MAGAZINE 最新号&バックナンバー

MAGAZINE
最新号&バックナンバー

最新号

2019年3月号 Vol.89

特集:
暮しは仕事 仕事は暮し

Discover Japan 2019年3月号 Vol.89

980円(税込)/2019.2.6発売

今月号は、新しい働き方を考える特集です。移住、多拠点、複業、ワークライフバランスなど、最近、働き方にまつわるさまざまな言葉を耳にする機会が増えてきました。クラウドファンディングなど新しい仕組みも登場し、可能性や選択肢もぐっと広がっています。そうした背景の中で新しく生まれた仕事をひも解くと、人々の、実に多彩な働き方と暮らし方が見えてきました。仕事とは、働くとは―― 生き方そのものです。 民藝運動家・河井寛次郎は70年前に「暮しが仕事 仕事が暮し」という言葉を残しています。実はこの言葉に、これからの働き方のヒントが隠れていました。たび重なる未曽有の天災、元号変更TOKYO 2020 ……日本は大きな転換期を迎えようとしています。この時代を、あなたはどう生きたいですか?

新時代のまちづくり 理想のケースは徳島県神山でした。

徳島県の山奥に、全国からクリエイターが集い、“最先端過疎地域”、“創造的過疎地域”と称される町があります。なぜ、人々は神山を目指すのか? 神山の現在、過去、そして未来を見つめると、そこには、まちづくりのヒントが詰まっていました。仕掛け人が語る成功のメソッドも収録しています。ぜひ、ご注目ください!

新時代のまちづくり 理想のケースは徳島県神山でした。
未来の日本を変える五人の生き方

未来の日本を変える五人の生き方

多様な働き方、暮らし方が生まれています。時代の転換期のいま、そして未来を、あなたはどう生きたいですか? ここで紹介する5人の生き方には、ヒントと可能性が詰まっています。登場いただくのは、「ホームレスに転身した、元・お笑い芸人」、「廃材で新世界を創造する夫婦」、「お寺の課題を貧困解決に転換した僧侶」、「サステイナブルな世界をつくる編集者」、「ファッションに逆行した服をつくるデザイナー」。彼らの生き方を、表紙を飾った河井寛次郎の言葉になぞらえて書にしてもらいました。

新しい社会を創造する職業図鑑

既存の産業で新しくチャレンジする人、新領域を創出する人、あるいは自らの関心を追求しそれが職業になった人。社会の流れをつぶさにとらえ自らの職をアップデートし続ける18組が登場します。

新しい社会を創造する職業図鑑
地域ブランドは人がつくる。

地域ブランドは人がつくる。

テクノロジーの発達が進み、都市と田舎の関係が縮まったいま、人々が活躍できるエリアもそれに伴って広がりました。未来が楽しみなエリアを紹介します。

河井寛次郎の言葉と生き方

「暮しが仕事 仕事が暮し」。これは、約70年前に民藝運動家としても活躍した陶工・河井寛次郎が残した言葉です。彼は生きていく上で多くの言葉や文章を残しました。表紙にもなったこの言葉をエンドロールにかえて、ページをめくるたび、皆さまの人生に一筋の光が差し込むような、そんなストーリーをまとめました。

河井寛次郎の言葉と生き方
初公開! スタジオ・ムンバイが尾道に手掛けた 新時代を予感する空間

初公開! スタジオ・ムンバイが
尾道に手掛けた
新時代を予感する空間

地域ブランドとしても注目の地域・広島県尾道に、ホテル、カフェ、ギャラリー……などを有するひとつの複合施設「LOG」がオープンしました。手掛けたのは、世界的に注目されるインドの建築集団「スタジオ・ムンバイ」。日本とインドの職人たちと協同し、昭和38年に建てられたアパートメントを、人々が集う新しい空間に生まれ変わらせました。「尾道の山の手にあかりを灯す」多目的空間の全貌を一挙公開します。

『Discover Japan』半額キャンペーン!

BACK NUMBER

バックナンバー

2019年

Discover Japan 2019年2月号 Vol.88

2019年2月号 Vol.88

特集:
この冬、心ほどける温泉へ