HOTEL

四季折々で異なる旬の食材が味わえる宿へ
旬の味を愉しむ

2020.11.12
四季折々で異なる旬の食材が味わえる宿へ<br>旬の味を愉しむ

日本各地には、季節、時期によって旬を迎える食材がたくさん。その地方の名物ともいえる食材を、最高の状態でおもてなししてくれる旅館やホテルをご紹介。

前田家、魯山人……
1300年愛される温泉とカニ尽くし
あらや滔々庵/石川県・加賀市

加賀大聖寺藩前田家御用達で北大路魯山人も何度も滞在した宿。歴代藩主や魯山人を虜にした山代の湯は肌当たりしっとり。まさに滔々と。照明を落とした「烏湯」では瞑想感覚が味わえます。そして冬の愉しみなのがズワイガニ、香箱ガニをあの手この手で味わうカニざんまい。甲羅酒は忘れられません……。本当に贅沢なごほうび宿です。

あらや滔々庵
住所|石川県加賀市山代温泉18-119
TEL|0761-77-0010
料金|1泊2食付3万4000円〜(税別・サ込)
室数|17室(うち半露天風呂付き和洋室10室)
施設|大浴場、バー、茶室ギャラリー、食事処、売店
温泉|あり

《こちらの記事も合わせてご覧ください》
魯山人も愛した悠久の時を感じさせる加賀の名湯宿「あらや滔々庵」

目の前で炭火で焼き上げられる
活きアユの滋味を堪能
和田屋/石川県・白山市

春の稚アユから秋の落ちアユまで、季節を感じさせてくれる日本が誇る食材アユ。そんなアユで忘れられない宿といえばここ。囲炉裏が部屋にしつらえられ、目の前で料理長が焼いてくれます。手取川周辺で捕られた活きアユは、一日生簀で砂を吐かせてから、丁寧に焼かれます。焼きたてにかぶりつけばほくほくしっとり、草のような青さと内臓の甘苦さが染み入る旨さ!

和田屋
住所|石川県白山市三宮町イ55-2
TEL|076-272-0570(受付時間9:00〜21:00)
料金|1泊2食付3万813円、3万4608円、4万933円(税・サ込)
室数|6室
施設|大浴場、リラクゼーションルーム、ライブラリー
温泉|あり
https://www.tsurugi-wataya.co.jp/

《こちらの記事も合わせてご覧ください》
落ち鮎を求めて鮎自慢の宿へ「和田屋」

天然トラフグの美味しさと底力にしびれる
角上楼/愛知県・田原市

フグ料理といえば薄造りとかフグちり? と思っていましたが、すみません。この宿でフグの奥深さを知りました。むっちりと旨みを含んだ薄造りに悩殺され、炭で軽く焼いたフグの白子を、さっと炙ったフグで包んで食べる“ふぐかさね”(別注1万円)は衝撃の美味しさ。そしてカラス酒、干したフグのクチバシを焼いて熱燗に投入。く〜、たまりません。

角上楼
住所|愛知県田原市福江町下地38
TEL|0531-32-1155
料金|1泊2食付2万3000円〜3万5000円(税・サ別)※フグのコースは+1万円
室数|角上楼5室、翠上楼3室、雲上楼2室
施設|ラウンジ、食事処
https://www.kakujoro.com/

《こちらの記事も合わせてご覧ください》
知られざるフグの名産地、渥美半島の名宿でフグ三昧「角上楼」

丹後で堪能
めくるめく松葉ガニの競演
茶六別館/京都府・宮津市

日本海に面する京都府宮津市にある日本旅館。昭和初期の木造建築で、昔ながらの風情ある佇まいが魅力です。この宿の冬の魅力といえば松葉ガニ尽くし。造りにはじまり、ゆでたカニ、カニ味噌、目の前で炭火で焼いてくれる焼きガニ……。甲羅の味噌焼きもたまらない。とどめはカニすきの後の雑炊だ。松葉ガニを味わえるのは解禁の11月7日から3月20日頃までです。

茶六別館
住所|京都府宮津市島崎2039-4
TEL|0772-22-2177
料金|1泊2食付2万円〜6万円(税別)
室数|
11室
施設|大浴場、食事処、宴会場、売店
温泉|あり
http://www.charoku.com/

《こちらの記事も合わせてご覧ください》
“海の京都”で極上の松葉ガニを心ゆくまで堪能できる宿「茶六 別館」

四季を通じて楽しめる創作フレンチに脱帽
オーベルジュあかだま/長崎県・西海市

長崎は大島にあるオーベルジュで、なかなかマニアックな立地も実はお気に入り理由のひとつ。といってもやはり最大の魅力はオーナーがつくる大島周辺で捕れた新鮮な魚介と地元野菜を使った創作フレンチです。森に囲まれているので、昼は木漏れ日が美しく、ゆっくり過ごすのにはぴったりの場所ですね。

オーベルジュあかだま
住所|
長崎県西海市大島町1383-4
TEL|0959-34-2003
料金|1泊2食付2万円〜(税別)
室数|4室
施設|レストラン、ライブラリー
http://auberge-akadama.com/

《こちらの記事も合わせてご覧ください》
五島の海の幸を存分に味わえる、ツウをうならせる美食の小宿「オーベルジュあかだま」

text: Discover Japan photo:Atsushi Yamahira, Ko Miyaji
Discover Japan 2020年10月号 増刊2020-2021「ニッポンの一流ホテル&名旅館」


≫歴史160年以上の国登録有形文化財、鮎尽くしを愉しめる飛騨古川の老舗宿「八ツ三館」

≫日本一の湖の絶景と近江牛尽くしを愉しむ 滋賀「旅館 紅鮎」

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読