TRAVEL

夏の嵐山を堪能する
翡翠色の川辺の宿へ
星野リゾート「星のや京都」

2018.7.24 PR
夏の嵐山を堪能する<br/> 翡翠色の川辺の宿へ<br/>星野リゾート「星のや京都」

日本を代表する観光地・京都。なかでも嵐山はその趣ある風情が多くの観光客を惹きつけている。もともとは平安貴族たちの別荘地である嵐山に、2009年に誕生したのが「星のや京都」だ。星のや京都へは渡月橋のたもとから専用の船に乗って向かう。翡翠色の大堰川をゆるりと遡ると、喧騒とは無縁の世界が広がっていく。平安貴族もこの景色を見たのだろうかと想いを馳せる。

15分ほど船に乗り到着。江戸時代の豪商・角倉了以(すみのくらりょうい)の私邸(書庫)があった場所に、星のや京都は建つ。明治30年に建てられた旅館を改装した宿は、優れた伝統的な技術を生かした外観と内観の日本家屋。鴨居や天井、欄干など残された細工に注目したい。約170年続く「植彌加藤造園」の庭師が手掛けた庭は、開業から9年近くたち、木々や苔がしっとりと馴染んでいる。

星のや京都は春の桜、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々の魅力があるが、水辺と夏の新緑の組み合わせは格別だ。京都の夏の風物詩・鵜飼と会席料理を愉しめる“プライベート鵜飼鑑賞船”は9月23日まで開催。船上で奏でられる三味線を聴きながらシャンパンを片手に鵜飼の様子が愉しめる。また、敷地内のライブラリーラウンジの前には納涼床がしつらえられ、ジャパニーズウイスキーを愉しめるBARが登場するなど、夏ならではの愉しみは見逃せない。

2018年7月6日発売の『Discover Japan vol.82』にて、開業当時からこの宿を知るホテルジャーナリストせきねきょうこさんが今年ふたたび訪ね、その進化した魅力を「星のやものがたり 第二回 星のや京都」にて、執筆していただいています。

住所:京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2 Tel:0570-073-066
(宿泊予約専用9:00 ~ 20:00) Fax:075-871-0003 http://hoshinoya.com
客室数:25室 料金:1室8万1000円~(税・サ込) カード:AMEX、DINERS、
JCB、Master、VISA、銀聯 チェックイン:15:00 チェックアウト:12:00
アクセス:車/名神高速道路京都南ICから約30分 電車/ JR京都駅からタクシーで約30分
※宿泊者専用の船乗り場「星のや京都 上り桟橋」から専用船で送迎