FOOD

地域密着型ブルワリーが今注目!「ビールの最新トレンド2021」20選【中編】

2021.6.7
地域密着型ブルワリーが今注目!「ビールの最新トレンド2021」20選【中編】

ビールが美味しい季節がきた!テイクアウトできる店や造りたてが味わえるブルワリーの登場など、ビール業界はいま、さらに進化しています。サブスクなど多様なサービスも取り入れて、クラフトビールをもっと楽しもう!今回は、全国の魅力たっぷりなビール20種類を3つの記事でご紹介します。

≪前の記事を読む

厳選された地域密着型ブルワリー

6|美味しいピルスナーを飲むならここがおすすめ!
神奈川県・横浜市「横浜ベイブルーイング

ピルスナーの伝統的製法「トリプルデコクション」で黄金色に仕上げた。ザーツホップの爽やかなアロマとカラメルフレーバーで何杯も飲みたくなる味

世界一のピルスナー造りを目指して、2011年に横浜で創業。戸塚にある工場では、毎月第1土曜に開放日を設けていて、醸造設備を眺めながらフレッシュなビールが楽しめる。横浜で「JAPAN BREWERS CUP」というビールコンテストの開催や、ビアバーを掲載した横浜ビアマップを作成するなど、地元をクラフトビアシティとして盛り上げるべく活動している。

原材料|麦芽、ホップ(チェコ産ザーツ)
アルコール度数|5.0% IBU|35
スタイル|ボヘミアンピルスナー
価格|506円(330㎖)

横浜ベイブルーイング

所在地|神奈川県横浜市戸塚区上矢部町2006
設立年|2011年
スタッフ人数|13名(ブルワリー担当は4名)
Tel|045-443-9972
www.yokohamabaybrewing.jp

7|小菅村から世界に向けて発信し続けるブルワリー
山梨県・小菅村「ファーイーストブルーイング」

フルーティなエステル香と爽やかなホップの香りが楽しめる、ドライでシャープな飲み心地のセゾン。小菅村に流れる多摩川源流の水を使用して醸造

2011年創業の「ファーイーストブルーイング」は、’20年に本社を東京から自社醸造所がある山梨県小菅村に移すことを決断。本社が移転したことで、より地域とのつながりが強くなり、地元の農家や事業者と連携し、桃やブドウなど名産品を生かしたビールの開発・販売を通じて、山梨の魅力を発信する「山梨応援プロジェクト」も行っている。

原材料|大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ(シトラ)、小麦、糖類
アルコール度数|5.0% IBU|18
スタイル|セゾン
価格|418円(350㎖)

ファーイーストブルーイング
所在地|山梨県北都留郡小菅村4341-1
設立年|2011年
スタッフ人数|24名
Tel|050-3135-3926
https://faryeast.com

8|フルーツビールを造らせたら日本でトップクラス
神奈川県・厚木市「サンクトガーレン

湘南ゴールドの皮も果肉もまるごと使用。ビールの泡から鼻に抜けていく香りまで、柑橘の香りが弾ける

日本における小規模醸造が法律で許される前から、米国でビールの製造販売を行っていたパイオニア。地元のフルーツを美味しく醸造することに熱意を傾け、神奈川県が開発した柑橘「湘南ゴールド」を使ったビールは、日本のフルーツビールの代表作といえるだろう。

原材料|麦芽、ホップ(シトラ)、湘南ゴールド
アルコール度数|5.0% 
IBU|18
スタイル|フルーツビール
価格|506円(330㎖) ※期間限定商品

サンクトガーレン

所在地|神奈川県厚木市金田1137−1
設立年|2002年
スタッフ人数|5名
Tel|046-224-2317
www.sanktgallenbrewery.com

9|圧倒的存在感で海外にも名をとどろかせる
長野県・山ノ内町「志賀高原ビール(玉村本店)」

自家栽培の酒米・美山錦と信州早生ホップを使用。スッキリとした飲み口とアロマで癒される

アメリカのクラフトビールを基本スタイルとして、2004年に醸造開始。自家栽培ホップや酒米を使用するなど、地元の農作物にこだわり、「この地ならではの、自分たちが飲みたいビール」を目指している。「最良の食中酒」としてのビールを追求し、ペアリングも楽しめる。

