TRAVEL

温泉や酒造、黒豚に醤油…
九州を色で楽しむ列車の旅。【黒編】
新観光列車 JR九州「36ぷらす3」

2020.9.12 PR
温泉や酒造、黒豚に醤油…<br>九州を色で楽しむ列車の旅。【黒編】<br><small>新観光列車 JR九州「36ぷらす3」</small>

2020年10月16日からJR九州の新列車「36ぷらす3」の運行がはじまります。木曜から月曜までを赤、黒、緑、青、金と色分けし、5つのルートで新しい旅の提案。それぞれに7つ、計35のエピソードを乗せて九州を一周しながら、その魅力を「色」で再発見できる仕掛けです。

Discover Japanでは、色をテーマにした九州旅の連載を2020年7月からスタート。第2回目となる今回は、鹿児島中央駅から宮崎駅へ向かう九州南部を横断する「黒」のルートを紹介します。

≪前の記事を読む

▼JR九州36ぷらす3
www.jrkyushu-36plus3.jp

島津家の伝統を受け継ぐ、薩摩切子

出発地である鹿児島は、錦江湾に桜島が浮かぶ、悠々とした風景が広がる。この地は、鎌倉時代から江戸時代にかけて700年の長きにわたり、島津家が治めてきた。特に武人として名高い戦国武将であった島津家第17代の義弘。そして日本の近代化を推し進めた28代の斉彬は名君として知られ、その偉業への敬意が、いまも鹿児島の人々の心に息づいている。

西欧の脅威から国を守ろうとした斉彬は「富国強兵」、「殖産興業」などの集成館事業を開始。そのひとつとして開発されたのが「薩摩切子」だった。島津家の伝統を受け継ぐ「薩摩ガラス工芸」の切子は、カットの美しさや色ガラスの華やかさはさることながら、「ぼかし」の技術が秀逸だ。

〈Black 1〉美しい黒

幕末、島津家第28代・斉彬により、ヨーロッパへの輸出を目指してつくられた薩摩切子。一度絶えるが、100年の時を超え、島津興業により1985年に復元。華やかな色ガラスが人気を博す中、2015年に黒と白が対をなす思無邪シリーズが誕生。漆黒が新しい美を体現している。

島津興業 薩摩ガラス工芸
住所|鹿児島県鹿児島市吉野町9688-24
Tel|099-247-2111

「黒の作品は、気持ちが引き締まります」

その薩摩ガラス工芸で、5年前に誕生した思無邪シリーズに、「黒」を見つけた。「ぼかしが出る黒を」と研究を重ね、薄いグレーのガラスに濃い黒のガラス、ふたつの色ガラスを重ねる技法「二色せ被」によって、水墨画を思わせる墨黒のぼかし表現を完成させた。黒いガラスは光を通さないためほかの色よりカットが難しく、熟練の職人の高い技術が求められる。

「黒の作品をカットするときは、職人は気持ちが引き締まると言います。真っ黒だったガラスに繊細な模様が表れ、磨きが入るといっそう美しく、完成したときの喜びはほかの色よりも大きいものです」とは薩摩ガラス工芸の有馬仁史さん。

シャープな黒のライン、淡い灰色、ぼかしの墨黒。彫る深さで色みが変わり、多様な黒が作品一つひとつに凝縮され、輝きを放っている。

「世を思い人を思い、先人たちが遺した黒の強さ、柔らかさを知る」

島津家の別邸・仙巌園では「尚古集成館」を訪ね、学芸員の山内勇輝さんに薩摩藩の強さの秘密をたずねた。

「当時の平均身長が150㎝前後の中、薩摩の武士は豚肉を食し、170㎝以上の人がいるなど体格に恵まれました。さらに郷中教育で心身ともに鍛えられ、主君を守る気概ある兵士が揃っていた。そこに種子島に伝来した火縄銃や、斉彬公による大砲鋳造や造船技術が加わり、薩摩の強さは確固たるものに。薩英戦争では、集成館で造られた大砲でイギリス軍に大打撃を与え、世界を驚かせました。その強さは西欧の技術を積極的に学び、取り入れた斉彬公の柔軟な姿勢が支えていたのです」。

鉄砲や大砲など、島津をイメージさせる「黒」は、国を思い、人を思う、強い意志から生まれていた。

〈Black 2〉黒は強い

「仙巌園」は1658年、島津家第19代・光久が構えた別邸。錦江湾を池に見立てた壮大なスケールの庭園だ。斉彬による大砲鋳造や造船など集成館事業を伝える「尚古集成館」も併設。イギリスと戦った大砲も展示され、日本初の工業地帯だった当時の革新的な姿をしのばせる。

仙巌園

住所|鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
Tel|099-247-1551

「火山はここにしかない豊かな恵みをもたらす」

桜島の溶岩を削り出した溶岩プレート9350円。遠赤外線効果で外はカリッと、中はジューシーに焼き上げる。「道の駅 桜島」で販売

ほかにも至るところで黒を発見。

「噴火で大変、というイメージをもたれがちな桜島ですが、水はけのよい火山灰や軽石は、桜島大根や小みかんなど、桜島ならではの農作物を育み、火山由来の温泉も湧き、ここにしかない豊かな恵みをもたらします」と桜島ビジターセンターの大村瑛さんは話す。

