TRAVEL

温泉の本質を知り「界のうるはし現代湯治」を体感してみる

2018.8.8 PR
温泉の本質を知り「界のうるはし現代湯治」を体感してみる

星野リゾートの界ブランドで体験できる「うるはし現代湯治」は、湯治文化を継承し、現代のライフスタイルに合わせた提案をしている。ここでは、1泊2日の滞在を通じ、明日への活力を取り戻せるスケジュールの一例を紹介しよう。

1日目/15:00  チェックイン後、部屋でひと休み

毎年5月に「クラフトフェアまつもと」が開催されるなど、松本市はものづくりの街としての一面をもつ。そんなクラフト文化と音楽が融合したのがご当地部屋「オーディオクラフトルーム」だ。楽器モチーフの木製オブジェやオリジナルの椅子に彩られ、露天風呂やテラス、庭を備えたゆとりある客室となっている。

15:30/ 温泉で8種の風呂を満喫!

内風呂や露天風呂に加え、檜おがくず風呂、ラディアントバスなど、8 種13 通りの多彩な湯浴みが楽しめる。「貴天」と「祥雲」は時間帯で男女入れ替え制。スタッフに入浴指南を受けるアクティビティも毎日開催(女性限定・2名まで、15:30 ~/当日予約)。

16:30/湯上がり処でひと休み

「貴天」と「祥雲」それぞれに、中庭を望む湯上がり処が設置されている。ビタミン補給に最適なかりんエキスを3倍に薄めたドリンクやマッサージチェア、スキンケアコスメが備えられているため、入浴後はきちんと保湿をし、水分補給をしながら身体を休めるべし。

17:30/地元の食材を会席料理でいただく

四季折々の素材をふんだんに使用した「季節の会席」。台の物はソムリエの資格をもつ星野リゾートの総料理長が考案した「赤ワインしゃぶしゃぶ」だ。出汁は牛スジの旨みと煮立てた信州ワインを合わせたもの。先付けから甘味まで、目で見ても美しく、味わいのバランスよく構成されている。

20:00/温泉でゆっくり入浴法を楽しむ

湯殿にある用紙「界 松本の入浴指南」では独自の湯浴み方法を紹介。鼻から4拍で吸って口から8拍で吐ききる深呼吸、こまめな水分補給、20 分以内の入浴が温泉を楽しむ3カ条とのこと。客室に置かれている「界のうるはし 現代湯治 ガイドブック」も読んで、再び温泉を満喫しよう。

21:15/ロビーコンサートで良音に酔う

雲母刷りという伝統技法を取り入れた吹き抜けのエントランスロビーでは、地元の演奏家を招いたコンサートを毎日開催。「音がドーム内で反響する素晴らしい環境です」と演奏家は口を揃える。ギターやピアノ、フルートなど楽器はさまざまで、ジャズやクラシックの演奏が中心。

22:00/マッサージで深いリラックス

高い技術レベルのあん摩マッサージ指圧師が常駐しており、温泉で血行がよくなった身体をほぐしてくれる。就寝前にはより深いリラックス効果が、夕食前には消化の助けにもなる。

2日目の目覚めはいつもと違う!?

6:00/起床後部屋でのんびり
6:30/温泉へ
7:30/朝食
12:00/チェックアウト

翌朝の目覚めは驚くほど快適であった。気軽な「現代湯治」は、忙しく日々を過ごす現代人にとっての特効薬なのかもしれない。

Data
星野リゾート 界 松本
住所:長野県松本市浅間温泉1-31-1
Tel:0570-073-011(界予約センター、9:00~20:00)
客室数:26室
料金:1泊2食付4万9724円~(2名1室2名分、消費税・入湯税別)
カード:AMEX、DINERS、JCB、MASTER、VISAなど
チェックイン:15:00 チェックアウト:12:00
夕食:会席料理 朝食:和食
アクセス:車/長野自動車道松本ICから約30分
電車/ JR松本駅からタクシーで約15分
インターネット:無線LAN 施設:ショップ
https://kai-ryokan.jp/matsumoto