FOOD

2つの地中海に挟まれた大地と太陽の恵み
「サン・マルツァーノ」と和食のマリアージュ

2020.9.20
2つの地中海に挟まれた大地と太陽の恵み<br>「サン・マルツァーノ」と和食のマリアージュ

「サン・マルツァーノ」は、イタリアの”かかと”の部分、アドリア海とイオニア海の2つの地中海に挟まれたプーリア州に位置し、大地と太陽の恵みを受け、完熟ブドウからは鮮な果実味があふれ、パッケージのデザインなどが世界的に評価されている。日本でも絶大な人気を誇るワイナリーだ。

イタリアンやフレンチだけではなく和食との相性も抜群な「サン・マルツァーノ」。その魅力を「サン・マルツァーノ」に訪問し、プーリア州の五ツ星ホテルで和食のイベントを開催した料理人の中村孝明の料理とともに紹介します。

中村孝明(なかむら・こうめい)
1978年、株式会社灘萬に入社。なだ万時代には、ホテルニューオータニやシンガポールのシャングリラホテルの調理長をはじめ、調理本部部長、理事も歴任。1996年、“和の鉄人”として人気料理番組に出演し、独創的な料理の数々を披露。その後、株式会社灘萬を退社後、1999年に独立。国内に3店舗を展開。現在に至る。

太陽・風・大地の恩恵を受ける、温暖な気候

ギリシア、トルコ、アラブ、アルバニアなど様々な人種が交ざり、独特の文化を生み出してきたプーリア州は、その美しい景観も相まって、観光スポットとしても高い人気を誇る。

太陽・風・大地の恩恵をタップリと受ける、イタリア最大の農業地帯でもあり、トマトや小麦、オリーブオイルなどイタリアでは欠かせない食材の宝庫でもある。その温暖な気候から、果実味たっぷりの完熟したワインがつくられており、近年では技術革新が目覚ましい地域として高品質なワインが数多く生産されている。

プーリア州ならではの土壌

サン・マルツァーノの畑はプーリア州の南側に位置している。土壌は赤土で石灰質も豊富。土は深さが約50cm程度しかなく、その下はすぐ 石灰石というブドウの生育に適した土壌。気候は温暖ながら海にも程近いため、朝夕には畑が潮風で冷やされ、綺麗な酸味が保たれる為、素晴らしいワインが作られている。

新樽100%の芳醇な香りと引き締まったドライな味わい
EDDA(エッダ)

華やかな白い花のアロマと、完熟したリンゴの香りが複雑に混じりあう。オーク樽熟成に由来する香ばしさと果実味が官能的な味わいを生み出して滑らかでゆったりとしていてその中に細かい酸があるのが特徴。

エッダの滑らかな飲み口に合わせて、ふわりとした柔らかな食感にこだわって、蟹、蓬、蛤の3種を清汁と合わせて頂くと味わいが一体となり格別な一品に。二品目は、エッダはコクがあって旨味があるので、燻製、炙りは樽で熟成した白ワインを意識し、細魚昆布〆、もろ味噌は厨房でエッダを試飲しながら、それに合う旨みを引き出すように調理。

EDDA(エッダ)
ブドウ品種|シャルドネ主体、モスカート、フィアーノ・ミニュトーロ
生産エリア|プーリア州サレント地方サン・マルツァーノ 標高約100m
土壌|やせた細粒質土壌
仕立て|ギュイヨ
熟成|仏産、コーカサス産225Lのオーク樽(バリック)にて澱とともに
飲み頃温度|約12-14°C

2つの海が育むミネラル豊かな抜群の飲み心地
TRAMARI(トラマーリ)

美しく輝きのあるピンクの色調。チェリーやラズベリーのようなフレッシュなアロマ、心地よい酸と瑞々しい果実味が特徴の美しいロゼワインです。

プーリア州は海に近いことから「トラマーリ」の後味は海の雰囲気を感じる。食材も海のものと相性がいいので活きた伊勢海老をポワレし、チーズ味噌をかけた一品と、二品目は脂ののった金目鯛を味噌漬けにして焼き上げる。

TRAMARI(トラマーリ)
ブドウ品種|プリミティーヴォ100%
生産エリア|プーリア州サレント地方サン・マルツァーノ。 標高約100m
土壌|-
仕立て|-
熟成|ステンレス・タンク
飲み頃温度|約14°C

存在感のある果実味が優勢
SESSANTANNI(セッサンタアンニ)

ブラックチェリーやプルーンなどのアロマにタバコやスパイスのニュアンスが混ざり合う、複雑で広がりのある香り。バニラやチョコレートやコーヒーのような甘やかな余韻が続く。

SESSANTANNI(セッサンタアンニ)
ブドウ品種|プリミティーヴォ100%
生産エリア|プーリア 州サレント地方サン・マルツァーノとサーヴァ地域の中で古木が 残る畑
土壌|鉄分を多く含む赤土、細かい小石の混ざった 石灰質土壌
仕立て|アルベレッロ
熟成|仏産、米産産 225Lのオーク樽(バリック)
飲み頃温度|約18°C

滑らかな口当たりとブドウの豊かな風味
TALÒ Primitivo(タロ プリミティーヴォ)

鮮やかな赤紫色。ブラックベリーやプルーンなどの黒果実系のアロマに、カカオやバニラのアクセント、ビロードの様な滑らかな口当たりが特徴。余韻にはほんのりと甘味を感じる。

TALÒ Primitivo(タロ プリミティーヴォ)
ブドウ品種|プリミティーヴォ100%
生産エリア|プーリア州サレント地方サン・マルツァーノ。 標高約100m
土壌|小石の混ざる粘土質土壌
仕立て|垣根仕立て
熟成|仏産、米産225Lのオーク樽(バリック)
飲み頃温度|約16-18°C

果実の華やかさたっぷり
TALÒ Fiano(タロ フィアーノ)

洋ナシやリンゴタルトといった爽やかさの中に香ばしさのあるアロマ。心地よく伸びる果実味と潮風を想わせる程良いミネラル感が素晴らしい白ワイン。

TALÒ Fiano(タロ フィアーノ)
ブドウ品種|フィアーノ100%
生産エリア|プーリア州 サレント地方ターラント北部
土壌|小石の混ざる粘土質土壌
仕立て|ギュイヨ
熟成|ステンレス・タンク
飲み頃温度|約12-14°C

樽の産地にまで徹底してこだわった圧巻のフルボディ
COLLEZIONE CINQUANTA(チンクアンタ)

ワイナリー50周年を記念して造られ始めた特別なワイン。濃い赤紫色、ブラックベリーやプルーンの様な果実味、スパイス、バニラや甘草などのアクセント。滑らかで長い余韻が楽しめる。

COLLEZIONE CINQUANTA(チンクアンタ)
ブドウ品種|プリミティーヴォ50%、ネグロアマーロ50%
生産エリア|プーリア州サレント地方サン・マルツァーノ。 標高約100m
土壌|小石の混ざる粘土質土壌
仕立て|アルベレッロ
熟成|ステンレス・タンクにてMLF、 仏産225Lのオーク樽(バリック)
飲み頃温度|約18°C

和食との相性がぴったりな「サン・マルツァーノ」でワインのある食卓を楽しんでみてはいかがでしょうか。

SAN MARZANO(サン・マルツァーノ)
www.sanmarzanowines.com/ja/

MOTTOX(モトックス)
https://mot-wine.mottox.co.jp


≫山梨が誇るワインと食の魅力を堪能できる「Cave de ワイン県やまなし」

≫スタンダードな魅力あふれるガラス「木下 宝」

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読