TRAVEL

京都国立博物館で特別展が開催中
今こそ知りたい、茶の湯の歴史【後編】

2022.11.23
<small>京都国立博物館で特別展が開催中</small><br>今こそ知りたい、茶の湯の歴史【後編】
『宇治製茶図屛風』(右隻) 鶴澤探索筆 京都・大徳寺 後期展示

現在、京都国立博物館では特別展「京に生きる文化 茶の湯」が開催中。その見どころを交えて、1000年以上にわたって京都で守り継がれる茶の湯の文化の変遷をたどります。

≪前の記事を読む

人も、道具も、作法も、茶の湯は多様化

茶の湯の人口が増えれば当然、稀少な唐物を入手できるのはごく少数となり、利休が大成したわび茶の広まりとともに、茶道具には日本製が増加。古田織部は独創的な形状や色の道具を好み、その弟子・小堀遠州は平安の王朝美の世界も取り合わせて美意識にかなう茶道具をつくらせた。茶人・金森宗和が導いた野々村仁清の御室焼は、かたちこそ高麗茶碗に似るが華やかな絵付けの斬新なもの。江戸初期、京には各地の窯からうつわが集い、あらゆる階層により茶の湯は多様化していく。萬福寺の僧・隠元により明で流行していた煎茶が伝わると、煎茶を取り巻く明の文人趣味がまた茶の湯に影響を与えた。江戸中期には点前が整理され、茶道の家元制度が確立。明治維新を機に大名お抱えだった茶道の家元らは苦境に立つが、新たに財界人らの間で茶の湯が流行していく。

重要文化財『黒楽茶碗 銘 時雨』 本阿弥光悦作 名古屋市博物館 通期展示

マルチクリエイター・本阿弥光悦は
楽焼の名作家でもあった

桃山時代から江戸初期にかけ書をはじめ多彩な分野で活躍した本阿弥光悦は、徳川家康から鷹峯の地を与えられ芸術村を築いた。作陶では楽家の常慶、道入に助けられ、楽茶碗も多く手掛けている。左はろくろを使わず手捏(てづく)ねにより、ゆったりとした丸みをたたえ、思うがままかたちをなした茶碗

『大井戸茶碗 銘 須弥』 東京・三井記念美術館 通期展示

わざと茶碗を割って
リメイクを楽しんだ古田織部

武将にして茶人の古田織部は非常にユニークなうつわを好み、ときに無傷の茶碗をあえて欠けさせた上、繕ったものを愛蔵したといわれている。『大井戸茶碗 銘 須弥』はまさにそのひとつで、大胆にも十文字に切断した上、寸法を少し小さくして漆で継ぎ直し、あらためて茶碗としたもの。別名『十文字』

重要文化財『菊花天目』 大阪・藤田美術館 前期展示

わびさびに“雅”を加えた小堀遠州
江戸初期を代表する茶人・小堀遠州は、平安期の貴族文化への憧れと深い教養をもち、瀬戸をはじめ日本各地で好みの茶道具をつくらせた。『菊花天目』は、瀬戸の茶碗。形状は唐物天目の中の灰被(はいかつぎ)天目に倣ったものだが、鉄釉がまるで菊の花を思わせるように流れ、瀟洒で雅な空気をまとう

『宇治製茶図屛風』(右隻) 鶴澤探索筆 京都・大徳寺 後期展示

宇治の茶摘みは江戸時代の観光資源
鎌倉時代末に茶の栽培がはじまり、一大産地となった宇治。江戸中期には永谷宗円が茶葉を青く保つ「青製煎茶製法」を開発し、宇治茶の名声はさらにとどろく。『宇治製茶図屏風』の右隻は宇治橋とその周辺の景観で、右上の茶畑では茶摘みが行われている。風光明媚な地での茶摘みは見学も行われ、観光資源のひとつとなっていた

『赤楽茶碗 銘 寿』 小川長楽作 同志社大学茶道部 通期展示

女性の教育発展の裏に
新島八重の功績あり

明治維新で伝統文化は打撃を受けたが、京の茶人は建白書を京都府に提出し、遊芸ではない茶道の精神性を訴えた。裏千家十三世の母・千猶鹿子(せんゆかこ)は女紅場(現・京都府立鴨沂高校)で茶道教授を務め、同僚の新島八重(同志社を創立した新島襄の妻)も茶道に親しむ。八重は後年自ら女子学生に教え、結婚前に茶・花を習う潮流につながっていく。『赤楽茶碗 銘 寿』は八重が所蔵した茶道具

もっと茶の湯を知りたい方は、
特別展「京に生きる文化 茶の湯」へ

いまも茶道の家元の多くが本拠とする京都。茶の湯の歴史で中心的な役割を脈々と果たしてきた地でその文化を紹介する特別展には、大井戸茶碗随一の名碗とされる国宝『大井戸茶碗 銘 喜左衛門』や京都・龍光院所蔵の国宝『曜変天目』など滅多にお目にかかれない名品が目白押し。建仁寺「四頭茶礼」のしつらいや、秀吉の「黄金の茶室」、利休のわびの茶室「侍庵」など時代ごとの喫茶の場が体感できる再現展示も。1000年を超え人々を魅了する茶の湯の、奥深い魅力に迫る。

国宝『大井戸茶碗 銘 喜左衛門』 京都・孤篷庵 通期展示

特別展「京に生きる文化 茶の湯」
会期|〔後期展示〕11月8日(火)〜12月4日(日)
会場|京都国立博物館 平成知新館
住所|京都市東山区茶屋町527
開館時間|9:00〜17:30(金・土曜は〜20:00)
※入館は閉館の30分前まで
休館日|月曜
料金|一般1800円、大学生1200円、高校生700円、中学生以下無料
Tel|075-525-2473(テレホンサービス)
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/chanoyu2022

  

text: Kaori Nagano(Arika Inc.)
Discover Japan 2022年11月号「京都を味わう旅へ」

京都のオススメ記事

関連するテーマの人気記事