各地でものづくりに携わっている方に会いに行き、
その方が生み出す「もの」と「人となり」に迫る新連載「こうめぐる 会いに行って、愛を知る。」

食、手仕事、プロダクトなどなど、あらゆるジャンルのつくり手の元をたずね、
何を芯にしてものづくりと対峙しているのか、そしてその人が生み出す「もの」と「人となり」に迫る連載企画です。
ここでは誌面に載せきれなかった、取材のこぼれ話や立ち寄りスポットをご紹介します!
誌面と合わせてお楽しみください。

横山タカ子さん(料理研究家)

Vol.10

横山タカ子さん

(料理研究家)

特別な食材や調味料は使わない。
生まれ育った長野に暮らし、
地元の食材と、基本的な調味料で
滋味あふれる家庭料理を提案する。

「生活があって、その一部に食がある。
料理だけを切り取っては考えられない」。

と、料理のみならず、四季折々の恵みを
取り入れた暮らし方にも注目が集まる
料理研究家・横山タカ子さんの自宅を訪ねた。

そう父が故郷につくったカミツレ畑と製造工場、
カミツレを体感できる宿を
娘の北條裕子さんが継ぎ、2015年にリニューアル。

取材後、彼女はつぶやいた。
「食についてうかがいながら、気づいたら、
暮らし、人生、夫婦の在り方を学んでいた」。
やはり、すべてはつながっている―。

横山タカ子さん(料理研究家)
横山タカ子さん(料理研究家)
横山タカ子さん(料理研究家)

さらに詳しい情報は
Discover Japan vol.80 にて

Discover Japan vol.80

掲載号

特集:
おいしい日本茶が飲みたい。

現在、嗜好品としての価値に気が付き、ワインやコーヒーと同じ感覚で日本茶を愉しむ人が増えつつあります。スウェーデン出身日本茶インストラクターのオスカル・ブレケルさんは世界に向けて日本茶の魅力を発信中。“シングルオリジン”のお茶の魅力、嬉野の日本茶プロジェクト「嬉野茶時」が提案する“日本茶ツーリズム”など日本茶最新事情のほか、日本茶のプロフェッショナル「茶師段」が教える日本茶の愉しみ方、菓子研究家・福田里香さんに聞くほうじ茶とお菓子のペアリングなど、日本茶の魅力を深掘った1冊となっています。