FOOD

ハレクラニ沖縄が感染症の予防にも!身体の中から整える「免疫力を強化するメニュー」を開始。

2020.12.30
ハレクラニ沖縄が感染症の予防にも!身体の中から整える「免疫力を強化するメニュー」を開始。

ハレクラニ沖縄ではこの度、オールデイダイニング「ハウス ウィズアウト ア キー」にて、「免疫力を強化するメニュー」の提供を開始した。新型コロナウイルスやインフルエンザなどの蔓延懸念で“免疫力”が問われる今、長寿の島、沖縄の食材をふんだんに使用し、食の面からウイルスや病気に負けない身体づくりをサポートするメニューとなっている。

ハレクラニ沖縄
ハワイを代表するホテル「ハレクラニ」の2つ目のホテルであり、ハワイ以外では初のホテルである「ハレクラニ沖縄」は沖縄本島の恩納村に位置するラグジュアリーなビーチリゾート。周囲の地理的景観を生かして建設されたこのホテルは、沖縄海岸国定公園内の約8万7,000㎡におよぶ敷地面積と豊かな自然に囲まれ、全長約1.7㎞の海岸線沿いに面している。ハレクラニ沖縄には、4つのレストランをはじめ、バーやBBQエリア、スパハレクラニ、フィットネスジム、ラグジュアリーなブティック、約200㎡の広さを持つ会議・コンベンションスペース、5つのプール(屋外4、屋内1)など、多彩な施設を備えている。メインプールの「オーキッドプール」は、ハレクラニのシンボルであるカトレアを約150万個ものモザイクタイルで描いている。ハレクラニ沖縄は世界の中で最も特別でラグジュアリーなホテルだけが加盟できる ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(LHW)の、日本で3番目の加盟ホテル。

国立大学法人 琉球大学大学院観光科学研究科ウェルネス研究分野教授、医学博士
荒川 雅志(あらかわ・まさし)
1972年、福島県生まれ。沖縄100歳長寿者のライススタイル研究、沖縄の美容と健康素材の研究で福岡大学大学院医学研究科修了(医学博士)。旅の起源、健康と観光を結ぶヘルスツーリズム研究を日本の大学で初めて開始。ウェルネス研究の第一人者、海洋療法学者。沖縄県食文化保存普及継承事業委員会委員(座長)、沖縄ブランドWELLNESS OKINAWA   JAPAN認証制度審査員ほか国県各種委員多数。

一般社団法人 食の風 代表理事、一般社団法人 アジア食文化交流協会 会長
田﨑 聡(たさき・さとし)
1956年、東京都生まれ。「泡盛倉庫」「山猫屋」「黒うさぎ」「島唄楽園」「古酒楽」「山桜」「活」「回」「ラフォンテ」「ビストロルボングー」など、数々の飲食店をプロデュース。雑誌「うるま」「沖縄スタイル」「沖縄に住む」「沖縄暮らし」などの創刊編集長を経て、雑誌・出版・編集プロデュース、移住講演、食と農のコンサルティングなどを行い、現在に至る。

ハレクラニ沖縄は、昨年7月の開業以来、沖縄の文化、伝統、生活からひらめきを受けて開発したプログラム「ハレクラニ沖縄エスケープ」などを通して、心身のウェルネスを推奨してきた。この「免疫力を強化するメニュー」もその一環。ウェルネス研究の第一人者で「ハレクラニ沖縄エスケープ」も督している琉球大学 荒川 雅志 医学博士の監修のもと、沖縄の食と農に深く携わる一般社団法人 「食の風」代表 田﨑 聡 氏が食材を提案、ハレクラニ沖縄総料理長 髙橋 浩史がそれぞれの食材が持つ味のバランス、ハーモニーはもちろんのこと、食べ合わせの相性などにも配慮し、13の美しいメニューを完成させた。

沖縄の豊かな自然が育んだタンカンやモロヘイヤ、ナーベーラー(へちま)やゴーヤーなど、フィトケミカル(※)を多く含む緑黄色野菜をはじめ、きのこ、海藻、発酵食品など、免疫力を強化し、腸内環境も整える効果が期待される食材を、ラグジュアリーホテルならではの彩り鮮やかで味わい深い極上のお料理へと昇華させている。

※フィトケミカル
野菜、果物、豆類、いも類、海藻などの植物に含まれる化学成分のことで、植物が紫外線や有害物質、害虫などの害から身を守るためにつくり出した色素や香り、アク、辛味などの成分のことを指す。

アトランティックサーモンのマリネ 黒米のサラダ添え
タンカンのヴィネグレット

2300円

白米に比べタンパク質やビタミン類、アントシアニンを豊富に含む黒米は、胃腸のサポートや糖尿 病の予防などに役立つ。また、温州ミカンに比べビタミンCを約2倍含むタンカンは、皮膚や粘膜の健康維持をサポート。

