゃぶから選べる

琵琶湖の畔に建つ国宝・彦根城。そのすぐ近くに明治2年創業の「料亭旅館やす井」がある。“料亭旅館”だけあって近江の美味をふんだんに使った料理はピカイチ。食事だけでの利用も可能だが、料理の余韻を味わうためにもぜひ1泊したい。

彦根城城下にある料理旅館。すべての客室が庭園を望む落ち着きある和の宿だ

かつては、京都を筆頭に、多く存在した「料亭旅館」。次々と姿を消し、いまや貴重な存在となってきた。基本は料亭なのだが、宿泊することもできる。言ってみれば和風オーベルジュ。旅館と名が付いてはいるが、主体は料理。近隣の客は料理に舌鼓を打って、そのまま店を後にする。

しかしながら、料理の余韻をじっくりと味わうには、そのまま泊まるのが一番。近江・彦根の地にあって、明治2年創業という老舗「料亭旅館やす井」はその代表的存在。JR東海道本線の彦根駅のほど近く。立派な門構えと悠然たる暖簾が客を迎える。

庭園を望む客室「富貴の間」。12.5畳の本間、7.5畳の次の間、踏込からなる。檜風呂付き

彦根と言えば井伊家。その井伊家から「井」の一字を拝領したという、由緒正しき宿。客室の数は全部で9部屋という。宿としては小規模だが、それだけに細やかなもてなしを受けることができる。

案内されたのは「囲炉裏の間」。廊下の突き当たりにあって、その名のとおり囲炉裏が印象的な客室。本間が10畳、次の間が8畳、さらにツインベッドが置かれた8畳の洋間。いわば特別室だから、居心地が悪いはずがない。

大浴場は時間帯で男女入れ替え。写真は紫陽花の湯。地下300mからくみ上げた軟水を使用

部屋付きの檜風呂もいいが、露天風呂を備えた大浴場もあるので、まずはそちらで湯あみをし、夕餉に備える。

さて待ちかねた夕食。経験豊かな料理長が厳選した食材を、繊細な技で仕上げる。舌で味わい、目で愉しむ。さすが井伊家ゆかりの料亭だけあって、膳の上に品格が漂う。

雄大な琵琶湖のすぐ傍らに建つ宿ゆえ、湖魚の数々は新鮮さを保ち、その深い味わいに思わずうなってしまう。近江牛やキノコ、山菜と、里山の恵みも相まって、料亭旅館の名に恥じない料理が続く。優れた近江の名旅館。

料理旅館やす井
住所:滋賀県彦根市安清町13-26
Tel:0749-22-4670
Fax:0749-24-4141
E-mail:info@youtei-yasui.jp
客室数:9室
料金:1泊2食付2万7540円〜(税込)
カード:AMEX、DINERS、JCB、MASTER、VISA
IN:15:00 OUT:11:00
夕食:会席料理(部屋食) 朝食:和食(部屋食)
温泉:なし
風呂:男女別大浴場各2(6:00〜9:00、15:00〜24:00)、露天風呂1、部屋風呂6
アクセス:車/名神高速道路彦根ICから約10分 電車/JR彦根駅から宿送迎車で約3分
館内施設:宴会場、売店
Wi-Fi:あり
www.ryoutei-yasui.jp

文=柏井 壽
Discover Japan_TRAVEL「味わいの名宿」