ART

東京都美術館で、
浮世絵の奥深き世界に触れる
The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション

2020.8.22
東京都美術館で、<br>浮世絵の奥深き世界に触れる<br><small>The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション</small>
葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 横大判錦絵 天保元~4年(1830~33)頃 太田記念美術館 ※後期は平木浮世絵財団の同作品を展示します。

江戸庶民に広く親しまれ、欧米にもジャポニスム旋風を巻き起こした浮世絵。菱川師宣から葛飾北斎、東洲斎写楽まで、総勢約60 名の絵師たちの代表作品約450点が前・後期にわたり展示される「The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション」が9月22日(火・祝)まで東京都美術館で開催中です。

太田記念美術館(東京・原宿)、日本浮世絵博物館(長野・松本)、平木浮世絵財団が誇る日本三大浮世絵コレクションが一堂に会するのは史上初のこと。この貴重な展覧会の見どころを注目の作品とともにご紹介します。

鳥居清長「六郷渡船」 重要美術品 大判錦絵二枚続 天明4年(1784)頃 平木浮世絵財団/展示期間:後期(8月25日[火]~9月22日[火・祝])
東洲斎写楽「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」 大判錦絵 寛政6年(1794)5月 日本浮世絵博物館/展示期間:後期(8月25日[火]~9月22日[火・祝])

今回の展覧会は、延宝期に始まる初期浮世絵から風景画が主流となった天保〜安政期の作品までを5つの章に分類して紹介する構成となっています。

初期には浮世絵の祖である菱川師宣を筆頭に、懐月堂派、奥村政信などが活躍。その後、天明期、寛政期に入ると美人画や役者絵が数多く描かれ、長身の美人画様式を生んだ鳥居清長、半身像を描く大首絵の様式を用いる喜多川歌麿、迫力ある役者絵で国際的にも高い評価を得ている東洲斎写楽といった絵師たちが人気を博しました。「役者舞台之姿絵」の連作で知られる歌川豊国が、歌川派の役者絵の基礎を築いたのもこの頃です。

葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴」 横大判錦絵 天保元~4年(1830~33)頃 平木浮世絵財団 ※後期は太田記念美術館の同作品を展示します。
歌川国芳「人をばかにした人だ」 大判錦絵 弘化4年(1847)頃 日本浮世絵博物館/展示期間:後期(8月25日[火]~9月22日[火・祝])

文化・文政期に入ると表現の多様化が進み、細かな描写やデザイン的な工夫が施され、洋風の風景描写の手法を取り入れた作品も数多く見られるようになります。天保初期にはあまりにも有名な葛飾北斎の「冨嶽三十六景」シリーズや歌川広重の代表作「東海道五拾三次之内」が出版され、浮世絵文化がいっそうの盛り上がりを見せました。「人をばかにした人だ」などの奇抜でユーモアに満ちた戯画で独自の路線を開拓した歌川国芳が活躍したのもこの時期です。

The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション
会期|前期 〜8月23日(日)、後期 8月25日(火)〜9月22日(火・祝)
※本展は日時指定入場制です。詳細は展覧会公式サイトをご覧ください。
会場|東京都美術館
住所|東京都台東区上野公園8-36
開室時間|9:30〜17:30
休室日|8月24日、9月7日・14日
料金|一般1600円、大学生・専門学校生1300円、高校生800円、65歳以上1000円
Tel|03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://ukiyoe2020.exhn.jp

100点以上にもおよぶ重要文化財・重要美術品が展示され、日本三大浮世絵コレクション秘蔵の作品が惜しみなく出品される今回の展覧会。日本が世界に誇る浮世絵の名作たちは絶対に見逃せません。

text=Discover Japan
2020年9号 特集「この夏、毎日お取り寄せ。」


≫2020年最注目のアーティスト、小松美羽とは?

≫江戸時代も歌舞伎役者はスーパースター?!

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読