HOTEL

「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」京都初進出 ヒルトンのラグジュアリーブランドホテルが鷹峯に2021年秋開業

2021.3.31
「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」京都初進出 ヒルトンのラグジュアリーブランドホテルが鷹峯に2021年秋開業

東急不動産株式会社とヒルトンは「京都鏡石ホテルプロジェクト(仮称)」において、ヒルトンのラグジュアリーブランド「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロクキョウト エルエックスアール ホテルズアンドリゾーツ)」を2021年秋に開業予定。

開業予定の場所は、「鷹ヶ峰(たかがみね)」「鷲ヶ峰(わしがみね)」「天ヶ峰(てんがみね)」の三座を総称した鷹峯三山の麓に位置する、静謐な空気が流れるリゾート地。また、敷地内には一級河川「天神(てんじん)川」が流れ、川のせせらぎがの心を癒す。天神川は紙屋(かみや)川とも呼ばれ、平安時代に川のほとりで紙を漉いた紙座があったことに由来しており、紙を漉く「漉(ろく)」という言葉がある。ホテル名称の「ROKU」は山や川といった自然に囲まれた土地独自の環境を表している。

コンセプトは
「Dive into Kyoto」

レストラン イメージ

この地は400年以上前に本阿弥(ほんあみ)光悦(こうえつ)が芸術村を築き上げ、才能ある芸術家を世に輩出してきた琳派(りんぱ)発祥の地であり、着物メーカーとして創業した株式会社しょうざんが“美しいものは、美しい環境から生まれる”という思想のもと、庭園の整備や日本各地の美しい建造物を移築し、多くの方に訪れてもらえるようにしてきた場所。

型にはまらない独自の美学を築き上げてきたこの場所のストーリーや歴史・文化など、滞在を通じてまだ知られていない京都の奥深い魅力に浸れるリゾートホテル。この想いを「Dive into Kyoto」というコンセプトに込め、唯一無二の体験と非日常のリラクゼーション空間を提供する。

日本初!
インテリアデザインはBLINK Design Groupが手掛ける

ロビーラウンジ イメージ

インテリアデザイナーはアジアを拠点とし、AMANやSix Senses、Capellaなど世界のラグジュアリーホテルの実績を多数持つBLINK Design Groupが日本で初めて起用された。京都の伝統工芸や職人の技術・素材を用いて、この土地が持つ世界観や文化を独自の目線で表現する。BLINK Design Groupの創設者であり、最高経営責任者のClint Nagata(クリント・ナガタ)氏は次のようにコメントしている。

「私たちは、モルディブ、中国、フィリピン、タイなどの有名リゾート地のラグジュアリーホテルを手掛けてきました。ROKU KYOTOは私たちにとって日本で最初にオープンする施設となり、大変嬉しく思っています。このリゾートのインテリアコンセプトは、日本の素材と職人技の美しさとシンプルさ、それと本阿弥光悦の芸術村から発想を得ています。伝統的な京都のインテリアを現代的に解釈し、リゾートの屋内と屋外の境界をなくし、静けさが感じられるようにしています。 またリゾート内の各スペースも、芸術村のさまざまな要素から着想を得ています。 例えばロビーラウンジとティーラウンジには、職人の手作業による漆のアートパネルがあり、レストランでは伝統的な竹細工が各所に取り入れられています。『Every space is the end of a shared journey, made by people and place』というBLINKの信念に根ざして作り上げた空間をお楽しみいただければと思います。」

京都の伝統・技術を散りばめた空間が
お客様の探求心を刺激する「インテリアデザイン」

プールサイドデラックス イメージ
ガーデンデラックス イメージ

客室壁紙の一部に使用されている唐紙や、西陣織のアートワークなど随所に職人の技を活用。レストランエリアは「竹」、エントランスエリアは「漆」など空間ごとにテーマを設定し、テーマに合わせたインテリアや色彩を取り入れている。より深くより好奇心旺盛にリゾート滞在を堪能できる、新たな発見を提供する。

日本の四季を間近で感じられる
「ランドスケープデザイン」

水盤 イメージ

エントランスを抜けると、京都に自生する植物を配した中庭が目の前に広がり、まるで鷹峯三山の一部を切り取ったような緑が目を惹く。また自然の景観を映しこむ水盤や、この土地を象徴する台杉(北山杉)など、地域の木々がそれぞれの四季で異なる表情を満喫できる。

身も心も自然にゆだねて非日常を味わう空間
「サーマルプール」

ホテルの北側に位置するサーマルプールは御土居と鷹峯三山に囲まれた、最もこの土地の空気を感じることが出来る空間。隣接するしょうざんリゾートから湧き出る天然温泉を使用しているため年間を通して利用することができ、ほどよい温かさと周囲の静けさが日常の緊張を解きほぐしてくれる。京都の文脈を活かした新しいラグジュアリースタイルをお楽しみに。

ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロク キョウト エルエックスアール ホテルズアンドリゾーツ)
開業日|2021年秋
住所|京都府京都市北区衣笠鏡石町44
アクセス|JR東海道線「京都」駅から約30分、京都市営地下鉄「北大路」駅から車で約15分
客室数|114室
その他|レストラン、バー、ティーラウンジ、サーマルプール(天然温泉を利用した温水プール)、スパ、ジム


≫時代はスモールラグジュアリーへ。新しい京都を提案するリゾートホテル「ふふ 京都」誕生

≫京都の絶景眺望!360度のルーフトップバー『K36 The Bar & Rooftop』

京都のオススメ記事

関連するテーマの人気記事