HOTEL

マイナスイオンたっぷりの
滞在を楽しみたいなら
山のリゾート

2020.11.14
マイナスイオンたっぷりの<br>滞在を楽しみたいなら<br>山のリゾート

日本の山岳地帯には、歴史深い由緒正しきリゾートホテルが集まっています。大自然の中という立地も相まって、心に残った思い出と併せて紹介します。

ミシュランにも掲載された
まさに北海道を代表するホテル
北海道ホテル/北海道・帯広市

帯広駅から車で5分とは思えない、緑豊かな立地にあるクラシックホテル。ここの温泉は、世界でも珍しい「モール温泉」と呼ばれる泉質で、地中に埋もれた植物が、黒炭に変化する過程で有機物が溶けて湧き出た、肌がすべすべになる植物性温泉。あと特筆すべきは、庭を見渡しながら食事が楽しめる「バード・ウォッチ・カフェ」。ふわふわ卵のオムレツに、十勝産100%の小麦でつくった自家製パンの朝食が本当に美味しいです。

北海道ホテル
住所|北海道帯広市西7条南19-1
TEL|0155-21-0003
料金|1泊2食付2万2500円〜(税・サ込)
室数|117室
施設|レストラン、スパ、ショップ
温泉|あり
https://www.hokkaidohotel.co.jp/

誰もが永遠に憧れている
ザ・クラシックホテル
上高地帝国ホテル/長野県・松本市

日本初の本格的な山岳リゾートホテルとして誕生した、歴史深いホテルです。上高地の大自然の中に、ひっそりと佇む赤い屋根の建物。「アルペンローゼ」という赤チェックのランチョンマットが印象的なレストランがあるのですが、そこで小さい頃に食べた山菜ピラフがいまでも忘れられなくて。そして大人になって取材で訪れたら、何ひとつ変わっていない風貌に感動しました。

上高地帝国ホテル
住所|長野県松本市安曇上高地
TEL|0263-9
5-2001、03-3592-8001(東京事務所・冬期連絡所)
料金|ツイン1泊1室1万6500円〜(税込・サ別)
室数|74室
施設|ラウンジ、レストラン、バー、ギフトショップ ※営業日とレストランについてはHPをご確認ください
https://www.imperialhotel.co.jp/j/kamikochi/

text: Discover Japan
Discover Japan 2020年10月号 増刊2020-2021「ニッポンの一流ホテル&名旅館」


≫アート・建築好き必見!那須のリゾート『アートビオトープ那須』グランドオープン

≫原風景の一部になれる、村全体でもてなすホテル『NIPPONIA 小菅源流の村』

≫知られざる京都にひそやかに息づくリゾート アマン京都

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読