ART

「ロマンスカーミュージアム」小田急線海老名駅に“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアムがオープン!

2021.4.13
「ロマンスカーミュージアム」小田急線海老名駅に“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアムがオープン!

小田急電鉄株式会社は、小田急線海老名駅隣接地にて「ロマンスカーミュージアム」を2021年4月19日(月)オープン。また、カフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE」も同時オープンする。

小田急電鉄のはじまりと
ロマンを感じるシアター

ロマンスカーミュージアムは、1927年に小田急線が開業して以来初となる屋内常設展示施設。歴代の特急ロマンスカー車両展示など小田急の歴史を後世に伝えるとともに、「“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」をコンセプトとした多彩なコンテンツを用意している。ロマンスカーミュージアムは、海老名電車基地や開発が進む「ViNA GARDENS」とも隣接し、新たに誕生する街のシンボルとして賑わいを創出していく。

小田急線開業当時の車両である「モハ1」が停車するプラットフォームで、小田急電鉄とロマンスカーの軌跡をたどるムービーを上映。時代を走り抜けてきた挑戦と進化の歴史には、小田急電鉄の行動指針である「真摯・進取・融和」の精神が詰まっている。懐かしい沿線の街並みや、歴代ロマンスカーの走行時の記録など、貴重な写真と映像を楽しめる。

時代を彩った5車種の
ロマンスカーが並ぶギャラリー

ロマンスカーギャラリー(イメージ)

時代を超えて愛される歴代ロマンスカーが勢ぞろいするギャラリー。これまで引退した5車種のロマンスカーが初の常設展示。

検車庫のなかを探検しているような雰囲気のなか、間近でロマンスカーを眺めたり、個性豊かな車両を見比べたり、一部車両は内部にも入ることできる。

小田急線沿線の魅力を
堪能できる憩いの広場

新宿から⼩⽥原・箱根まで⼩⽥原線沿線を再現した国内最⼤級の鉄道ジオラマ。

都市・山・海、多様な沿線の魅力がぎゅっと詰まった風景のなかを、10車種のロマンスカーと5車種の通勤車両が駆け抜ける。懐かしの引退済み車両から最新の現役車両まで、小田急の歴代車両が勢ぞろいし、ジオラマ内で夢の共演を果たす。

ジオラマを一望できるテラスでゆっくりくつろぎながら、小田急線沿線の魅力を堪能できる。

ロマンスカーを愛する人や街の人々が集う
「ミュージアムクラブハウス」

ロマンスカードック。上質な素材の組み合わせを追求したクラブハウスこだわりの逸品<.span>
飲む車両図鑑。ロマンスカーミュージアムに展示の歴代ロマンスカーがプリントされたスペシャルドリンク

併設するカフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE(ロマンスカーミュージアムクラブハウス)」は、ロマンスカーを愛する人、小田急に親近感を持つ人たちなどが集う集会場(クラブハウス)となるようにという思いを込め、誰でもミュージアムに気軽に立ち寄れるようにしている。またカフェでは、小田急沿線の食材やロマンスカーにちなんだメニューを提供する。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から当面の間、ロマンスカーミュージアムへの入館を事前予約制。一部コンテンツの利用を制限される場合があるので、予約に関する情報は公式WEBサイトを確認ください。

ミュージアムの
ワクワクを持ち帰ろう

小田急電鉄の公式グッズショップである“TRAINS”が、ロマンスカーミュージアムに。模型やおもちゃ、雑貨など小田急電鉄やロマンスカーの人気グッズのほか、ロマンスカーミュージアム限定のグッズも販売する。

ロマンスカーミュージアム
オープン日|2021年4月19日(月)
※当面の間、入館は予約制。事前予約のない方は入館不可。
住所|神奈川県海老名市めぐみ町1-3(小田急線海老名駅隣接地)
営業時間|10:00~18:00(最終入館 17:30)
※季節によって変動する場合あり。
料金|大人(中学生以上)900円、子ども(小学生)400円、幼児(3歳以上)100円
※3歳未満は無料
※一部別途料金のかかるコンテンツがあり
休館日|第2・第4火曜日
※詳細は下記の公式WEBサイトにて案内
※別途休館日を設ける場合があり
Tel|046-233-0909(開館日の 10:00~18:00 のみ受付※開業前は平日のみ)
ロマンスカーミュージアムInstagram|https://www.instagram.com/romancecar_museum/
https://www.odakyu.jp/romancecarmuseum/


≫隈研吾建築、美術×博物×図書の文化複合施設「角川武蔵野ミュージアム」が埼玉に誕生!

≫天王洲の巨大倉庫を開放!現代アートを発信するコレクターズミュージアム「WHAT」

≫鎌倉 松原庵が作るホテル「HOTEL AO KAMAKURA」

神奈川のオススメ記事

関連するテーマの人気記事