FOOD

これでグッと美味くなる! 自宅でできる正しいビールの注ぎ方

2015.6.12
  • タグ:

“美味しいビール”の秘訣は「注ぎ方」にありました。

「とりあえず」というひとこと目の後には必ずこの飲み物の名前が続き、宴が始まる。ビールはそれほどまでにこの国で圧倒的な人気を誇る、アルコール飲料の代表格だ。今日もどこかの席で、ビールが瓶から、缶から注がれている。

……でもちょっと待った、その注ぎ方、本当に合ってますか?

ビールは非常に繊細な飲み物。注ぎ方ひとつでその味わいはガラリと変わってしまう。

自宅で飲む缶ビールも、注ぎ方ひとつで格上げできる。飲食店にあるサーバーがなくても、これから紹介する基本セオリーをマスターすれば家飲みビールも別格の味わいに変わるのだ。今晩はいつもより味わい深い一杯を注いでみよう。

感激必至! 「三度注ぎ」

炭酸をある程度抜いて、香りとモルトの味わいを楽しむのが三度注ぎ。コツは、最初につくった泡を壊さず、香りを立てつつも炭酸を逃しすぎないこと。

【1】立てたグラスにまっすぐビールを注ぎ、グラスの縁まで泡が立ったら、いったん注ぐのをやめる。

【2】泡とビールが1:1になったら、さらにビールを注ぐ。泡がグラスの縁まで上がったら中断。

【3】泡とビールが1:2になるまで待ってから、泡を壊さないようにゆっくり注ぐ。泡とビールの比率は3:7。

“スッキリ”がお好きなら 「一度注ぎ」

ビールは注ぎ方次第で味が変わると言ったが、「ビールはのど越し!」という人には、一度注ぎをオススメする。泡を立てつつも炭酸はしっかり残し、のど越しのキレのよさを味わうのが一度注ぎ。スッキリとしたのど越しが楽しめるので、夏場にぐいっとやりたい時にピッタリだ。

【1】立てたグラスにまっすぐビールを注ぎ、グラスの1/4くらいまで泡を立てる。

【2】次にグラスを傾けて、泡を持ち上げるように、グラスの側面に注ぐ。

【3】注ぎながら、泡を壊さないように、徐々にグラスを立てていく。

【4】最後はグラスを立てて完了。泡とビールの比率が3:7になっていれば完璧。

 

ちなみにグラス選びも重要なポイント。脂分など付いていない綺麗なグラスに注ぎ、洗うスポンジは食器を洗うものと別に用意しよう。

マスターすれば、缶ビールでも感動するくらいに泡を立てることができる。ぜひとも夏までに間に合わせて、最高のビールが飲める喜びを味わいたい。