HOTEL

安藤忠雄が設計監修、アールデコ調のホテル「丸福樓」京都・任天堂創業地に誕生!

2022.4.16
安藤忠雄が設計監修、アールデコ調のホテル「丸福樓」京都・任天堂創業地に誕生!

2022年4月、京都の任天堂旧本社社屋にホテル「丸福樓(まるふくろう)」がオープン。歴史ある建物を再生したのは、世界的建築家・安藤忠雄氏。ノスタルジックでありながら、新鮮な空気をまとうホテルの全貌に迫ります。

築90年以上のアールデコ調建築が
安藤忠雄によって生まれ変わる

1889年から歴史を刻んできた任天堂の創業地にあたる京都・鍵屋町。正面通に面し、かるた・花札の製造販売や任天堂創業者・山内家の住居として利用された旧本社社屋が、全18室のホテル「丸福樓」として生まれ変わり、2022年4月に開業した。

丸福樓を運営するのは、THE AOYAMA GRAND HOTEL(東京)やおちあいろう(伊豆)、THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO(京都)、THE GARDEN ORIENTAL OSAKA(大阪)、ORIENTAL HOTEL(神戸)など、その地域の特性を生かした宿泊施設やレストランを運営するPlan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)。

1947年に設立された任天堂の前身であり、おもにかるたや花札、トランプを製造販売していた「株式会社丸福」の歴史をつむぎ、当時の屋号がホテル名に含まれた。

建物は、1930年竣工の南北に連なる三棟のRC造の任天堂旧本社社屋である「既存棟」と、その一部を解体修復し、さらに新しく建物を増築した「新築棟」から成り立っている。新築棟の建築デザインと既存棟のリノベーション設計監修を務めたのは、歴史ある建物の再生を数多く手掛けてきた世界的建築家・安藤忠雄氏。増岡熊三氏と田中義光氏が手掛けた旧本社社屋の建設当時の風格を保ちつつ、現代の新鮮な空気をまとう、新旧が絶妙なバランスで共存する建築が実現した。外観だけではなく、内装からも当時の面影が感じられる復元は要注目だ。

趣のある設えの中で、京都の空気と開放感を愉しむ

スイート リビングルーム(既存棟)

全3棟からなる館内には、ルーフトップテラスを併設する丸福樓スイートや露天風呂と和室を併設するジャパニーズスイートをはじめ、7つのスイートルームを含む表情豊かな18室を備える。旧本社社屋の既存棟は、当時の建築様式や内装を生かし、新築棟はシンプルでスタイリッシュな居住性の高い空間。全室の内装や調度品が異なり、宿泊するたびに新しい発見をもたらしてくれる。

レジデンシャルスイート リビングルーム(新築棟)。安藤建築らしさを感じるコンクリートの柱に、大きなハリウッドツインのベッド、ミニキッチン、洗濯機を備えた広々とした部屋はおこもり滞在にも最適だ
山内家が元々暮らしていた住宅棟(ハート棟)にあるジャパニーズスイートの露天風呂
グラタンやカレーライスなどの軽食・夜食が楽しめるダイニングラウンジ

日本古来の発酵食を使った
新しい「洋風料理」

館内にはレストランも併設されている。料理家・細川亜衣氏が空間デザインと料理メニューを監修した「レストラン carta.(カルタ)」で提供されるのは、日本古来の発酵食品や調味料、薬味などを隠し味に使った、まったく新しいかたちの「洋風料理」。夕食はシグネチャーメニュー、朝食は洋風・和風のメニューが振る舞われる。光が差し込む気持ちのいい空間で、前菜からデザートまでゆったりと味わえる。

任天堂の歴史と文化も学べる
リビング感覚で寛げるラウンジ

「客室の延長である第二のリビング」感覚で寛げるふたつのラウンジでは、飲み物、シーフードグラタンや和牛カレーなどの軽食が常に用意され、夜は夜食も楽しめる。朝食を食べながら優雅な朝を過ごすもよし、気に入った場所で好きなときにティータイムを愉しむもよし、夜に穏やかなひとり時間をのんびり過ごすもよし……。ルームウェアでふらりと立ち寄り、心の赴くままに愉しめるリラックス空間だ。

もうひとつのラウンジは、任天堂創業者・山内家のプロデュースによる「ライブラリー dNa」。任天堂の歴史や創業の理念を表現した空間が広がっている。挑戦を続けた任天堂の歴史とその原点に触れられる場所として、宿泊者やイベント招待客のみに開放されたエクスクルーシブな施設となっている。

館内には至るところにアートが点在。客室のテイストに合わせたアートにも注目したい
各棟をつなぐ回廊、一番奥に位置する倉庫棟(クローバー棟)
旧本社社屋時代から残るステンドグラス

時を重ねて佇む任天堂創業期の本社社屋の趣ある設えと、安藤忠雄氏のデザイン監修による開放的で外光が差し込む空間。新旧の魅力を兼ね備えた丸福樓は、感性を刺激すると同時に、自宅のような寛ぎを与えてくれることだろう。

丸福樓
住所|京都府京都市下京区正面通加茂川西入鍵屋町342
Tel|
客室数|18室
料金|1泊朝夕食・飲物・軽食付10万円~(税・サ込)
カード|AMEX、DINERS、Master、VISAなど
IN|15:00 OUT|12:00
アクセス|JR京都駅から車で6分、京阪本線七条駅から徒歩5分
施設|レストラン、ラウンジ、ライブラリー
https://marufukuro.com

京都のオススメ記事

関連するテーマの人気記事