PRODUCT

廃棄されたビニール傘を再利用したバッグ
『PLASTICITY』

2020.7.26
<b>廃棄されたビニール傘を再利用したバッグ<br>『PLASTICITY』</b>

リサイクル製品の製造・販売を行う「モンドデザイン」とクリエイターの齊藤明希氏が共同で立ち上げた新ブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」から、捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用するバッグが誕生しました。

日本で年間8000万本も廃棄されているといわれるビニール傘。分解のしにくさからリサイクルが難しいこの素材を使って魅力的な製品を提供することで、世界的な問題であるプラスチック廃棄量を削減し、ユーザーのサステナビリティへの関心や環境意識のさらなる拡大を目指しています。

本製品は廃棄されたり忘れ物として保管された後に、最終的に廃棄されてしまうビニール傘を全面にリサイクル。防水性やメンテナンス性といった傘の持つ素材の特性を最大限活かすため、粉砕などをせずそのままの状態で、何層にも重ねてプレスをする独自の加工方法を開発しました。

さらに加工工程にて雨模様の表情を生み出すことにより、他の製品にはない独特な質感を持つ製品をつくりあげています。厚みがあるのに中身がぼんやりと透けた独自の風合いで、洋服のアクセントとしてもおすすめです。

PLASTICITY
価格|トートバッグ ラージ1万4300円、トートバッグ スモール1万1000円
販売場所|オンラインショップほか
問|モンドデザイン
Tel|03-6419-7361
https://plasticity.co.jp

text: Discover Japan
2020年7・8月号 特集「この夏、どこ行く?ニッポンの旅計画108」


≫老舗ニットメーカー「米富繊維」のYonetomiショッピングバッグはこちら

≫ファッションに関する記事をもっと読む

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読