主な免疫力強化食材|黒米、タンカン

モロヘイヤと大麦のスープ

1500円

モロヘイヤには食物繊維やカルシウムが豊富に含まれ、また、ポリフェノール成分であるケセルチンには、体重増加や肝臓中性脂肪の蓄積を抑制する働きがあり、大麦に含まれるポリフェノールには、運動に伴う酸化ストレス予防や筋力低下予防の作用が期待できる。

主な免疫力強化食材|モロヘイヤ、大麦

沖縄産マーマチのポワレ
ナーベーラーのラタトゥイユ
アーサ海苔の潮ソース

3200円(本日のお魚料理の中の一品)

食物繊維を豊富に含むナーベーラーは、整腸作用や便秘を改善・予防する効果があり、ナーベーラーに含まれるサポニンによる抗酸化作用が コレステロールを除去し血流を改善して動脈硬化の予防、免疫力を強化する働きがあるといわれている。また、アーサはナトリウムやカルシウム、βカロチンを多く含み、カルシウムは抗アレルギー作用、βカロチンには身体へのウイルスの侵入を阻止し、免疫力の強化が期待されるといわれている。

主な免疫力強化食材|ナーベーラー(へちま)、アーサ

塩麹でマリネした牛ハラミのステーキ
もろみ酢とゴーヤーのソース
森のキノコとローストポテト添え

コースのメイン

麹に含まれる酵素は、一般的に身体を老化させる活性酸素を抑えるといわれる発酵食品。沖縄の泡盛の副産物であるもろみ酢にはアミノ酸とクエン酸が豊富に含まれ、アミノ酸には活性酸素による疾病を抑える抗酸化作用があるといわれ、近年注目されている健康食品。シークヮーサーの約7倍のビタミンCを含むゴーヤーは免疫力を強化し血管や皮膚を丈夫にし、同時に食欲増進、血糖値の抑制、肝機能の働きのサポートが期待できる。

主な免疫力強化食材|塩麹、もろみ酢、ゴーヤー

ブルーベリーとフロマージュブランのスフレグラス
林檎のコンポート添え

1500円

リンゴやブルーベリーに含まれるポリフェノールは、老化を促進させるといわれる活性酸素を抑制し、抗酸化作用や生活習慣によって生じる様々な不調のケアに役立つといわれている。また、リンゴに含まれるカリウムには、むくみや血圧に影響する塩分ナトリウムの体外への排出をサポートし、ビタミンCが鉄分の吸収を促し、腸内善玉菌(ビフィズス菌)を増やす効果があるといわれている。

主な免疫力強化食材|リンゴ、ブルーベリー

他にも
・マグロと海藻のポキ
・ラングスティーヌとハンダマのパートブリック包み揚げ 葉にんにくとバジルクーリー
・ハレクラニコブサラダ オーロラソース フーチバー香るバターミルクランチドレッシング または シークヮーサードレッシング
・からすみと芽キャベツと島らっきょうのペペロンチーノ スパゲッティーニ
・グルクンの フィッシュ&チップス モリンガヨーグルトソースOXテールの赤ワインブレゼ 久米島味噌風味の田芋添え
・やんばる若鶏モモ肉と金美人参のコンフィ 白インゲン豆のラグー
など、免疫力の強化が期待できるメニューが用意されている。

また、これらを使ったディナーコース(4500円)も用意してある。

・アトランティックサーモンのマリネ 黒米のサラダ添えタンカンのヴィネグレット
・モロヘイヤと大麦のスープ(日にちにより異なる)
・塩麹でマリネした牛ハラミのステーキもろみ酢とゴーヤーのソース 森のキノコとローストポテト添え
・白ゴマのプリン 黒糖アイスクリーム添え
※表示の料金に別途、税金・サービス料がかかる。

オールデイダイニング「ハウス ウィズアウト ア キー」のすべてのメニューは、こちら

ぜひこの機会に、ハレクラニ沖縄オリジナルの「免疫力を強化するメニュー」を試してみはいかが。

【免疫力を強化するメニュー予約・お問い合わ先】
ハレクラニ沖縄 レストラン予約
TEL:|098-953-9530
時間|10:00~18:00
https://www.okinawa.halekulani.com/


新年2021年1月6日発売の「Discover Japan」2月号は『最先端のホテルへ』特集です。これを読めば、今本当に行くべき名ホテルや、そのトレンドが丸わかりです。

購入ページへ

≫「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」から、免疫力を意識した見た目も楽しいオードブルが登場

≫“東京のローカルファースト”をテーマにしたレストラン調布「Maruta(マルタ)」

沖縄のオススメ記事