TRAVEL

“走る家”で旅をもっと自由に。
キャンピングカーの魅力、徹底解剖!

2019.8.22
<b>“走る家”で旅をもっと自由に。</b><br>キャンピングカーの魅力、徹底解剖!

「車内に生活設備を備えたキャンピングカーは、まさに“走る家”です」。と語るのは、打ち合わせからその熱き思いを教えてくれた、キャンピングカーの達人・岩田さん。全2回の《キャンピングカーの魅力、徹底解剖!》前編は、いま話題のキャンピングカーについて解説してもらいました!

キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター
岩田一成さん
1971年、東京都生まれ。出版社勤務を経てフリーライターに。家族とキャンピングカーで1000 泊以上の旅をした経験を基に、メディアやイベントで魅力を発信中。著書に『至福のキャンピングカー入門』(グラフィス)がある

キャンピングカーとは、車内にベッドやキッチン、トイレなどの生活設備を備えた車両のこと。移動手段の「車」と、生活場所の「家」。ふたつの要素を備えたキャンピングカーは、まさに「走る家」。車を止めれば、いつでもどこでもそこが家に早変わりする。

キャンピングカーの機動力を生かせば、誰でも自由気ままな旅を楽しむことが可能だ。通常、旅行をする際には事前に宿泊先を調べて予約をする必要があるが、車内で生活できるキャンピングカーなら宿を予約する必要もなく、チェックイン・チェックアウトの時間に縛られることもない。

キャブコン
トラックのリアに居住空間のキャンパーシェルをドッキングした車両
写真提供=バンテック

思い立ったらすぐに出発し、行きたい場所に行って、食べたいものを食べる。テレビで地方のご当地グルメ特集を見て「これが食べたい!」と思ったら、翌日には現地を訪れてテレビで見たご当地グルメを実際に味わう。キャンピングカーがあれば、そんな芸当も当たり前のようにできる。

ペットを飼っている人にとっても、キャンピングカーは強い味方だ。ペットOKのホテルや旅館は限られるため、ペット連れで気軽に旅行をするのはなかなか難しい。しかし、「走る家」であるキャンピングカーなら、ペット連れでもノープロブレム。キャンピングカーにペットを乗せて行きたい場所までドライブし、夜は車内で一緒に就寝。ペットと一緒だからと構えることはなく、気軽にペット連れの旅行を満喫できる。

オートキャンプ場
車を乗り入れられるキャンプ場。トイレや炊事場、AC電源など設備が充実している

ほかにも、宿泊費を節約できる、キャンプで設営・撤収の手間を省けるなど、キャンピングカーのメリットは数多い。キャンプ場を拠点として観光を楽しんだり、高速道路のサービスエリアなどで仮眠を取りながら自由に旅をしたり、趣味やアウトドアアクティビティのベース基地にしたり、レジャー以外に仕事の移動事務所として活用したり……。

そのネーミングから「キャンピングカー=キャンプをする車」と思われがちだが、乗り手のライフスタイルに合わせてキャンプ以外のさまざまな用途にも活用できるのが、キャンピングカーの大きな魅力だ。

RVパーク
トイレを完備した車中泊公認の有料駐車場。AC電源やゴミ処理などのサービスもある

キャンピングカー旅行の具体的なメリットとしては、「前泊できる」ことが第一に挙げられる。たとえば、週末に1泊2日の旅行をする際、通常なら土曜日の朝に出発して渋滞に巻き込まれながら現地を目指すことになるが、車内で就寝できるキャンピングカーなら仕事終わりの金曜日の夜に自宅を出発すればOK。

夜のうちに目的地近くまで移動して車中泊をすれば、渋滞に巻き込まれることもなく、土曜日の朝から目いっぱい観光や遊びを楽しめる。週末の旅行に前泊をプラスするだけで、1泊2日とは思えないほど充実した時間を過ごせるのだ。

季節や時間に縛られることなく、いつでも自由に旅ができるのが、キャンピングカーの魅力。時間さえあれば、日本一周の旅だって夢ではない。キャンピングカーのメリットを生かせば、旅はもっと身近に、もっと自由になる。

監修・文・写真=岩田一成
2019年9月号 特集「夢のニッポンのりもの旅」

《キャンピングカーの魅力、徹底解剖!》
1|“走る家”で旅をもっと自由に
2|全国目的別おすすめキャンプ場を紹介!

関連するオススメ記事

関連するエリアのオススメ記事

メールマガジン購読