INFORMATION

長崎の新たな文化交流拠点「ヒルトン長崎」が2021年11月に開業

2021.3.14
  • タグ:
長崎の新たな文化交流拠点「ヒルトン長崎」が2021年11月に開業

株式会社グラバーヒルとヒルトンが、2021年11月に「ヒルトン長崎」を開業します。ロケーションは、JR長崎駅に直結し、グラバー園などの観光地にアクセス抜群。市民交流を捉すMICE施設「出島メッセ長崎」にも隣接し、観光だけでなくビジネスにも最適な場所。

長崎市は、2015年7月「明治日本の産業革命遺産」として旧グラバー住宅、高島炭坑、端島炭坑(通称:軍艦島)などが、2018年7月には「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として大浦天主堂が世界遺産に登録されるなど日本国内はもとより世界中から注目される日本を代表する観光地でもあります。

レストラン&バー、温浴施設も完備

施設内には、客室数200室、レストラン&バー、フィットネス、温浴施設、バンケット(宴会場)、チャペルなどを備えており、国内外のビジネス利用者から観光客まで、様々なニーズに応え、快適な滞在が可能。「出島メッセ長崎」と連携もしていく予定だというヒルトン長崎は、新しい地域の交流地点となっていくことでしょう。

ヒルトン長崎
開業予定|2021年11月予定
住所|長崎県長崎市尾上町 長崎駅周辺土地区画整理事業15街区1画地
建物規模|地上11階
客室数|200室
その他|レストラン・フィットネスジム・温泉施設・バンケット・チャペル等


≫長崎県雲仙温泉で体験できる心身が整う温泉ワーケーション!

≫長崎から車で1時間!嬉野の旅は茶伯と茶話

≫五島の海の幸を存分に味わえる、ツウをうならせる美食の小宿「オーベルジュあかだま」

長崎のオススメ記事

関連するテーマの人気記事