PRODUCT

銀座 蔦屋書店 職人の伝統技術が光る
「和紙ブックカバー」の新色を限定発売

2020.9.18
銀座 蔦屋書店 職人の伝統技術が光る<br>「和紙ブックカバー」の新色を限定発売
和紙ブックカバー:江戸の和菓子色

銀座 蔦屋書店(GINZA SIX 6F)は、日本三大和紙の一つとして知られる福井県・越前和紙の老舗である株式会社丸和とコラボレーションした「和紙ブックカバー:江戶の和菓子色」を9月14日(月)から発売。

和紙ブックカバー:江戸の和菓子色 金平糖(ピンク)

かつての日本では、生活のあらゆるのシーンで使われていた和紙。封筒、壁材、障子として和紙は生活に不可欠なものとして使われてきた。しかし残念ながら現代では、和紙に触れる機会がとても少なくなっている。

そんな中で、2年前から銀座 蔦屋書店では、老舗の和紙メーカーとコラボレーションし、楽しんで和紙を現代の暮らしに取り入れれる機会を増やしたいと考え、銀座 蔦屋書店と日本三大和紙の一つとして知られる福井・越前和紙の老舗、株式会社丸和とのコラボレーションによる「和紙ブックカバー」。

和紙ブックカバー:江戸の和菓子色 扇落雁(グリーン)
和紙ブックカバー:江戸の和菓子色 小豆粉落雁(イエロー)

和紙ブックカバーの一番の特徴は、丸和の独自の和紙染色技術を生かした優しい色味です。職人さんにより丹 念に染められた繊細な色合いは、ワンランク上の上質な雰囲気を作り出している。また裁断の位置によりブックカバーそれぞれの色合いは異なっており、すべてが一点ものとなっている。

また、丸和独自の超撥水和紙を使用し、和紙の本来の風合いを持ちつつも水を弾き、強い耐久性を実現。

その他、銀座 蔦屋書店では世界中から集めた美しい筆記具やオブジェ、日本の素晴らしいものづくりを揃えている。特に、伝統技術を継承しながらも、現代的なデザインを取り入れ、新しい挑戦をしている職人の工芸品を中心に販売している。銀座 蔦屋書店限定の商品も多数取り揃えているので、東京銀座のお土産品探しにも是非いかがでしょうか。

銀座 蔦屋書店限定「和紙ブックカバー:江戸の和菓子色」
価格|各5,800円+税
カラー|金平糖(ピンク)、扇落雁(グリーン)、小豆粉落雁(イエロー)
サイズ|文庫サイズ
素材|表地=和紙、裏地=再生ポリエステル
販売店舗|銀座 蔦屋書店、オンラインストア
https://store.tsite.jp/ginza/


≫【印刷加工連】業界屈指の技術で創る特殊製本 ななめリングノート

≫かみ添のメッセージカードと便箋いま知っておきたい逸品

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読