HOTEL

《sequence KYOTO GOJO》
京都の街・人・文化とのつながりを体感するステイ

2022.10.6 PR
《sequence KYOTO GOJO》<br><small>京都の街・人・文化とのつながりを体感するステイ</small>

ゆるやかに流れる古都の空気感をまとうホテルで、京都ならではの個性を自分らしく楽しみながら、さまざまなヒト・モノ・コトと出会う。その唯一無二の体験と時間が人と人、人と街との心地よいつながりを生み出す。

≪前の記事を読む

“SMART” “OPEN” “CULTURE”
をコンセプトにしたホテル

オープンな空間にアートが香る多様な演出
レセプションにつながるレストランに設けられたオープンテラスが象徴する、誰にでも開かれた空間が人と人、人と街とのつながりを生む。館内は京都の個性を映すインテリアデザインやモダンアートで彩られ、この街ならではの文化も体感できる

つながりや連鎖を意味する「sequence」を冠したホテルブランド。中でも京都市中心部を南北に走る烏丸通沿いにあるこのホテルは、〝FLOW(流れ)〞をローカルテーマとし、連綿と歴史を紡いできた京都に流れる風や、ゆったりとした、自由な時間を過ごせる場所を目指している。

館内のデザインコンセプトは〝TIME & SPACE〞。京都らしさや和の意匠を取り入れつつも、現代的なアレンジで、特別な時間と場所へゲストを誘う。行燈(あんどん)をイメージした明かりに照らされるエントランスは竹林がモチーフ。中に入れば、レセプションとレストランというふたつのつながる空間と、「角つなぎ」をデザインた格子オブジェが迎えてくれる。

朝食付きプランがとりわけお得な理由
レストラン「THE TASTE」の朝食(7~14時)には、「キュイジーヌ・サンドイッチ」を中心にしたメニューが揃い、朝食付きプランの宿泊者は、時間内に何度でも食事を楽しめる
オリジナルタンブラーを購入すると、宿泊中は、レストランの営業時間内でコーヒーが飲み放題になる

宿泊者はもちろん、一般のゲストも利用しやすいよう、烏丸通に面して幅約12mのオープンテラスを設置しているレストランは、朝7時の朝食から22時までのバータイムまで営業するオールデイダイニング。さまざまなタイプのシートがあり、シーンや気分によってフレキシブルに利用できる。朝食付きプランで宿泊すると、朝食(7〜14時)の時間帯に、何度でも食事を楽しめるのも魅力。

禅がテーマの静けさに満ちた大浴場
「THE BATH」と「THE SAUNA」からなる体験型温浴施設「THE BATH & THE SAUNA」は、禅の世界観を表現した、『ととのう』を体験する空間。ふたつの施設は日ごとに男女入れ替え制で、夜と翌朝一度の滞在で両方の施設を体験できる

オープンテラスの外壁や館内エレベーターのデジタルサイネージ、エントランス横のビッグウォールなど、館内外の至るところで目にするアート作品と並び、このホテルならではの特長といえるのが体験型温浴施設「THE BATH & THE SAUNA」。「THE BATH」には大型の浴槽と岩盤浴のホットストーン、「THE SAUNA」には大型のスチームサウナとホットストーン、雨や滝のようなミストを楽しめる「エクスペリエンスシャワー」が配されている。いずれも照明を落とし、禅の世界観を表現した空間で、静かに心がととのう癒しのひとときを過ごせる。

京都に流れる空気感はそのままに、思い思いのスタイルで自由に、そしてスマートに滞在を楽しむ。そこからさまざまなヒト・モノ・コトとのやさしいつながりが生まれる。

家族や仲間との滞在にもうれしいシチュエーション

水墨画を彷彿させる白と黒を基調にした客室の中でも特徴的なのは、定員4名のコンセプトルーム「4Beds」。家族やグループで寛げるよう、ソファとテーブルが配され、短焦点プロジェクターと大画面スクリーンも用意されている

顔認証チェックインルームチェックアウト

17時チェックイン、14時チェックアウトで、顔認証システムによるセルフチェックイン&アウトが可能。客室も顔認証で入室できるほか、全室に配置されたタブレットで空調・照明の調整やルームチェックアウトを行える。スマートな接客によって滞在時間に余裕が生まれ、旅の幅も広がる

sequence KYOTO GOJO
住所|京都府京都市下京区五条烏丸町409
Tel|075-353-0031
客室数|208室
料金|1室1名利用朝食付9350円~(税込)
カード|AMEX、DINERS、JCB、VISA、Masterなど
IN|17:00
OUT|14:00
アクセス|電車/京都市営地下鉄五条駅から徒歩約3分ほか
Wi-Fi|あり
※レストランの営業時間は、自治体からの要請や状況により変更となる場合があります
 
 

≫公式サイトはこちら

 
 
text: Miyu Narita
Discover Japan 2022年11月号「京都を味わう旅へ」

京都のオススメ記事

関連するテーマの人気記事