さらには鹿児島の大自然の中で育まれた「黒豚」はさっぱりとした脂身の甘みがたまらない。九州一甘いといわれる鹿児島の真っ黒で濃厚な味わいの醤油や、「黒麹」を使い独自の技術を守り続ける黒瀬杜氏が造る阿久根焼酎も堪能できる。

〈Black 3〉大地の黒

毎日のように噴火し続ける桜島。1914年の大噴火・大正噴火では、わずか1日で軽石や火山灰が島に降り積もり、黒神集落では2mの高さに達した。噴火の記憶を後世に残そうと地元の人々により守られている「黒神埋没鳥居」は、鳥居が噴出物に埋まった姿が衝撃的。100年以上前の噴火の猛威をひと目で追体験できる。

黒神埋没鳥居
住所|鹿児島県鹿児島市黒神町647
取材協力|桜島ビジターセンター(鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-29
Tel|099-293-2443

〈Black 4〉黒い温泉

鹿児島・姶良郡湧水町の「つるまる温泉」は、高濃度の純重曹泉・モール泉で知られる。地下の泥炭層から湧く湯は、植物起源の有機物を含むため、驚くほど真っ黒!草原のような爽やかな匂いで、湯当たりは柔らか。切り傷や皮膚病に効果があるといわれる。

つるまる温泉
住所|鹿児島県姶良郡湧水町鶴丸622-5
Tel|0995-75-2858

〈Black 5〉黒は旨い

オーナーの沖田さんは30年前に「量ではなく質にこだわろう」と鹿児島在来のバークシャー純粋種・黒豚に注目。広大な敷地を自由に駆け回った黒豚のよく締まった肉質が自慢。大麦など低カロリーの飼料で育つため、純白の脂身はほんのり甘く、後味はさっぱり。塩焼きステーキランチ1800円をぜひ。

沖田黒豚牧場 
牧場民宿レストラン「和 –のどか–」
住所|鹿児島県伊佐市大口田代1558-66
Tel|0995-28-2098 ※完全予約制

〈Black 6〉黒で酔う

明治後期、鹿児島・笠沙町黒瀬の若者が、琉球から泡盛の技術をもち帰る。技を得た黒瀬の人々は黒瀬杜氏と呼ばれ九州の焼酎蔵で活躍。その継承者・黒瀬安光氏から2代目杜氏・弓場裕が受け継ぐ「鹿児島酒造」は伝統を守りながらも挑戦を続けている。

鹿児島酒造
住所|鹿児島県阿久根市栄町130
Tel|0996-72-0585

〈Black 7〉黒は甘い

九州の中でも特に甘いといわれるのが鹿児島の醤油。ザラメやシロップを加えて甘みとコク、とろみを生み、色も濃い黒に。「鹿児島は辛口の焼酎×甘辛の料理が好まれてきました。だから醤油も甘くなったのではないのでしょうか」と3代目の吉永広記さん。

吉永醸造店
住所|鹿児島県鹿児島市西田2-2-3
Tel|099-254-2663

先人の思いや知恵、技術を受け継ぐ多彩な「黒」。黒の旅では伝統を守りながらも、時代を読み、新しいものを生み出そうとする、いまを生きる人々との出会いが多くあった。強さ、そして柔らかさがひとつとなり、新たな世界を切り開いていく人々の姿にすがすがしい刺激を受けるはずだ。

「36ぷらす3」とは?
九州の魅力がぎゅっーと詰まったD&S列車。テーマカラーが異なる5つのルートに九州を楽しむ35のエピソードを詰め込んで乗客を迎えてくれる。
車両数|6両編成
席数|103席(全席グリーン)
施設|ビュッフェ、マルチカーなど
商品概要|食事付きの「ランチプラン」ときっぷのみで気軽に乗れる「グリーン席プラン」の2種類。木曜ランチプランは大人1名2万500円〜
▼詳細はこちら
www.jrkyushu-36plus3.jp/guidance/

Rail Data
木曜|博多▶熊本▶鹿児島中央
金曜|鹿児島中央▶宮崎
土曜|宮崎空港・宮崎▶大分・別府
日曜|大分・別府▶小倉▶博多
月曜|博多▶佐賀▶長崎▶佐賀▶博多

≪前の記事を読む

九州は色で旅する。
1|~赤編~
2|~黒編~

text=Nozomi Kage photo=Hiromasa Otsuka
Design&illustration by Eiji Mitooka + Don Design Associates
2020年9月「この夏、毎日お取り寄せ。」


≫薩摩切子が歴史と技法を守りつつ魅せる新たな日本の伝統美『grad. ice』

≫『西郷どん』に登場する場所は、奄美大島が誇る絶景スポットでした。

≫鹿児島に関する記事一覧はこちら

鹿児島のオススメ記事

九州エリアのオススメ記事

メールマガジン購読