INFORMATION

尾道のLOGでピエール・ジャンヌレの家具再生産プロジェクト『チャンディーガル コレクション展 』が開催

2020.11.12
尾道のLOGでピエール・ジャンヌレの家具再生産プロジェクト『チャンディーガル コレクション展 』が開催
Photo: Martien Mulder

尾道千光寺に続く坂の途中にあるホテル複合施設のLOGは、11月14日(土)〜11月23日(祝月)まで、インド北部のチャンディーガルで1950年代に始まった「チャンディーガル都市計画」をル・コルビュジエとともに遂行したピエール・ジャンヌレがデザインした家具を再現した『チャンディーガル コレクション展 -ピエール・ジャンヌレの家具再生産プロジェクト』を開催する。

LOG
ビジョイ・ジェイン率いるインドのスタジオ・ムンバイ・アーキテクツがてがけた多目的空間。6室の客室のほか、ダイニング、カフェ&バー、ガーデン、ライブラリー、ギャラリーなどからなり、自然素材や伝統的な技術を重視し、熟練の職人と共に手作業で進める建築が特徴です。自然素材と人の手から生まれる開放的な空間は、この土地で暮らす人と旅する人が交差する光や風がやさしく包む場所です。
https://l-og.jp

《LOGの過去の取り組み》
広島・尾道「LOG」契約農家の味をお取り寄せ

Pierre jeanneret

Pierre Jeanneret(ピエール・ジャンヌレ)
1896年生まれのスイスの建築家。建築界の巨匠ル・コルビュジエの従兄弟であり、1922年からはコルビュジエと事務所を設立し協働した重要なパートナーとして知られています。1927年に入所したシャルロット・ペリアンと3人でLCシリーズに代表される家具のデザインを手がけています。1950年代初期、コルビュジエとともにインド北部・パンジャブ地方の新都市(チャンディーガル)計画に参加。コルビュジエがチャンディーガル都市計画を引き受ける条件の一つが、ジャンヌレが現地で監督を行うことでした。ジャンヌレは、コルビュジエの提案を承諾し、チャンディーガルの都市空間から建築物、家具までを総合的にデザインするという重要な役割を果たします。途中コルビュジエがプロジェクトを離脱した後もチーフアーキテクトとしてインドの近代建築の発展に寄与しました。1951年から14年間滞在し、1965年には病気のためにインドを離れます。1967年の没後、ジャンヌレの意思に従い遺灰はチャンディーガルのスクナ湖に撒かれました。

Photo: Martien Mulder

Phantom Hands(ファントム・ハンズ)
インド各地の専門の職人が集まって家具を製造している会社。数世代にわたり木材加工を生業としてきた北西部ラージャスターン州の木工職人、北部ウッタル・プラデシュ州の町ゴラクプールの木材研磨の職人、ラタン編みの職人は南部カライクディの町の一族など、インドで実績のある職人が一台一台手作業で製作しています。社名は、家具を完璧につくり出す手業を象徴したもの。土地の素材や職人の技を活かし素晴らしいデザインを残したピエール・ジャンヌレに敬意を表し、ファントム・ハンズはその技術を絶やさないよう持続的なものづくりを行っています。

PH04 Square Table , PH25 Armless Dining Chair

今回の展示受注会では、ピエール・ジャンヌレのデザイン思想とインドの職人技術を今に継承するインドの工房『ファントム・ハンズ』によって、ピエール・ジャンヌレが描いたオリジナル図面をもとに再生産された家具18点(15モデル)が揃っている。築100年以上たった建物のチーク古材を再利用するなど、一つひとつ職人の手仕事で仕上げる工芸家具として、そのオリジナル性は世界で高く評価されている。

Photo: Martien Mulder

会場となるLOGは、ビジョイ・ジェイン率いるインドの建築集団スタジオ・ムンバイ・アーキテクツがインド国外初となる建築プロジェクトで、人の“手の力”によるエネルギーを何より大切にし、手漉きの和紙などの自然の素材を多く取り入れ、尾道の歴史や文化、自然・景観と調和のとれた温もりのある空間。

Photo: Martien Mulder

今回の展示受注会初日となる11月14日(土)には、「チャンディーガル都市計画」のための家具を再生産する「プロジェクト・チャンディーガル」の成り立ちや再生産プロジェクトの経緯、ファントム・ハンズの未来に向けてのビジョンなどを、ファントム・ハンズの国内輸入元であるイニシャルジャパン Gallery CASA DEの中里恭宏氏と、国内販売元である五割一分の沖田桂氏とが語るトークイベントを行う。

「チャンディーガル コレクション展」会場のLOG

『チャンディーガル コレクション展 -ピエール・ジャンヌレの家具再生産プロジェクト』展示受注会
期間|11月14日(土)〜11月23日(月祝)10:00〜18:30
※日没後LOGの門を施錠します。入口インターホンにてご連絡ください。
場所|LOG 1Fオープンスペース(広島県尾道市東土堂町11-12
入場料|無料

チャンディーガルトークイベント
日時|11月14日(土)20:30〜22:00(1時間のトークと、30分の質疑応答)
参加人数|30名 ※先着順
場所|LOG 2Fオープンスペース
参加費|1000円(税込、ワンドリンク代含む)
受付開始|11月1日午前11:00から
申込方法|次の項目を記載のうえinfo@l-og.jpまでご連絡ください。
件名|チャンディーガル
氏名、人数(1グループ4名様まで・同伴者の氏名も記入お願いします)、電話番号を記入ください。詳細はLOG公式HP(https://l-og.jp/)をご覧ください。

プロジェクト・チャンディーガル
コレクション詳細はこちらからご覧ください。
https://pierrejeanneret.jp


≫空間を彩る北欧照明『ルイスポールセン』がリニューアルオープン。 “ガラスの王冠”も復刻!

≫伝統と革新が織りなす京都の“小川珈琲”が東京・桜新町にオープン『OGAWA COFFEE LABORATORY』

広島のオススメ記事

中国エリアのオススメ記事

メールマガジン購読