MAGAZINE 最新号&バックナンバー

MAGAZINE
最新号&バックナンバー

最新号

2020年3月号 Vol.101

特集:
SAKEに恋する5秒前。

Discover Japan 2020年3月号 Vol.101

1,000円(税別)/2020.2.6発売

2020年2月号は、「酒」特集!
2020年、ニッポンの酒のとらえ方、楽しみ方はさらに多様化し、大きな転換期を迎えます。今回の特集では、日本酒、焼酎、日本ワイン、ウイスキー、スピリッツなど、いま飲むべき信念を宿す酒を厳選して紹介。ルーツや風土、造りの秘密をひも解きます。そして、酒が完成するのは口に含まれた瞬間。日本酒やワイン、焼酎など、多様な酒類を用いたペアリング提案が生まれつつある時代の中で、酒の新世界へのトビラを開く飲食店も紹介します。
あなたが酒に恋するキッカケをつくります!

美味しさを引き出す
革新的ペアリング論

近年、ワインのように、日本酒のペアリングを提供する店が増えています。ペアリングとは、酒と料理を単体で味わうときより美味しくすること。酒、料理それぞれの特性を知り尽くしたプロたちは、どのような考えをもってペアリングを提供しているのか、都内にある3つの店にそのペアリング論を教えてもらいました。
case1は恵比寿にある日本酒バー「GEM by moto(ジェム バイ モト)」の千葉麻里絵さん、case2は三軒茶屋と下北沢の間に佇むレストラン「Salmon & Trout(サーモン アンド トラウト)」の柿崎至恩さん、中村拓登さん、case3は三軒茶屋に店を構え、日本版ソムリエならぬお燗番である「JOE’SMAN2号(ジョーズマンズ2号)」の高崎丈さん。個性豊かなペアリング論をキーワードとして、実際に店で食べられる日本酒をメインしたペアリングコースを紹介しています。

美味しさを引き出す革新的ペアリング論
橘ケンチ、自然の恩恵に出合う

橘ケンチ、自然の恩恵に出合う

日本酒にまつわる連載「今宵のSAKE」を担当するEXILE橘ケンチさん。この数年間でめぐった蔵の数は50以上に及びます。日本各地にあるさまざまな酒蔵を訪れ、造り手の声を聞いたケンチさんが次に向かうは、奈良。清酒発祥の地といわれる「大本山 正暦寺(しょうりゃくじ)」の境内には、室町時代に清流・菩提仙川の水で仕込まれた歴史をもち、「三段仕込み」や「菩提酛(ぼだいもと)」、火入れによる殺菌など、現代における醸造技術の基礎は、ここ奈良の土地で確立されたのです。
本企画で訪れる蔵は、「風の森」を醸す油長酒造(ゆうちょうしゅぞう)、「みむろ杉」の今西酒造、「花巴(はなともえ)」の美吉野醸造。それぞれの味わいや酒造りのルーツだけでなく、醸造技術の復活における努力を惜しまぬ芯をもつ、彼らの人ざまにも注目です!

あなたはどんな日本酒に恋してますか?
恋する日本酒44

この酒特集の裏テーマは「恋する酒」。
そこで、今回本誌の表紙を飾っていただいたEXILEの橘ケンチさんと、日本酒バー「GEM by moto」の店主・千葉麻里絵さん、そして人気酒販店の「住吉酒販」、「いまでや」、「横浜君嶋屋」の3店舗へ、それぞれテーマ別で恋する日本酒を厳選してもらいました。またこの企画内でEXILEの橘ケンチさんがセレクトした日本酒の一部は、渋谷PARCOにあるDiscover Japanの実店舗「Discover Japan Lab.」でも期間限定で販売することが決定。気になる1本があれば、ぜひ店にも足を運んでみてはいかがでしょうか?
橘ケンチ、僕が恋した日本酒/バレンタインに贈りたい日本酒/初心者におすすめの日本酒/ペアリングで楽しむ日本酒/編集部が恋した日本酒

あなたはどんな日本酒に恋してますか?恋する日本酒44
SAKE JOURNAL 2020

SAKE JOURNAL 2020

近年、新たな傾向や新ジャンルの酒など、目覚ましい進化を遂げている、日本の酒事情。このページでは、日本酒をはじめ、ウイスキーや焼酎、スピリッツなどなど、いま知っておきたいトピックスをお届けします。

鳳凰美田は、進化が止まらない。

東京・恵比寿にある日本酒専門店「GEM by moto」のプロデューサーであり、第14代酒サムライの一員として、日本酒の新たな可能性を発信する千葉麻里絵さん。今回、彼女が向かったのは、吟醸酒の代名詞であり、平成の銘酒といっても過言ではない「鳳凰美田(ほうおうびでん)」を醸す、小林酒造(栃木県)。常に業界のトップランナーとして日本酒の文化をけん引してきた小林酒造が、次の時代に向けて取り組んでいることとは?
千葉さんが日本酒の世界に入る上で、大きな影響を与えた小林酒造の専務・小林正樹さんという存在。約10年の月日をともにしてきた “造り手”と“伝え手”、2人の目線から、これからの日本酒の進むべき方向性を語っていただきました。

鳳凰美田は、進化が止まらない。
小津安二郎の“粋”な呑み方。

小津安二郎の“粋”な呑み方。

日本酒と楽しく付き合っていく中で、大切にしたいのが〝呑み方〞。
映画監督・小津安二郎(おづやすじろう)は、日本酒をこよなく愛し、映画を通して日本酒を呑む日本人を〝粋〞に描きました。小津監督は、暮らしの中でどのように日本酒とつき合い、創作に生かしたか。ひも解けば、粋な呑み方を学ぶことができます。今回、名作『早春』と『東京物語』の名シーンを引き合いにしながら、小津監督流の呑み方を紹介しています。

『Discover Japan』半額キャンペーン!

BACK NUMBER

バックナンバー

2020年

Discover Japan 2020年1月号 vol.101

2020年1月号 vol.101


特集:世界に愛されるニッポンのホテル&名旅館