HOTEL

築90年の邸宅の歴史を生かしたホテル
『MAYA』

2020.10.1
築90年の邸宅の歴史を生かしたホテル<br>『MAYA』

都内近郊の一棟貸しができる宿が人気を集めている。今回は、離れの浴室で時間を忘れる別荘ステイが楽しめるホテル「MAYA」を御紹介。JR鎌倉駅から徒歩約15分のところに位置した「MAYA」は、鎌倉時代の港町として栄えた材木座にある。歴史とモダンさが重なるこの町で、緑の庭に囲まれた平屋を最大10人で一棟貸しで借り切れ、鎌倉野菜や朝捕れの魚介など食材が豊かな鎌倉だからこそ、あれこれ調達して調理する楽しみも味わえる。

深く眠り、朝日で目覚める、日本の寝室

二つの和室をそれぞれ寝室として用意。二家族での利用でも、それぞれのプライベートを守ることができる。土、草、木、紙といった、自然の素材でできた、日本の和室で、秋にはスズムシの声を聴きながら、ぐっすりと眠りにつける。朝は、障子の戸を通った柔らかな朝日が、目覚ましの替わりになるのは、和室ならでは。

仲間と一緒に作る世界にひとつの「食事」を。

機能的で大きなキッチンカウンター。料理が好きにはたまらない60種類以上の多彩な調理を叶える調理器具と豊富なキッチンツールで、自慢の腕を振るい、10人掛けのテーブルいっぱいに料理を並べるのもいいもの。鎌倉野菜、地物の海産物、老舗の肉屋など、新鮮な食材が充実している鎌倉だからこそ、いつもより大胆に、少し手の込んだ料理を時間をかけて楽しむのもおすすめだ。例えば、新鮮な魚介をふんだんに使ったブイヤベースなんてのもいいかもしれない。

一流の料理人の作る料理を楽しむことはもちろん素晴らしい体験だが、家族や、気の置けない仲間と作る食事は、作る時間も、食べる時間も、また違った楽しくて素晴らしい体験になる。大切な人たちと作り上げた料理は、世界中どこのレストランでも注文することができない。そんなことを再認識させてくれるのは別荘ステイが味わえる一棟貸しならではだ。

何度でも...離れのバスルームへ

MAYAの特徴でもある古さと新しさを融合したユニークなバスルーム。いうなれば「風呂小屋」は、茶室のように、庭を隔てた「はなれ」で切り離されており、24時間いつでもあたたかいお風呂を利用できる。ゆったりとした総タイル張りの浴槽で、庭の景色で目を涼ませながら、ひとりで、家族一緒に、日常の慌ただしさを忘れ、心ゆくまで寛ぐことができる。

葉の一つ一つまで手入れが行き届いた洗練された広々とした芝生の庭では、ヨガをしたり、バーベキューをしたり、犬を思いっきり走らせることもできる。庭の木々は季節ごとに変化して、部屋の窓の風景を彩る。

滞在中はまるでこの町に暮らしているかのような気分に。近くの市場で野菜やお魚、パンを買って来て、森のような豊かな空間でまったりとした時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

MAYA
住所|神奈川県鎌倉市材木座3-17-29
TEL|0467-33-5639
料金|1泊16万5000円〜
利用人数|2人〜最大10人まで利用可
部屋数|1室
IN|10:00
OUT|16:00
アクセス|電車/JR鎌倉駅から徒歩約15分
mayakamakura.jp


≫フランク・ロイド・ライトの高弟が手掛けた名建築で一棟貸しの別荘ステイ

≫ホテルに関する記事一覧はこちら

神奈川のオススメ記事

関東エリアのオススメ記事

メールマガジン購読