原材料|麦芽、酒米(自家栽培美山錦)、ホップ(自家栽培信州早生など)
アルコール度数|6.5% IBU|35
スタイル|ジャパニーズセゾン
価格|389円(330㎖)

志賀高原ビール(玉村本店)
所在地|長野県下高井郡山ノ内町平穏1163

設立年|1805年(ビールの醸造開始は2004年)
スタッフ人数|20名
Tel|0269-33-2155
http://tamamura-honten.co.jp

10|美味しいサワービールと樽熟成ビールが楽しめる
長野県・野沢温泉村「アングロジャパニーズブルーイング」

廃棄となるパンを使用した、樽熟成のバーレイワイン。口当たりはまるで芳醇なナチュラルワイン

長野県野沢温泉村に惚れ込んだイギリス人と日本人の夫婦が2014年に創業。IPAなどの人気スタイルに加え、型にはまらないスタイルへの挑戦も続けている。サワービールや樽熟成ビールなどに焦点を当てたイベント「SSBB」を地元で開催し、全国からも注目を集めている。

原材料|モルト、ホップ(アメリカ産マグナム、ウィラメット)、パン
アルコール度数|9.0% IBU|16
スタイル|バレルエイジドバーレイワイン
価格|1078円(330㎖)

アングロジャパニーズブルーイング
所在地|長野県下高井郡野沢温泉村虫生345-1
設立年|2014年
スタッフ人数|6名
Tel|0269-67-0710
https://anglojapanesebeer.com

11|キャンプとビールが楽しめる、伊豆の贅沢空間
静岡県・伊豆市「ベアードブルーイング」

地元産のワサビと緑茶を使用。口に入れた瞬間にワサビの香りが漂い、アフターに緑茶風味が広がる

2000年に沼津市で、夫婦二人の極小ブルワリーからスタート。’14年にブルワリーと本社を伊豆へ移転し、農園型ブルワリーを始動。無農薬でホップや果物を栽培して、ビールの原料に使用している。キャンプ場も併設し、多くのキャンパー、ビールファンが集っている。

原材料|麦芽(3種)、大麦、生ホップ(ドイツ産6種)、糖類、酵母、緑茶、ワサビ
アルコール度数|6.0% IBU|45
スタイル|ジャパンペールエール
価格|500円(330㎖)

ベアードブルーイング
所在地|静岡県伊豆市大平1052−1

設立年|2000年
スタッフ人数|32名
Tel|0558-73-1199
https://bairdbeer.com

12|高い醸造技術で造られた美しいビール
愛知県・名古屋市「ワイマーケットブルーイング

愛知県南知多産のブラッドオレンジを使用したフルーツIPA。強い甘みと完熟した柑橘の風味が好相性

名古屋市で初のブルワリーとして2014年に醸造開始。名前の由来は、名古屋の台所として市民の食卓を支えている「柳橋中央市場」。地元で採れるフルーツなども使用しながら、常に新しいスタイルのビールに挑戦。’21年から愛知県・稲武地区にてホップの自家栽培も開始した。

原材料|麦芽、ブラッドオレンジ(モロ種)、ホップ(アメリカ産シムコー、チヌーク、センテニアル)
アルコール度数|6.0% IBU|56.35
スタイル|アメリカンフルーツインディアペールエール
価格|605円(370㎖) ※期間限定商品

ワイマーケットブルーイング
所在地|愛知県名古屋市中村区名駅4丁目17−6

設立年|2012年(醸造開始は2014年)
スタッフ人数|7名
Tel|052-571-1433
https://craftbeer.nagoya

≫次の記事を読む

text: Ryo Kawano photo: Kazuya Hayashi
Discover Japan 2021年6月号「ビールとアウトドア」


≫VERTERE<バテレ>奥多摩で、ビールと森林浴と!

≫コエドから東北6県ごとに特別醸造した、祭復活を祈念するクラフトビール「祭エール -Matsuri Ale-」が発売!

≫ソーメン二郎さんの私的そうめん四天王!究極のそうめんを探せ!

RECOMMEND

READ MORE