TRAVEL

風景写真家 山梨勝弘が撮影する絶景
今年こそ見たい日本の紅葉ベスト5|東日本編

2020.9.27
風景写真家 山梨勝弘が撮影する絶景<br><small>今年こそ見たい日本の紅葉ベスト5|東日本編</small>

東西に細長く、高度の大小が豊かな日本列島。時期をたがえて、各地で紅葉の見頃を迎えます。各分野で活躍する写真家が撮影した、鮮やかな紅葉の風景を4回にわたり紹介する《今年こそ見たい日本の紅葉ベスト5》。初回は、風景写真家・山梨勝弘さんが撮影した東日本の絶景です。

写真家
山梨 勝弘(やまなし・かつひろ)

絵葉書出版社にて4年間、観光地を撮影。その後、経験を生かしてキャンピングカーで全国を行脚、自然風景を撮り続ける。撮影の合間に浸かる湯、旅先で出合う旨い酒と肴を愛する

朝に訪ねたい幻想的なドライブウェイ
磐梯吾妻レークライン

2020年の紅葉の見頃は10月中旬~10月下旬。この時期には、雲海も姿を現し、一帯が幻想的な雰囲気に包まれる。

「ぜひ早朝に訪れてください。雲海に朝陽が差し込むさまは本当に美しい。途中の中津川渓谷に架かる橋から見下ろす風景も捨て難いです。ここでは、紅葉の美しさだけではなく、渓谷美も堪能できます」

そして、合わせて訪ねたいのが、展望台「三湖パラダイス」。桧原湖、小野川湖、秋元湖の3つの湖を同時に望めるというなんとも贅沢な場所だ。五色沼自然探勝路もおすすめ。片道40分ほどの道程では、色鮮やかな湖に出合える。

磐梯吾妻レークライン
住所|福島県北塩原村
アクセス|磐越自動車道猪苗代磐梯高原ICから車で約30分

繊細なカラマツが水面に映る
大正池と穂高連峰

日本を代表する山岳観光地。写真は大正池に映る穂高連峰と焼岳。大正池ほとりに群生するカラマツの色彩には、言葉では表現しきれないような繊細さがある。

「あえて言うなら、赤みがかった橙色」。「大正池のほとりはぜひ散策してほしい。立ち枯れたカラマツが点在していて、それが実に幻想的なのです」

そして、大正池から徒歩で10分足らずで田代池にたどり着く。と同時に、雄大な穂高岳が姿を現す。さらにその先に流れる梓川沿いには、「中の湯 温泉旅館」、「坂巻温泉旅館」が。いずれも日帰りできる露天温泉なので立ち寄りたい。

見頃|2020年10月中旬~2020年11上旬

大正池と穂高連峰
住所|長野県松本市安曇
アクセス|上高地バスターミナルから徒歩約1時間

多様な紅葉のコントラスト
乗鞍

主峰の剣ケ峰、朝日岳、摩利支天岳などからなる乗鞍岳。シャトルバス(10/31まで運行)を利用して乗鞍の山頂の畳平まで行くことが可能だ。道程にある位ヶ原山荘から少し上へと登ると、美しい眺望が眼前に広がる。

「真っ赤に染まるナナカマド、ダケカンバの黄色、ハイマツの緑……。それら色彩のコントラストは感動的です」

高原地帯にも見どころは満載。中でも、周囲に群生するカエデが真っ赤に色づく頃の牛溜池は神秘的。乳白色の湯と、乗鞍岳の絶景を楽しめる露天温泉「乗鞍高原 湯けむり館」もおすすめだ。

見頃|2020年9月下旬〜2020年10月上旬

乗鞍
住所|長野県松本市安曇
アクセス|長野自動車道松本ICから約1時間、乗鞍の観光センターから乗鞍山頂までシャトルバス(~10月31日)

登山ビギナーでも楽しめる渓谷の紅葉
西沢渓谷・竜神の滝

秩父多摩甲斐国立公園きっての渓谷美を誇るのが西沢渓谷。写真の竜神の滝からさらに歩を進めると、七ツ釜五段の滝が姿を現す。西沢渓谷入り口から徒歩2時間ほどの道程だ。

「少し遠く感じるかもしれませんが、途中にも絶景が多いため、あっという間ですよ。七ツ釜五段の滝まではぜひ足を延ばしてほしいです」

途中の二俣吊り橋から上流を眺めると、堰を流れ落ちる水の白いカーテンが。その先には紅葉に彩られた鵜冠山の岩壁が望める。旅の最後には、道の駅「みとみ」、「みとみ笛吹の湯」も訪ねてみてほしい。

見頃|202010月中旬〜2020年11月上旬

西沢渓谷・竜神の滝
住所|山梨県山梨市
アクセス|中央自動車道勝沼ICから車で約1時間

橋の上から見下ろす絶景ポイント
小安峡




皆瀬川に位置するV字渓谷。写真は、小安峡に架かる河原湯橋上から下流方向を写したもの。上流側には、岩間から轟音を上げて湯が吹き上がる大噴湯があり、そのさまは実に豪快。さらに上流へ向かうと、秋田と岩手との県境にある須川温泉にたどり着く。

「途中、非常に趣のある湯治場や秘湯が数多く点在します。中でも、日本三大霊地のひとつで、硫黄の臭いが立ち込める、川原毛地獄は訪ねておきたい場所のひとつです」

ほかに、小安峡温泉にある「多郎兵衛旅館」の露天風呂も外せないスポットだ。

見頃|2020年10月中旬~2020年11月上旬

小安峡
住所|秋田県湯沢市
アクセス|湯沢横手道路須川ICから車で約35分

text=Keiko Kusuda photo=Katsuhiro Yamanashi
2017年11月号「この秋、船旅?列車旅?」


≫次の記事を読む

《今年こそ見たい日本の紅葉ベスト5》
1|風景写真家 山梨勝弘が撮影する絶景|東日本編
2|風景写真家 山梨勝弘が撮影する絶景|西日本編
3|京都写真家 水野克比古が撮影する京都の絶景
4|温泉カメラマン 杉本圭さんの絶景温泉

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読