ART

現代のレオナルド・ダ・ヴィンチと称されるアーティストの展覧会「テオ・ヤンセン展」

2021.4.18
現代のレオナルド・ダ・ヴィンチと称されるアーティストの展覧会「テオ・ヤンセン展」
《アニマリス・ペルシピエーレ・プリムス》2006年 セレブラム期 ©Theo Jansen

山梨県立美術館は、「テオ・ヤンセン展」を2021年4月24日(土)〜6月22日(火)まで開催する。

テオ・ヤンセン(Theo Jansen)
1948年、オランダのスフェベニンゲン出身。デルフト工科大学で物理学を専攻し、1975年に画家に転向。1990年より風力で動く「ストランドビースト」の制作を開始し、以降世界各地で公開される。アートと科学を融合したその作品から、「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも称される。

「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも称される
アーティスト、テオ・ヤンセン。

《アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ》2013年 アウルム期 ©Theo Jansen
《アニマリス・ウミナミ》2017年 ブルハム期 ©Theo Jansen

オランダ出身のテオ・ヤンセンは大学で物理学を学んだ後、画家に転向し、その後1990年よりストランドビースト(オランダ語で「砂浜の生命体」)の制作を開始した。

ストランドビーストは、プラスチック・チューブやペットボトル、粘着テープといった身近な材料を組み合わせ、物理学による計算に基づいて形作られた、風力で砂浜の上を歩く生命体。ヤンセンの制作をとおして新たな機能を獲得し、それらが生物の進化になぞらえられるストランドビーストは、自然との共生、芸術と科学の融合など、様々なことを私たちに伝えてくれる。

展覧会ではストランドビーストの実物展示を中心に、各パーツの紹介、模型や映像展示、また実際に展示室内で作品を動かす「リ・アニメーション」を実施する。ヤンセンとストランドビーストの世界を堪能できる。

ストランドビーストの
リ・アニメーション

《アニマリス・オムニア・セグンダ》2018年 ブルハム期 ©Theo Jansen

開館日毎日、実際に動くストランドビーストの様子を展示室内で見ることができる。

※特別展チケットが必要。
※動く時間帯などの詳細についてはホームページで確認ください。
※内容の変更 ・中止の可能性があり。

テオ・ヤンセン氏によるスペシャル動画

展覧会のため、ヤンセン氏が特別に動画を寄せてくれる。

テオ・ヤンセン展
開催期間|2021年4月24日(土)〜6月22日(火)
会場|山梨県立美術館 特別展示室
住所|山梨県甲府市貢川1-4-27
開館時間|9:00~ 17:00(入館は16:30まで)
休館日|月曜日(5月3日、6月21日は開館)、5月6日(木)
観覧料|一般 1000円(840円)、大学生 500円(420円)
※事前予約制。新型コロナウィルス感染症対策のため、本展覧会では事前予約制。
※()内は 20 名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
※前売券は山梨県立美術館にて、4月23日(金)まで販売。
※高校生以下の児童・生徒は無料 高校生は生徒手帳持参
※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
Tel|055-228-3322
https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/


≫企画展「イサム・ノグチ 発見の道」開催彫刻家の精髄に迫る

≫「最後の浮世絵師 月岡芳年展」が金沢21世紀美術館にて開催

山梨のオススメ記事

中部エリアのオススメ記事