FOOD

橘ケンチさんが語る
美味しいものと日本酒で欲求チャージ

2020.6.11
<b>橘ケンチさんが語る<br class=“none” />美味しいものと日本酒で欲求チャージ</b>

本誌でもおなじみの各業界で活躍する著名人に、おうち時間の過ごし方やアイデアを聞いた《DJ的・おうち時間の充実計画》。自宅で過ごす中で多くの発見があったというEXILEのパフォーマー・橘ケンチさんに、その思考の変化について、自身が愛する日本酒を飲みながら語っていただきました。

橘ケンチ(たちばな・けんち)
EXILEのパフォーマーで、EXILE THE SECONDのリーダー兼パフォーマー。LDH ASIAの一員として、アジアに向けたエンタテインメントの構築も担う。小誌にて日本酒にまつわる連載「橘ケンチの今宵SAKE」も担当している
https://exile.jp

「これからは“個の時代”になるかもしれない」

時代が変わっていくということは、自分の年齢とともに見えるものが変わっていく、はやり廃りや新たな世代との共鳴など、ふとしたときに「あ、なんか自分と世間のスタンスが変わった」と感じることだと思っていた。

東日本大震災が起こったときには、被災地の壊滅的な被害をニュースで目にし、実際に訪れ、人間の無力さ、自然の恐ろしさを感じた。いや、僕ら人間が勝手にそう思っているだけかもしれない。地球は遥か昔からそういう歴史を繰り返し、いまこの時代にたまたま僕らがお邪魔させてもらっているだけだととらえることもできる。

新型コロナウイルスという言葉はゆっくり、しかし確実に僕たちの生活を浸食してきた。地震のように一度起こって、その後の復興に追われるということではなく、何を敵と思えばいいのか、いつ状況は改善するのか。そういったことがまったくわからず、右に行くも左に行くも自分の決断次第。

誰も頼る人がいないということは精神衛生上かなりつらい。裏を返せば、自分の力量が問われる。生活スタイルは一変し、働き方も変わった。情報の発信の仕方、人とのつながり方もメディアやSNSを通してすることがほとんどになってきた。

時代が激変している。これからは“個の時代”になるかもしれない。自分の身は自分で守る。家族でさえ面倒は見てくれないかもしれない。ウイルスが人と人の関係性を変えようとしている。これに抗うことなく、生き抜いていく知恵を身につけなければいけない。

原点回帰で思考がシンプルに

そんな中、家でずっと過ごしている中で日々たくさんの発見があった。時間を何に使って生きていくべきか? 他人と会う時間が極端に少なくなったいま、いつも以上に自分の内面にフォーカスするようになった。もしこの状態が1年続くとしたら。ライブしたい! と思っても外に出られなかったらどうしようもない。駄目だ……。新しい企画を考えた! いますぐやりたい! 打ち合わせはできても、人を集められない。これも駄目だ……。

こんなことばっかり考えていたら、夢想はそぎ落とされてとてもシンプルになってきた。究極、生きていればいい。こんな原点回帰的発想になると、欲求はものすごくスリムになってくる。

ぐっすり寝たい。美味しいものが食べたい。幸せを感じたい。食材を買いに行き、その都度何がつくれるかを考える。食欲を満たすためにこんなに考えることっていままであまりなかった(家庭のお母さんたちは日々こういう考えをめぐらせているんだろうなぁ、食べさせてもらっている側を勝手に代表して、ありがとうございます!)。

ありがたくもお世話になっている方々から各地の食材が届くこともあり、キッチンでは食欲を満たすための試行錯誤がはじまった。いつもなら手っ取り早くさっと済ませてほかのことに時間を使うことも多いが、食べることと寝ることしかないんだもの! と思うといかに美味しく食べるか幸福感を味わうかが鍵になってくる。

食事の時間の楽しみが広がる、日本酒という存在

ここで、お待たせしました。日本酒の登場です。食べることの幸せを何倍にもしてくれる魔法のお水(と書いたらなんか胡散臭いですが、SAKE MAGICということで)。

ちょっとつまんで、日本酒をクイッ。またちょっとつまんで、別の日本酒をクイッ。うーん、牡蠣のミルク感に仙禽の雪だるまが合うなぁ。澤屋まつもとは上品だなぁ。新政No.6(ナンバーシックス)、祐輔さん元気かなぁ。お! 田中六五の低アルもあった!

食材、お酒の味はもちろん、その背景にまで考えが及ぶと食事の時間の楽しみ方は放射状に広がっていく。食卓に座ることもなく、キッチン内での立ち飲みスタイルで贅沢な夜は過ぎていく。今日も楽しんだなぁ、とあとはぐっすり寝るだけです。はい、欲求チャージ完了。

未来は誰にもわからないですが、いつも自分が何を大事に思っているのかを知っていることは見えない未来を切り拓く大きな武器になると思います。大変な事態でありながらも、考える時間を得ることができたことで、ちょっとありがたく思っている自分もいるのが事実。

でも1日でも早く終息してほしいと日々強く願っているのも事実。10年後に、あのとき日本酒飲みながらあんなことを考えていたなぁと思えていたら最高ですね。

このエッセイを追体験するための、橘ケンチさんおすすめの酒販店

MADEYA千葉本店
住所|千葉県千葉市中央区仁戸名町714-4
Tel|043-264-1439
営業時間|10:00〜19:00(土曜、祝前日は〜20:00)
定休日|水曜(毎月最終週は10:00〜19:00で営業)
www.imaday.jp

酒のやまもと 枚方本店
住所|大阪府枚方市招提中町1-7-7
Tel|072-857-0082
営業時間|9:00〜18:30
定休日|日曜、祝日
http://sakenoyamamoto.main.jp

住吉酒販 博多本店
住所|福岡県福岡市博多区3-8-27
Tel|092-281-3185
営業時間:9:30〜18:30
定休日|日曜
http://sumiyoshi-sake.jp

はせがわ酒店 麻布十番店
住所|東京都港区麻布十番2-3-3
Tel|03-5439-9498
営業時間|11:00〜20:00
定休日|なし
www.hasegawasaketen.com

Discover Japan Lab.
住所|東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO 1F
Tel|03-6455-2380
営業時間|10:00〜21:00
定休日|渋谷PARCOに準ずる
http://discoverjapan-web.com

※五十音順(順不同)
※新型コロナウイルス(COVID-19)拡大に伴い、掲載店の営業時間変更及び臨時休業の可能性がございます。一部、オンラインショップでの購入も可能

執筆=2020年4月14日
text=Kenchi Tachibana illustration=Toshiyuki Hirano
2020年6月号 特集「おうち時間。」


≫橘ケンチさんに関する記事はこちら

≫日本酒に関する記事はこちら

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読